ずるいよダイモス


P7092961.jpg

ポピーのデラックス超合金闘将ダイモス。


SN3M0045[1811]
画像の現物は1978年放送当時購入したものです。

P7092940.jpg
箱側面に見本写真があるのですが…

P7092947.jpg
中身の現物とは造形が異なっており、特にプロポーションがまったく違っています。


SN3M0041[1809]
これはてれびくん1978年8月号(小学館)表4に掲載の広告で、箱側面の掲載品と同じもののようです。
どうやらこれは、スタンダード超合金にトランザー時を思わせるパーツを付けたものに見えます。
スタンダードはデラックスと違ってカッコイイプロポーションになっています。

SN3M0043[1807]
こちらは同誌6月号懸賞ページより。プレゼント品目はポピニカトランザーとスタンダードダイモスですが、掲載写真はデラックスダイモスの試作品のように見えます。
この時点では市販品より頭部が小さく、悪くないプロポーションになっています。
デラックスダイモスは、このあとトランザー形態を優先して頭部が大型化されたようです。

P7092964.jpg
たしかに製品ではトランザー時の印象が良くなっていますが、肝心のロボット形態のプロポーションを犠牲にしてまでこだわるべきポイントなのかは疑問です。
箱や広告にスタンダード改造品を使用しているのは、「このプロポーションはヤバい」という自覚がポピーにあったのではないかと想像させます。

超合金の箱に掲載された写真が中身と違うのはよくある事例ではありますが、デラックスダイモスの場合は、どうも悪意や害意を感じてしまいます。


P7092979.jpg
ジャスティーンからの変型過程の再現という点ではデラックスダイモスはよく出来ています。

P7092966.jpg
しかし当時初めて手にした時には、率直に言ってかなりガッカリしました。

P7092951.jpg
プロポーションだけでなく、凝っている割に意味の薄い脚部伸縮機構、ダイモスの背中にトランザーパーツが開き直ったように残っていることなどは悪印象でした。
特に背中については「ライディーンより進化どころか退化してるじゃん!」と思いましたね(^^;



P7092935.jpg

P7092986.jpg

こんな状態だと、さほど悪くないようにも見えますが……

ずるいよ、ダイモス…


スポンサーサイト



[ 2019/11/27 20:23 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(2)

ホントにずるいですよね(笑)
自分も製作するときに この辺かなり分析したのですが、
ダイモスのデザイン画は、あまり変形の検証がされていないと思われるのです。製品そのままの形の金型図面もどこかで見たし。。
「後頭部の車輪の逃がし方を検証してなかったので、角柱から円筒に変わった頬パーツ」なんて最たるものです。

[ 2019/11/27 22:11 ] [ 編集 ]

懸賞ページの試作品らしきやつはロボット時にキャビンのタイヤをはずしてるみたいですね。
プロポーションもそこそこだし、このまま製品化すればよかったと思います。

トランザーへのこだわりはスーパーカーブームの余波なのでしょうかね~
[ 2019/11/27 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する