初期型コンバイン?


P1303275.jpg
ひたいに輝くVとV!

以前ポピニカバトルジェットについて取り上げた際、耳が濃紺のバトルジェット・前腕が明るい青のバトルクラッシャーが初期生産分なのではないかと考えました。


blog_import_5d2c5582ccfed_2020013020074022f.jpeg

blog_import_5d2c558110caa_20200203093756d95.jpeg
これはその傍証となっている、てれびくん1976年11月号(小学館)懸賞ページの写真です。
発売がもっとも遅かったバトルクラフトは追加パーツが無くドリルもメッキされていないので、まだ試作段階の物と思われます。
他の4機はすでに製品状態になっているようで、ジェットの耳は濃紺でクラッシャー前腕は明るい青色、さらにクラッシャー本体の塗装色は普及品より明るいメタリックブルーになっているように見えます。
なおバトルジェットがおかしな状態で合体していることについては後述します。

P1303306.jpg
こちらはポピニカバトルクラフトの箱に掲載の見本写真、やはり耳は濃紺・腕は青色になっています(印刷時の補正もあるようです)。

以前の投稿時に、腕が青色のクラッシャーを新品状態で入手した方からコメントをいただきました。
そのクラッシャーは同梱カタログなどから76年夏ころの初期生産分と考えて間違いないだろうとのことで、通常は1個の平手パーツが左右2個分付属しているそうです。
自分の手元には耳が濃紺のバトルジェットはあるので、いつか腕が青いクラッシャーを入手して初期型のコンバインを再現できたらと考えていました。


P1303261.jpg
そして近年ようやく、状態のよくない中古ですが腕の青いクラッシャーを入手。
勇んで合体させようとしたのですが……バトルタンクと合体できませんorz
どうやら初期型クラッシャーは合体部の横幅が1ミリ弱くらい広くなっているようで、初期のタンクもそれに対応した作りになっていたようです。
初期型コンバインの再現にはタンクの初期版も必要ということになってしまいました…

P1303278.jpg
しかしバトルタンクは、明確に初期生産分とわかる特徴があるのか不明です。
やむなく、付属品などから「初期っぽいかも」と思える中古を入手してみたのですが、合体できず…(T  T
さらにもうひとつ中古を購入してみても、やはりダメでした(泣
しかたないので、そのうちひとつのタンクを合体専用と割り切ることにし、合体時に支障となる部分をダイヤモンドやすりで削ることにしました。
合金オモチャにこんなことをするのは初めてです…

また、このころには「どうせなら初期型と普及型のコンバトラーを並べたい!」という野望がふくらんできて、マリンとクラフトもまあまあの中古を入手しました。
これらも本来は初期生産品には固有の特徴があるようですが、そこまではこだわれなくて「とりあえず合体できればいいや」という感じです。

P1303288.jpg
さて、ダイヤモンドやすりでガリゴリと削って、なんとかクラッシャーとタンクが合体できました。
よろこんで他のマシンを合体させようとすると……マリンが合体できないorz
どうやらタンクとマリンの接合部にも生産時期による違いがあるようです、初めて知りました…

試しにもうひとつの余っているタンクでやってみると、なぜかマリンと合体できる!
この時点でタンクAはクラッシャーとのみ合体可、タンクBはマリンとのみ合体可という状態になり、やむなく今度はタンクBのクラッシャー接合部をダイヤモンドやすりでガリゴリ削るハメに……


P1303255.jpg
以上のような過程を経て、なんとか初期型(風)コンバインが完成しました。

なお、初期型ジェットとクラッシャーの接合部はものすごくタイトで、どんなに注意深くやっても絶対にジェットの塗装が剥がされます(T  T
これも、やってみて初めて知りました……とりあえずグリスなどで対応すれば少しは被害を軽減できるかもしれませんがジェットの機体上面は高確率で塗装が剥げるので、バトルマシン状態も楽しみたいなら合体させない方が無難なようです。

てれびくん懸賞ページのおかしな合体は、あまりに接合がきついことが原因だったのではないかと想像します。
まだ調整不十分な状態であれ以上は無理だったのか、または編集員が「お借りしているサンプルだから手荒に扱えない」と考えて中途半端なところでやめたのでしょうか…(^^;

以前から所有していたバトルマシンはジェット以外は同じころ生産されたデッドストック(おそらく76年の年末商戦向け以降の物)だったので、合体にはなにも支障はありませんでした。
さすがのポピーも、初めての合体巨大合金ロボの開発には試行錯誤がいろいろあって、細かな調整を続けていたのでしょうね。
これらの反省の上で、翌年にはパーフェクトなボルテスVが登場したということでしょう。


 
以下、初期版と普及品の相違点など。


P1303305.jpg

P1303303.jpg
顔と頭部シールの変更、これは有名ですね。


P1303262.jpg
初期のクラッシャーはメタリックブルーの色調が明るいので、タンクとの接合部に明確な色のギャップが生じます。
赤い部分も明らかに発色が良く、下地塗装として白っぽい色が吹かれているように見えます。
個人的に、オモチャっぽくて好きな色合いです(^^
胸のクリアパーツ内部の塗装も少し違いますね。

P1303284.jpg
背面は色分けラインが変更されている他、やはりクリアパーツ内部が異なります。
腕の付け根の塗り分けも違っていますね。

P1303296.jpg
パンチ基部は、初期は-、普及品は+です。

P1303299.jpg
普及品は取り付け角度が変更でき、拳の造形自体も別ものです。

P1303319.jpg
初期版の平手パーツは手元に無いのですが、こちらも造形が変更されているようです。
これは普及品の平手パーツ、右手です。

P1303324.jpg
こちらは「コンバイン計画書」掲載の平手パーツ、左手で造形自体も異なります。
これが初期の平手なのでしょうか?

P1303268.jpg
腹部のシール、どちらのタンクも初期型クラッシャーには対応していないものの、おそらくこちらが初期のもの。

P1303267.jpg
こちらが普及版のもの。


P1303310.jpg
合体説明書は、最初期は単色の1枚紙だったようです。

P1303314.jpg
次にカラー印刷に変更され…

P1303321.jpg
最後に冊子形態の「コンバイン計画書」になります。
計画書に掲載のバトルマシンは5機とも製品版になっていることから、発売の早かったジェット、クラッシャー、タンクなどの初期生産分には1枚紙の説明書が付属していたと思われます。
なお、合体強化ベルトについての記述はコンバイン計画書にしかありません。
ベルトが付属しないクラフトというのは存在したのでしょうか?


P1303327.jpg
内部図解も2色確認されています。これは水色。

P1303328.jpg
こちらは濃い青色。
おそらく水色が初期ではないかと考えています。



P1303291.jpg

あとはコンバインボックスが欲しいですが、箱だけの美品というのも入手が難しいだろうな~

放送当時にはバトルジェットしか買えなかった私のコンバイン計画は、43年を経てこれで完結……ということになりそうです(^^

スポンサーサイト



[ 2020/01/30 22:59 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(2)

大変なご苦労の末の、前期後期ツーショットだったのですね~。
耳と前腕で、紺色が入れ替わるのが面白いです。

ダイキャスト破壊、自分は「ミニプラVRVロボをフル変形に改造したとき、シージーロボのダイキャストパーツを干渉部をねじきって装着」ってのと、
「STD合金Xボンバーのダイエックス格納庫をねじきって作ろうとして、、挫折」くらいの経験値です(笑)

…腕がつかれますよね。
[ 2020/02/01 09:51 ] [ 編集 ]

バトルタンクは突起を削った程度ですが、ごんちゃっくさんのように改造や形状変更となるとハードル高いでしょうね。

まわりに傷を付けないように気も使うし、疲れますね~(^^;
[ 2020/02/01 13:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する