発掘調査

「ジョイントモデル以前」の項目では、これからモデルボーグDXモデルを取り上げる予定です。
モデルボーグのグレートマジンガーとゲッター1は、当時組み立てた物がジャンク状態で現存している筈なので心当たりを探してみたのですが……発見に至らず、空振りに終わりました。
 
その代わりプラモデル関係で発掘されたのがこの空き箱です。
 

 
バンダイ模型が1972年の年末商戦向けに発売した「デラックス変身セット」。4大ヒーローの主力プラモを詰め合わせた大箱製品で、価格2000円でした。
内わけは仮面ライダー(ゼンマイ)500円・人造人間キカイダー(ゼンマイ)600円・超人バロム1マッハロッド(ゼンマイ)400円(参照)・マスコット変身忍者嵐250円(参照)・仮面ライダー対怪人のミニプラモ4個パック200円(参照)、そして箱代が50円。
白夜書房刊「究極プラモデル大全」などに写真掲載があります。
 
画像の現物は箱の側面に破れや褪色があり、下箱はへこんで変形しています。大きな箱を長期間保管するのはなかなかたいへんです。
 
追記……箱側面の画像はこちら
 

小松崎茂氏の新規描き下ろしのキカイダー。このセットの箱絵はいずれもヒーロー中心の構図になっています。
 

超人バロム1も描き下ろしで、他に使用例はないようです。
 

仮面ライダーのみトイズワークスの小松崎茂画集に原画が収録されており、「マスコット・仮面ライダー/デラックス変身セット」との説明文が付されています。
これは変身セットの他に「マスコット」にもこの箱絵が使用されたことを意味しているのかもしれませんが、そのようなバージョンは見たことがありません。情報をお持ちの方はお知らせいただけると幸いです。
 

変身忍者嵐は描き下ろしではなく、「ミニ変身忍者嵐」の箱絵から嵐のみ切り抜いて、一部修正して流用しています。仮面ライダーやバロム1の「マスコット」からヒーローだけを単品販売した場合と同じ手法です(参照)。
 

今回は他に合金玩具の大箱BOXもいくつか発掘しました。
 

 
これらに関しては特に目新しい情報はありませんが、せっかくなので次回から少し紹介してみます。
 
モデルボーグについてはぜひとも組み済み状態で紹介したいので、いずれ再捜索してみるつもりです。
スポンサーサイト



[ 2010/07/16 02:42 ] 暫定 | TB(0) | CM(5)

No title

なんだか順位付けされてるみたいなレイアウト。
嵐がちょっとかわいそ~。
[ 2010/07/16 05:39 ] [ 編集 ]

No title

嵐はウルトラマンAの裏番組だったせいか、存在感がいまひとつという印象がありますね。
原作漫画は石森章太郎らしさのあふれた傑作だと思います。
[ 2010/07/16 23:23 ] [ 編集 ]

No title

おわ~~~~!!
デラックスセットだ~~!!!!
最近は欲しいものが少なくなったのですが、その中でも、いずれは入手したいと狙ってる逸品の一つです。

親に連れられて、浅草橋の問屋に仕入れに行ったときに、売れ残りみたいな感じで棚の下の方に残ってたんですよね。
マスコットシリーズのデラックスセットは私も聞いたことありません。たぶん、画集の記載ミスのような気がしてます。
ほんと、良いものをお持ちですね(^^)ぜひ、側面の情報も!
[ 2010/07/20 22:02 ] [ 編集 ]

No title

>親に連れられて、浅草橋の問屋に仕入れに行ったとき

この状況が凄すぎます(^^
本当に夢のような、オモチャエリートの生活ですね~

今回の画像の「変身セット」も、発売の数年後に小さな玩具店で売れ残っていたものです。
箱の側面はかなり状態が悪いうえ、商品ロゴだけで面白みが薄いので画像は割愛しました。
ご希望ならモデルボーグ再捜索の折に撮影しておきます(^^
[ 2010/07/21 00:18 ] [ 編集 ]

No title

薄っすらとした記憶では、側面が商品ロゴだけというのは記憶してるのですが、はっきりとは思い出せずにいます。
機会があるときにでも、ぜひ、公開お願いいたします~。
[ 2010/07/22 18:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/88-9cc62402