1977年度

1977年度発売のバンダイ模型の低価格プラモデル。
作品数の減少とキャラクター人気の停滞が重なって商品数が激減しています。
ジャッカー電撃隊、ボルテスV、ダンガードAなどは低価格プラモの存在が確認されていません。

大鉄人17

大鉄人17
袋入り50円、箱入りは未確認。赤と青の2色成形が確認されています。画像はアニメSFプラモ大全科(秋田書店・1982)より。


大鉄人17 飛行17・シグコンジェット・サブマシン・シグコンタンク
製品番号8638-300,4点セットで300円なので1点あたり80円相当。バラ売りはありません。


飛行17とシグコンジェットのパーツ。4点ともコロ走行します。


サブマシンとシグコンタンク。タンクの上部は回転します。
ふたつのワクが連なったランナー形状から、単品発売の予定があったと思われます。


組み立て図の他にパンフも付属。
4点ともコロ走行部はゼンマイボックスを内蔵する形状になっています。企画時にはゼンマイ動力・単品発売という仕様が計画されていたのかもしれませんが、このサイズのキャラクタープラモでそうした例は確認されておらず、謎が残ります。
当時はスーパーカーの大ブームで、低価格帯にもゼンマイ走行のミニプラモがたくさんありました。そうした影響でゼンマイ走行が検討されたのでしょうか。


グランプリの鷹

トドロキスペシャルT2、トドロキスペシャルT3,カトリスーパーロマン、カトリファンタジー
袋入り各50円、箱入り各80円、4箱パック300円。主役メカのトドロキスペシャルT1が含まれない不思議なラインナップです。


袋入りカトリファンタジーの組み立て図。


ファンタジーのパーツ。3色成形にシャフト・シール付きの凝った仕様です。ボディパーツは赤もあり、他の3種も同様に赤・黄の2種があったようです。
シールには「ファンタジーラリーバージョン」と表記されています。



他社の動向
本年度はキャラクターよりスーパーカーに人気が集中したため参入メーカー数はわずかになっています。
アオシマでさえキャラクターからはなれて「合体カウンタック」などのオリジナルスーパーカー路線でした。

ツクダ
「恐竜大戦争アイゼンボーグ」

「アイゼンボーグマン」箱入り80円。ラインナップは4種類だった可能性がありますが他3種は未確認です。画像はアニメSFプラモ大全科(秋田書店・1982)より。
追記…やはり全4種で、他3種は「アイゼンⅠ号」「アイゼンⅡ号」「アイゼンボーグ号」でした。
    4箱パック300円もあり。 


ブルマァク
「合身戦隊メカンダーロボ」
箱入り各80円、4箱パック300円/メカンダーロボ、メカンダー1,メカンダー2,メカンダー3
赤と白の2色成形。メカンダー1~3はメカンダーマックスに合体可能。


シーホース
「ヤッターマン」
箱入り各80円/ヤッターワン、カメドンカー、コンチュ-ターカー、ガスカンクカー、パワニーカー、カバッチョカー、アリガットカー、ヤッターペリカン
赤とオレンジ、または白と緑の2色成形。4箱パックは2種存在します。

次回は1978年度です。
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/50-fff119e4