勇者ライディーン 改訂

 勇者ライディーン 改訂 
 

 
ジョイントモデル・勇者ライディーンの詳細についてあらためて取り上げます。(過去記事はこちら


 
製品番号と価格/ 8778 -500、発売/75年10月頃?、使用ジョイント/改良型ハトメジョイント黒色
 



箱デザインはゲッターロボGの2種やグレンダイザーと同じパターンです。
 

 

 
組み立て図のほかリーフレットとアンケートハガキが同梱されています。
 

 

 
ジョイントモデルの特性の説明と先行のゲッタードラゴン・ライガーとの組み換え遊びを推奨する記述があります。
 

 
本体パーツの下にゴッドバード用のシールが入っています。ホイルシールですが表面はマットな質感です。


 

 
組み済み状態。側面はきれいなシルエットです。
画像の個体ではシールとボディ固定用のビスは未使用ですが、ビスは使用しなくても問題ありません。
 

 
本体は胸部・腰部と後頭部が塗装済み。顔が大きめで首が造形されていないため、顎が胴体にめり込んでいるような印象です。
 

 
プロポーションは良好でスマートなかっこよさがよく再現されています。
 

 
肩カバーが干渉するため腕を振り上げることは出来ません。
白成型の再版品はパーツの合いがゆるいようですが、初版品はカッチリした組みあがりです。
 

 
成型色のままの赤い顔は塗装が欲しかったところ。後頭部にはシールの貼り位置を示すモールドあり。
右腕のゴッドブロックは取り外し可能です。


 
製品バリエーション。脚部の赤ラインは塗装済みとホイルシール貼り付け済みの2種があります。
 

 
使用ジョイントパーツは水色の初期型と黒色の改良型が確認されています。
パーツを収めるトレイは初期は個別収納、後期は一括収納になっており、これはゲッターGやグレンダイザーも同様です。
 

 
胴体固定用のビスパーツは初期はアタマが大きく、後期は小さくなっています。ジョイントパーツの改良と同時に変更されたようです。
ビスの成型色・材質は同梱されるジョイントパーツと同じになっています。


 
ようやく初版ライディーンを紹介できました。
未紹介のジョイントモデル関連品には「コンバインベース」もありますので、こちらも近いうちに取り上げる予定です。
スポンサーサイト



[ 2010/05/30 06:46 ] ジョイントモデル | TB(0) | CM(3)

No title

非常に紹介文、楽しめました(^^)
ゴッドバードには変形しないということですよね?
ジョイントパーツの水色は記憶ないですね。
黒のみと思ってました。当時は、完成した姿が細すぎて、子供の目にはカッコ悪く見えました。あと、ランナーに付いていないという段階で、なんか、プラモじゃないぞこれは!、、、。みたいな(^^;)
[ 2010/06/01 13:37 ] [ 編集 ]

No title

ゴッドバードは目のシールだけです(^^

ゴッドバードのプラモは可変もの含め5種類も出ていたので、ジョイントモデルはロボットとしてのポーズ付けに特化したのではないでしょうか。

「プラモじゃないぞ」という部分は、当時のバンダイの工夫のあらわれでしょうね。その辺はこれから詳しく取り上げたいと思ってます。
[ 2010/06/01 21:45 ] [ 編集 ]

No title

楽しみにしております~(^^)

こう見ると、完全に色プラですよね。
[ 2010/06/04 01:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/84-1c257682