限定版ウルトラマン ポピー事業部



バンダイ・ポピー事業部が1984年ころ発売した大型ソフト人形「限定版ウルトラマン」。



大きさは35センチくらいです。
本来は500円のウルトラ怪獣シリーズと対比すべきところですが、すぐには出て来ないのでとりあえず超合金ウルトラマンと並べてみました(^^;



外装は単色印刷のダンボール箱で、人形はビニール袋に入っています。





造形はウルトラ怪獣シリーズのウルトラマンを太めにしたような感じ。



足裏にはTBSの証紙が貼られています。


腹部の赤い塗り分けラインが分割部で途切れてしまっているのが気になります。



500円のウルトラマンはソフト人形として画期的にリアルな出来だったのに対し、この限定版はより玩具的な印象を受けます。
サイズの大きい人形を太めに造形するのは初期のブルマァクでも見られた傾向です。
あまり細くシャープにしてしまうと子供のケガなどが懸念されるためでしょうか。



同時期発売のバルタン星人と。
バルタンもやはりリアル志向ではなく玩具的な造形です。


この「限定版」シリーズは他にレッドキング、ゴモラ、ゴジラ、キングギドラが発売されました。
ゴジラとウルトラ怪獣3種は1980年代後半にやや小さいサイズになって再版されています。
再版は限定という扱いではなく、一定期間生産が続けられていたようです。



ウルトラマンのソフト人形の中では取り上げられる機会が少ないようなので、今回紹介してみました。


スポンサーサイト



[ 2019/03/31 22:08 ] ソフト人形 | TB(0) | CM(4)

No title

いつも楽しく拝見させてもらってます。以前にこのソフト人形についてリクエストさせていただいた者です、ありがとうございました。僕もこの人形を持っていますがリアルと玩具の中間的な感じが気に入っています。実は僕も中途半端な赤い塗り分けラインが気になっていたのです。全体のバランスを確認すると脚が長すぎる様に感じませんか。推測ですが当初は上半身パーツのウェストはもう少し下がっていて全長も大きかったのではないでしょうか?マジンガーZの超合金3期もですが脚を長くするのを良しとする傾向が当時あったと思います。長文失礼しました。
[ 2019/04/04 10:23 ] [ 編集 ]

No title

リアルホビーやプラモデルのthe特撮コレクションも確か同時期でしたね。
[ 2019/04/04 18:16 ] [ 編集 ]

No title

> mis*****さん
たしかに脚が少し長めですが、腕の長さは現状でちょうどいい感じなので全体のバランスはちょっと微妙ですね。
腹部の上半身側が5~6ミリ長くてもいいかもしれませんね~
[ 2019/04/04 23:41 ] [ 編集 ]

No title

> 紙粘土さん
「限定版」シリーズはリアルホビーと同様に模型店でも流通していましたね。
商材としてはマニア向けという感じなのに造形はオモチャっぽいところがちょっとちぐはぐな印象でした。
[ 2019/04/04 23:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/355-eeb31ba6