模型とラジオ 1982年2月号



科学教材社「模型とラジオ」1982年2月号、ひさしぶりに物置から出てきました。

当時、行きつけの本屋でホビージャパンの隣にこの本が並んでいたので表紙にひかれて手に取りました。
発行は「めぐりあい宇宙」公開を控えてガンプラブームがピークの頃。
ガンプラやダグラムの作例はあるもののすべてモノクロでの掲載なので「イマイチだな~」と思っていたのですが…



この見開きが目に留まりました。
当時は古い玩具やプラモデルに関する情報がとても少なく、この程度の記事でも貴重だったのです。
アオシマの合体ミニブロックをアトム放送当時の物と紹介するなど明らかな誤りもあって記載内容はいまひとつですが(^^;


貴重なマルサン電動バラゴンが掲載されています。
マルイのウルトラマンタロウ関連プラモはこの記事で初めて存在を知った気がします。



そしてマルサン・ブルマァクのソフト人形も掲載されているのですが…


このウルトラセブンは450円の大サイズですが、なぜか頭部は350円の小サイズのものが付いています。
当時はその実体がわからなくて「なんだこの人形は?」と混乱しました。

ただでさえ情報が少ない中で、よりによってこんなイレギュラー品を載せなくてもいいのに…(^^;





450円サイズのセブンは、これ以前に小学館の別冊てれびくん②ウルトラセブン(1978.11)に写真が掲載されていました。


こちらはカタログ写真の複写のようであまり鮮明でなく、ボディが上記の記事の人形と同じとはすぐには気づきませんでした。

現行商品としてポピーのキングザウルスとペーパーヒーローが紹介されていますが、キングザウルスはどうも元型から抜いたもののように見えますね~




スポンサーサイト



[ 2019/04/09 00:05 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)

No title

これは記憶ありませんでした。
バラゴンは良く紹介される個体箱ですね。
資料提供者は載ってますでしょうか?
82年だと血祭氏も西村氏もバラゴン所有前だと思うので、この方の所有物だったんでしょうね。
[ 2019/04/09 11:23 ] [ 編集 ]

No title

資料提供の記載は無いです。

文章の署名は「Y」となっていて、掲載品も筆者の持ち物ぽい印象ですが明言はされていなくて、よくわからない感じです。
安井ひさし氏の可能性もあるのかな…?
[ 2019/04/09 15:31 ] [ 編集 ]

No title

模型とラジオに掲載されてるセブン、めっちゃイレギュラーですね~汗。
いつの時点でスワップされたのかわからないし、勝手にスワップも可能だから「レアな物」という評価にするのは難しい人形ですけど。
ま、とりあえず昔から持ってるから深く考えないでイイか(^^;)。
てれびくんのセブン本はイイ本でしたね!オモチャの写真は新旧すべてカタログ写真でしたけど、パンチングのカタログ写真なんて当時よく持ってたなぁ、と今さらながら感心しちゃいますね!
[ 2019/04/10 12:33 ] [ 編集 ]

No title

> u7vintageさん
件のセブン、なんとなくバランスが取れているのがまた絶妙ですよね(^^

てれびくん別冊はポピーもカタログ写真とは気づきませんでした。
この写真のキングザウルスは造形がキリッとした感じで市販品よりカッコイイ印象を受けます。
[ 2019/04/10 19:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/356-c0178396