肌色の怪獣ソフト




画像は肌色成型のマルサン・ブルマァク怪獣ソフト人形。
1983年にホビージャパン誌掲載の広告で通販されたものです。



これがHJ1983年5月号掲載の某模型チェーン店広告(一部加工済)。
当時はガレージキット隆盛による怪獣人気と、過去の怪獣玩具の情報発掘・再評価が進んでいました。
すでに旧玩具を扱うアイテムショップもいくつかあらわれており、怪獣ソフトは相応のプレミアム価格で流通し始めていました。

そんな状況下、突然掲載されたこの広告には驚かされました。



スタンダード11、ジャイアント1の計12種が販売されています。
ただし広告にはマルC表記は無く、正規の手続きを経たものかどうかは不透明です。
よく見ると下段のキングジョーもブルマァクプラモの型取りのようで、このころはまだ権利意識が不徹底で混沌とした状況だったようです。



また実際に現物が届くまでは無塗装・肌色の人形とはわかりませんでした。
現在では試作品や試し抜きで肌色ソフトを目にするのも当たり前ですが、初めてこれらの怪獣を手にした時にはなんとも形容しようのない違和感が沸いて複雑な心境でした。



ゴモラとカネゴンは足裏刻印がマルサンになっています。



同時に購入したバルタンもマルサン刻印になっており、そちらは腰周りの四角いディテールがきれいに成型されておらず、使用した金型が腐食などで破損していたようです。
これらマルサン刻印の人形はかつてのオリジナル品よりやや大きい印象を受けます。



ガマクジラはブルマァク純正品とほぼ同サイズの印象です。
玩具的でありながらリアル感もあるすばらしい造形で、入手当時は感動しました。

これらとほぼ同時期に、私設のソフト人形ファンクラブがやはり肌色の復刻ソフトを会員向けに販売していたそうですが、当ブログでは詳細はわかりません。






1982~83年ころは、ブルマァクの怪獣ソフトが欲しくて地元の玩具店などを探し回っていました(参照)。
なかなかブルマァク怪獣は見つからず、入手できたのはこうした肌色ソフトやモドキソフトがせいぜいでした…



以前も取り上げたニセゴモラの袋とヘッダーがこちら(^^;



これはマルサン・ブルマァクのレッドキングを型取りしたポリ製のニセレッドキング。
ヘッダーにはSTマークがあり83年発売とわかりますがメーカーは不明。
バンダイのウルトラ怪獣シリーズやグレートモンスターのモスゴジ・キンゴジなどが発売されたころに玩具店でよく目にしました。



う~む、微妙……
マニアックに言うと、レッドキングはマルサン電動プラモがセロテープの懸賞品として広告に掲載された時のトンデモ塗装に似ている…かな?(おそらく考えすぎ)



ついでに、同じころ見つけたオンダの合体鋼鉄ジーグも取り上げておきます。
近年もデッドストックがよく出てくるようで、売れ残りが多かったみたいですね。



造形的にはまあまあという感じでしょうか。


台紙裏にこのような説明があり、ビルドアップをかなり再現しているように見えますが…


実際のパーツ分割はこのようになっていて、印象が異なります。
脚の分割は詐欺に近いレベル(^^;

そもそも当時の子供の多くはソフトビニールを温めてやわらかくすることなど知らなかったから、嵌着部分は力任せに外そうとしていたはずで、このジーグで快適に遊ぶことはできなかったのではないかと思います…


スポンサーサイト



[ 2019/04/16 16:10 ] ソフト人形 | TB(0) | CM(10)

No title

ジーグのソフビ、どうなってるんだろうと長いこと思ってましたが、ああなってるんですね。
目から鱗というか、「豪快ですねえ」しか言葉が出ません。
勉強になりました。
[ 2019/04/16 16:33 ] [ 編集 ]

No title

ジーグ面白い❗……って言えるのも、
大人になったからなんでしょうねぇ(笑)😁
[ 2019/04/16 18:26 ] [ 編集 ]

No title

パチモノも 1ジャンルとして いいお値段がついたりしてますよね。
しかし、復刻ソフビはなぜ肌色だったんでしょうねぇ~。
[ 2019/04/16 21:24 ] [ 編集 ]

No title

> とめぞうさん
未開封状態だと期待がふくらむのですが、実態は予想以上にいいかげんでした(^^;
[ 2019/04/16 22:13 ] [ 編集 ]

No title

> ごんちゃっくさん
これがソフト人形のメインアイテムだったら問題ですが、タカラの出来のいいやつがあるから、まあいいかという感じですね(^^

https://blogs.yahoo.co.jp/pazulumo/36898121.html
[ 2019/04/16 22:17 ] [ 編集 ]

No title

> スチュピッド6さん
素材のソフトビニールはもともと肌色が一般的なのだそうです。
キャラクターに合わせた色素材を作る予算が無い場合、ありものの肌色を使うことになるようです。
[ 2019/04/16 22:20 ] [ 編集 ]

No title

ジーグ・・・w
ここまで違っても昔は良かったんですねw

10個もバラバラにって書いてあるのに、実際11個だしw
[ 2019/04/17 07:47 ] [ 編集 ]

No title

「君の手で簡単にドッキング」というのも相当問題あります(^^;
[ 2019/04/17 22:27 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。はじめまして。いつも楽しく拝見しております。当時、日暮里のお店で「バラゴン」を買い求めました。大きめのダンボール箱に各種の人形がまとめて入れられていて、お目当てのものを自分で掘り出すという割りとラフな感じで売ってました。箱は店先(店の外)に置いてありました。今もバラゴンは家に飾ってます。
[ 2019/04/21 20:43 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、書き込みありがとうございます。

当時そんな状況で売っていたとは、初めて知りました。
貴重な情報ですね……行ってみたかったな~(^^
[ 2019/04/21 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/357-d064a66c