おやこギャバン

おやこギャバン



宇宙刑事ギャバンの放送中に発売されたソフト人形2体です。



大きい方は以前も取りあげたポピーの光るギャバン
小さい方はビクトラー製のギャバン人形です。



ビクトラーのギャバンは17㎝くらいの大きさ。
クリア成型の本体にラメ素材が内蔵された仕様は光るギャバンと同様です。


背面の塗装は一部省略されています。


造形には派手さはありませんが堅実な印象です。


購入当時、なぜギャバンのソフトはこんなおかしな仕様になっているのかと不思議でした。

その後,同じ銀色のメタルヒーローであるジャスピオンは白に近い明るいグレー成型でソフト人形が発売されました。
1990年には往年のヒーローの新作ソフトの一つとしてギャバンが再製品化され、やはりグレー成型でした。

それら明るいグレー成型の人形は、色味自体は設定に近くても華やかさに欠ける印象で、オモチャとしての魅力は薄く感じられます。
放送当時のギャバン人形は、こうしたことを考慮の上であえてグレーを避けて工夫を凝らしていたのではないかと想像しています。



パッケージは吊り下げタイプで、中に金の反射素材が入れられてゴージャスな雰囲気。




背面はシンプルですが、側面はオモチャらしいにぎやかなデザインです。



こちらは底面。
ロゴデザインはビクトラー独自のもののようで、なかなかカッコイイです(^^

このロゴでSPACE SHERIFF-GAVANが英語タイトルだと思っていたので、のちに挿入歌「電光石火ギャバン」でSPACE POLICE-GAVANという歌詞を聴いた時にはちょっと違和感がありました。




なお、17㎝前後というサイズはポピーがキングザウルスシリーズなどで新たなスタンダードとして設定した大きさです。
このサイズのギャバンがなぜポピーでなくビクトラーから発売されたのか、ちょっと謎です。

さらに小さいサイズとしてはパトラ製のペンダントソフトがあり、そちらはラメ入りシルバーのような成型色でしたが、やはりやや地味な印象になっていました。


スポンサーサイト



[ 2018/08/08 01:03 ] ソフト人形 | TB(0) | CM(4)

No title

今では「space sheriff」で統一されてるようなので、先見の明があったんでしょうね♪
一般的により馴染みのある「police」という単語を使わなかった辺り、解ってるな~って思います
[ 2018/08/08 06:31 ] [ 編集 ]

No title

スタンダードソフビサイズなのにビクトラーなんですね。ソフビ商材よりちょっとお高めだったのかしらん。

「銀×黒」のシンプルなカラーリングのギャバンだからできる、素敵な表現だと思います。
脚の部分には、銀色のシートが入ってるのでしょうか?
[ 2018/08/08 08:49 ] [ 編集 ]

No title

> へてかるぴさん
policeだとどうしても「警察」と連想してしまいますからね。
挿入歌の「電光石火ギャバン」自体は大好きですが(^^
[ 2018/08/08 22:24 ] [ 編集 ]

No title

> ごんちゃっくさん
定価は500円なのでことさら高いというわけではなさそうです。

下半身にはサイズに合わせてカットしたシート状の素材が入っているみたいです。
個体によっては上半身の素材もシルバーだけで統一された物もあった気がしますが、
それは「光るギャバン」の方だったかな~?
[ 2018/08/08 22:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/335-b4da7610