小学一年生 1971年8月号

小学一年生 1971年8月号 小学館


小学一年生の昭和46年8月号、第二次怪獣ブーム真っ只中の発行です。
画像右の次号付録の紹介部分におもしろい記述があります。


「これが ほんもののジェロニモン」。ことさら「本物」を強調しているのはなぜでしょうか。



ジェロニモンは本編撮影時に講談社・円谷プロともにスチールを撮り逃しています。
アトラク仕様に改修後の写真がごく一部で使用された例はありますが、当時の紙媒体のほとんどがジェロニモンの写真を掲載できていない状態でした。小学館も例に漏れず、1971年度初期まではイラストで対応しています。



このころベストセラーだった秋田書店刊「怪獣ウルトラ図鑑」も写真掲載はできていません。


同様に怪獣系出版物を多く出していたエルムの単行本は、挿画主体の構成で写真使用自体がまれな状況でした。
当時の子供がテレビ放送以外でジェロニモンの画像を見ることはほぼ不可能だったのです。
1971年は、それまで絵が主体だった児童向けのキャラクター出版物で写真が主流に変わっていく転換期でした。



こちらが予告された別冊付録の現物。コマ焼きのジェロニモンが掲載されています。
このころから写真のない怪獣にはフィルムのコマ焼きで対応する手法が確立されたようで、Q・マン・セブンの写真素材が不足していた小学館は積極的にコマ焼きを活用します。



それは欠番怪獣の画像のみにとどまらず、ウルトラマンのテレポーテーションのような一回限りの必殺技やザラブ星人がフジ隊員に変身するオーバーラップの連続写真などにも及んでいきます。
リアルタイムでしか触れられなかった「テレビの本物」が写真で掲載されるのは、子どもにとってうれしい大事件でした。
この傾向は1972年度にピークを迎え、特に「一年生」ではミラーマンやウルトラマンAを特写・コマ焼きの両面で展開して密度の高い特集記事を掲載しています。



こうした動きは他社にも見られます。講談社は1971年4月から刊行したウルトラマンの写真絵本シリーズで、自社が写真を押さえていないニセウルトラマンやジェロニモン、あるいはウルトラ水流などのコマ焼きを活用しています。
また、山勝の帰ってきたウルトラマン5円ブロマイドの末期発売分にはなぜかジェロニモンのコマ焼きが1枚紛れ込んでいますが、それもコマ焼き自体に特別な価値があった当時の状況が理由なのではないでしょうか。

いずれも家庭用ビデオ機器が存在しなかった時代の特殊な事情でした。
スポンサーサイト



[ 2009/05/27 20:40 ] 書籍・雑誌 | TB(0) | CM(5)

No title

「ジェロニモ」だとばかり思ってましたが、「ジェロニモン」だったんですね(^^;)
[ 2009/06/09 10:24 ] [ 編集 ]

No title

「酋長怪獣」ですから、そのまんまですね(笑
[ 2009/06/10 01:09 ] [ 編集 ]

No title

こんな記事ネタ大好きですまたよろしくお願いいたします。

沢山持ってらっしゃるんでしょうかね?
[ 2009/06/14 22:54 ] [ 編集 ]

No title

ネヴィラ71様のホーク1号はいよいよ仕上げのようですね。完成が楽しみです。

書籍関連はあと数回でネタ切れになりそうです。
[ 2009/06/15 00:49 ] [ 編集 ]

No title

ありがとうございます。 コレもっとカラーページだけでも掲載して下さいませ 
[ 2009/06/15 02:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/57-25e6a9ea