ゲッタードラゴン トレイの形状

ライディーンの箱画像をご提供いただいた方から、ゲッタードラゴンのトレイの形状が違うタイプについてもお知らせいただきました。


こちらがその画像です。
ジョイントパーツがふたつの凹みにまとめて入れられています。


これまで確認されていたのはパーツを1本づつ収納するタイプでした。
新開発のジョイントパーツはジョイントモデルの「売り」なので、視認性の良い個別収納で、箱デザインでも目立つように工夫されています。


ドラゴンより後に発売されたゲッターライガーやグレンダイザーでも個別収納タイプしか確認されていません。
そのため一括収納タイプはドラゴンだけに見られる初期型トレイなのではないかと予想したのですが、封入されているのはギザ付きの改良型ハトメジョイントとのこと。

改良型が使用されるのはグレンダイザーの生産の途中からなので、ドラゴンとしては後期の生産分になる筈です。
その時期にドラゴンのトレイだけ一括収納に変えても特にメリットは無いと思われ、謎が残ります。



この疑問を解くヒントは再版ライディーンにありました。


再版ライディーンのトレイも一括収納型になっています。
ドラゴン、ライディーンともに後期生産分が一括型トレイに変更されていることになります。


そこで、こんな仮説を考えてみました。
トレイを生産する金型が画像向かって左のように破損したと仮定してみます。
生産中の商品ですから、可能な限り短時間での修理が求められる筈です。
本体のパーツと違ってトレイはあくまでケースですから、正確な形状再現は求められていません。
そこで画像右のように、手っ取り早く金型を改修してしまったのではないでしょうか。

あくまで仮説ですが、このように考えると同一商品の後期分だけが一括型トレイになっている説明がつきます。
ライディーンの初版も、後期分には一括型トレイの使用例が存在した可能性が考えられます。


以下は蛇足です。

再版ジョイントモデルをあらためて見ていておもしろい点に気づきました。


再版グレンダイザーの完成見本にはオレンジ色の初期型ハトメジョイントが使用されています(実際に同梱されたのは改良型の黒色ハトメジョイント)。
おそらくこの個体はバンダイ模型で保存されていた初版品をリペイントしたものなのでしょう。


同様に再版ライディーンの見本写真にもオレンジの初期型ジョイントが使用されていますが、これはダイザーのものを流用しているのか、ライディーンにもオレンジジョイント版が存在したのか…?

ジョイントモデルはまだ奥が深いようです。
スポンサーサイト



[ 2009/12/30 15:41 ] ジョイントモデル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/70-94dd52bf