おやこアタッカー




ダイターン3放映時、クローバーから発売されたダイカスト・マッハアタッカー2種。



大サイズは変形可能なデラックス、小さい方は非変形のスタンダードです。


小サイズの箱中、ミサイルが2種付属します。


ギミックはミサイルのほか機首の飛び出しと翼の角度変更が可能。


付属シールはメタルシールです。



こちらはデラックスの箱中。


デラックスはこのように変形して…


マッハパトロールが完成。
単純な構造ながらシルエットが大きく変わるのが効果を上げています。


ウイングパーツが後部バンパーになるのも芸コマです。


デラックスは本体に発射ギミックを内蔵しておらず、発射装置を取り付ける仕様です(画像のミサイルはスタンダードの物で代用しています)。


デラックスには紙製シールが付属、画像の現物は糊が染みだして傷んでしまいました。



アタッカー時の機首の顔は、スタンダード同様モールドの無いシール処理になっているのがなんとも残念。
このあたりは顔がシールになっていたガ・キーンやバラタックのマグネモ8を連想させて、同じタカラ工業製であることのあらわれでしょうか。



画像のスタンダードはガンダム放送時期に、売れ残っていたのを定価で購入したように記憶しています。
デラックスの方はたしか1984年の2月ころ、スーパーの処分セールで見つけました。


デラックスには画像のように値札が残っています。

たまたま乗り換え駅で時間が空いたので近くのスーパーに入ったら、オモチャの処分セールをやっていました。
デラックスアタッカーのほかに超合金ライタンシリーズや、ヨーデル模型のミニミニ怪獣プラモ3種(かつてのマルサン製の再版)などが並んでいたのを記憶しています。

購入時期は1984年はじめで間違いないので、このアタッカーはガンプラブーム時期にデラックスダイターンとともに再版されたものだろうと思っていたのですが…



これはデラックスアタッカー説明図のカタログ部分。
デラックスダイターンはコンビネーション名義のままで、価格表記は3500円になっています。
しかし83年夏ころ実際に購入した再版のデラックスダイターン3は、値上げされて3800円になっていました。
3500表記のままということはこのカタログは本放送時の物で、デラックスアタッカーは初版だったのか…?



こちらは放送時の物と確定しているスタンダードアタッカーの説明書カタログ部分。
スタンダードのダイターンとアタッカーも掲載され、価格表記もあります。
デラックス2種はいずれも「近日発売」となっていて価格はありません。


上のデラックス付属のカタログがもしも本放送時の物なら、わざわざスタンダード2種をオミットする理由が不明です。
逆に再版時の物ならラインナップがデラックス2種だけになっているのは納得できますが、ダイターンの価格が
3500のままというのがひっかかります。

ST番号を見るとスタンダードアタッカーは昭和53年、デラックスアタッカーは57年、再版デラックスダイターンは55年ということになりそうです。
むむむ……


以上の状況を総合すると、

  デラックスダイターンは80年に3500円のまま再版、
  82年のガンプラブーム時にデラックスアタッカーが再版(おそらく同時期にプッシュダイターンも新箱で再版),
  その後デラックスダイターンの継続生産分が3800円に値上げされた

ということでしょうか?

デラックスマッハアタッカーの再版の有無について、詳細をご存知の方はご教示いただけたらと思います…(^^;

追記:1983年初夏ころの再版だったそうです。コメント欄をご参照ください。

スポンサーサイト



[ 2019/02/17 23:11 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(6)

No title

スタンダード版のマッハアタッカーは小さい時に持っていた記憶があります。

超合金魂に付いているミニカーサイズながらも完全変形するマッハアタッカーは満足度が高く、トライパー75SとスパイダーマシンGP7(いずれも超合金魂に付くもの)と1978(昭和53)年度で並べられるのも嬉しいです。
[ 2019/02/18 06:06 ] [ 編集 ]

No title

ガンプラブームの頃は、その直前の二作も合わせて再評価されてましたもんね~
今ではあまりない事ですが、合金トイの再販も有ったって事なんですね
版権の事も有りますし、てっきり放送時期のみの販売だったのかと…
[ 2019/02/18 07:01 ] [ 編集 ]

No title

> 紙粘土さん
超合金魂は付属品に注力する前に本体をもっと煮詰めてほしかったです。
ダイターンは変形に無意味な手間がかかって面白味が薄いし、レオパルドンはプロップにも撮影スーツにも似ていないうえにやたらアークターンが飛び出して失くしそうになるしで…
(^^;
[ 2019/02/18 15:31 ] [ 編集 ]

No title

> へてかるぴさん
1978年ころ、現役キャラクターの人気下降と高年齢層でのアニメ・SFブーム(リバイバル色を色濃く含む)が並行していたようです。
そうした状況へのひとつの対処としてポピーはかつての人気ロボット超合金の再生産を始めていて、タカラも翌79年にマグネモジーグを再版しています。

クローバーもこれらにならって、おそらく再放送に合わせるかたちでダイカストの再生産を実施していたようです。
このあたりの詳しい事情はなかなかわからないので、当時の玩具業界誌なんかを見てみるしかなさそうですね。

ついでに言えば、ポピーの場合はショーグンウォリアーズの展開との関係もあるのかもしれませんね…
[ 2019/02/18 15:46 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。ブログをいつも楽しく拝見させていただいております。
デラックスマッハアタッカーはデュアルマガジン№5(83年6月25日発行)の83頁に再販品のレビュー記事が書いてありました。

---以下引用です---
マッハ・アタッカー クローバー ¥1980
クローバーの名作として評価の高かった商品だが、東京地区の「ダイターン」再放送と同時に再販された。アニメの設定通りの変型をパーツの取り外しや交換もなくこなすという、当時としては画期的なものだった。再販品を見ても、そのギミックに見劣りがしないのはさすがである。また、これをテストしていて気付いたのだが、現在の変型ものよりその機構はシンプルである。かといって、プロポーションが悪いというわけではない。むしろ良いレベルであると思う。こういうシンプルな変型ものも残ってほしいと思う。評価は、85~95点である。
[ 2019/03/05 19:39 ] [ 編集 ]

No title

情報ありがとうございます!
83年初夏ころ?にダイターンの再放送があって、それに合わせた再版ということですね。

手元のデラックスアタッカーに付属のカタログは再版時のものと考えて間違いなさそうです。
デラックスダイターンの価格については、「コンビネーション」の表記が残っているあたりから考えると、3800への変更を忘れていたのかもしれないですね。

デュアルマガジンはほとんど読んだことがないので、そのようなレビュー記事が掲載されていたとは知りませんでした。
情報に感謝いたします。
これからバックナンバーを探そうかな……(^^;
[ 2019/03/05 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/351-ee3ab579