幻のクローバー版フォウ



P7122998.jpg

発売中の雑誌グレートメカニックG(双葉社)に興味深い情報があったのでメモしておきます。
サンライズ関係者の連載記事に以下のような内容が書かれています。

・ダンバイン放送当時、クローバーはフォウの発売を計画していた
・ダンバインの可動玩具の下半身を画面通りに収納する試作品が出来ておりサンライズと打ち合わせをした
・その1~2週間後、突然クローバーが倒産
・倒産の原因は不動産投資の失敗と聞いた



クローバーがフォウの玩具を企画していたのは驚きですが、さらに気になるのは「ダンバインの可動玩具の下半身を~」という記述です。
例えば試作のフォウに合体用のダンバインパーツが付く仕様なら「付属のダンバインの下半身を~」といった記述になると思いますが、わざわざ「ダンバインの可動玩具の~」と書かれています。

P7122999.jpg
クローバーのダンバインの可動玩具といえば1:60簡易キット、通称ジョイントダンバインが思い当たります。
クローバーのフォウは、ジョイントダンバインと合体するものだった確率が高そうです。
形状からして足首パーツをはずしての合体(収納)だったのでしょうか?


P7123002.jpg
クローバーの倒産は8月だったようなので、その直前に試作品が作られていたのならおそらく年末商戦向けの新製品だったと考えられます。
倒産が無く発売が実現していれば、連携するジョイントダンバインの増産・再出荷も行われたでしょうし、「合体セット」のような大箱玩具も実現していたかもしれません。
クローバーはフォウをGファイターやトライダーシャトルのような位置付けにしたかったようにも思えます。


P7123005.jpg
これを成績の振るわないダイカストラインよりジョイントラインへ注力するという方針転換と捉えれば、次期発売予定だったドラムロや新主役ロボのビルバインもジョイントモデル化されていた可能性があります。
これらを、簡易キットのダンバインより塗装箇所を増やして完成品に近い仕様で展開していたら……

クローバーのダンバイン玩具への評価や、その後の玩具業界の在り方にも影響があったかもしれません。





P7122994.jpg

クローバー倒産後、ビルバインの玩具はトミーから発売されました。
仮にビルバイン同様にフォウの金型が完成していても、イデオンで痛い目にあったトミーとしては「主役ロボはともかく、おかしなサブメカまで面倒見切れないよ」と判断した可能性も考えられるかもしれません。

ジョイントダンバインの金型はその後海外へ渡ったようで、赤・青・黒などの成型色で完成品として販売されたようです。
フォウについては海外でも確認されていないようですが、あるいは、もしかしたら…?


スポンサーサイト



[ 2020/07/14 14:00 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(4)

これはすんごい情報!!
ジョイントダンバインは良い玩具でしたから、フォウのもう一押しがあれば、もうちょっとティーン層が買ったのかも。
(かくいう自分も、友だちに遊ばせてもらってガマンしたアイテムでした。ギャリアはDX買ったのに。。)
[ 2020/07/15 18:35 ] [ 編集 ]

でもあのフォウのデザインをクローバーがどんなふうにアレンジしたのか、想像しにくいんですよね
妙なシールがたくさん付いてたのか?とか(^^;

おそらくジョイントダンバインやDXアイアンギアを担当した腕のいい会社に発注したでしょうが…
[ 2020/07/15 20:39 ] [ 編集 ]

その噂、当時いた仙台の街にも流れて来てました、そのジョイントダンバインと合体するんだぞって。
そのせいなのかジョイントダンバインは入荷すぐ売り切れちゃって入手できませんでした、手に入ったのは後のお宝トイブームの頃です。
今はROBOT魂が仇を討ってくれたので大分満足ですが、当時は確かにクローバーフォウの想像が付きませんでしたね。
[ 2020/07/19 20:57 ] [ 編集 ]

地方のファンレベルまで情報がまわっていたというのは驚きです。
広告で予告されたりしていた可能性もあるのかも?

ジョイントダンバイン、当時は私も出遅れて、模型店のウインドウに飾られている見本を見ただけでした。
プラモより出来がいいだけに、入手機会のないままクローバーが倒産したのは残念でしたね。

[ 2020/07/19 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する