1973年度

1973年度発売のバンダイ模型の低価格プラモデル。

チビッコ0テスター 100円

0テスター指令基地(1500円)に同梱されたテスター1号~4号の単品売り。


画像のランナーは1998年再販の指令基地に同梱のものです。


テスター1号のミニモデルはゼンマイ動力0テスター4号にも同梱されていましたが、サイズ・造型の異なる別成型品です。


ウルトラマンタロウ(アンドロメダ同梱)

ゼンマイ動力アンドロメダに同梱されていたウルトラマンタロウ。


組み立て図は別紙の専用品が作成されており、単品販売の予定が想像されます。
サイズやギミックから考えて単品なら100円相当と思われます。


太めのボディはタロウよりエースに近い印象。ストリウム光線のようなそうでないような微妙なポーズです。
バネ仕掛けで首を発射するギミックはかなり頼りないもので、画像の個体は背中のボタンが押されたまま戻らなくなっています。


頭部は劇中イメージには似ていないもののシャープな造型で、ボディのもっさりしたイメージを救っています。
サイズはマスコットのライダーとほぼ同じ。
単品販売が見送られたとすれば、同時期マルサンが100円でタロウのミニプラモを発売していたことと関係があるかもしれません。


1973年度のバンダイ模型は低価格キャラクタープラモをほとんど発売していません。
「仮面ライダーV3」「キカイダー01」といった主要作品でもまったく展開が行われていないのは不思議です(マスコットのV3の単品販売は存在する可能性がありますが)。
こうした状況の背景を考えてみると

・過熱する変身ブームで版権を複数社で分け合う作品が増加した
・前年度、ライダーにならった商品展開の他作品は売り上げが伸びなかったため一作品あたりの商品数を絞った
・会社としてキャラクターよりスケールものに注力した?
・石油ショックの影響で商品開発力が低下した?
 
といった理由が想像されますが真相は不明です。
いずれにせよ前年度と比べると寂しいラインナップとなり、またZATメカが8種も商品化される一方でファイヤーマンはヒーロー自体がプラモ化されないなど作品による偏りが大きくなっています。    
  


他社の動向


アオシマ文化教材社
「イナズマン」

ミニ電光イナズマン・ミニ雷神号/各100円
画像はミニ電光イナズマンと鬼火まむしの比較。

イナズマン、サナギマンは各50円相当。バンダイの嵐シリーズとほぼ同サイズです。
画像の水色成形パーツはゼンマイ歩行イナズマンに同梱されたものです。

「鉄人タイガーセブン」

ジュニアタイガーセブン/150円
タイガーセブンと黒仮面のセット。イナズマンと同サイズですがペーパープレーンのおまけ付きで値上げされました。
なお広告などの完成見本ではタイガーセブンは脚を前後に開いていますが、実際は画像のような直立ポーズとなっています。

ミニミニスパーク号
ゼンマイ歩行とマスコットのタイガーセブンに同梱されていたもの。ランナーサイズから80~100円相当と思われます。他にジュニアスパーク号/150円もあり。

追記  09.01.02



ジュニアタイガーセブンの単品売りとジュニアスパーク号はオレンジ色成型です。上掲のメタリックなパーツはゼンマイ歩行「鉄人タイガーセブン」(1000円)の同梱品。
オレンジのパーツの下に見えるのがおまけのペーパープレーンです。

「クレクレタコラ」
クレクレタコラとビラゴン・モンロとチョンボ/各100円、4体入り「マスコット」は200円


マルサン
「ウルトラマンタロウ」シリーズ/各100円、一部仕様を簡略化した袋入り版は50円
ウルトラマンタロウ・マゼラン・スーパースワロー・アンドロメダ・スカイホエール・アイアンフィッシュ・
コンドル1号・ZATガン・ドラゴン・ウルフ777・ラビットパンダ・ベルミーダーⅡ世
(タロウのみ袋入り版なし、ドラゴン・ウルフ777・ラビットパンダ・ベルミーダーⅡ世は未発売の可能性あり)


日東科学
「スーパーロボットレッドバロン」
ミニレッドバロン・ミニアイアンホーク/各50円
レッドバロン/100円(ミニアイアンホークとレッドバロン立像のセット)


クラウン
「流星人間ゾーン」
ゴム動力/各100円 マイテイライナー・スモーキー・ガロガカー
人形付き/各50円 マイテイライナー&ゾーンファイター・スモーキー&ゾーンジュニア&エンジェル・ガロガカー             &ガロガ
メーザーショット/50円
ゾボット(ムギ球で発光)/100円?



次回は1974年度です。
スポンサーサイト




No title

たしかアオシマによる石ノ森ヒーローのプラモ化はイナズマンだけではなくロボット刑事もバンダイとの共作プラモ化されました。バンダイ版の方はゼンマイ走行のジョーカーのみですが、アオシマではゼンマイ走行のジョーカーだけではなく、リモコンで操作するジョーカーやゼンマイ走行のジョーカーやリモコンで操作するジョーカーのおまけとしてロボット刑事Kのフィギュアが付いていた(スプリングで胸からミサイル発射する機能付き)。
[ 2011/11/11 19:55 ] [ 編集 ]

No title

そのあたりのプラモデルは『究極プラモデル大全』に掲載がありますね。
この項目ではおおむね100円以下のミニプラモのみを対象としているため触れていません(^^
[ 2011/11/11 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/41-35943100