ウルトラ・アイ


つなぎ更新です。




電車で本を読む時、眼鏡をはずすことが多くなりました。
目的地で降りる際にあらためてかけなおしますが、無意識に心の中で「…ジュワッ!」と言っていることが多々あります。
こういうのって、魂の深い部分に刻まれて決して消えないのでしょうかね…(^^;

画像のウルトラアイは模型道楽製のU警備隊西へVer.です。




セブン本放送当時には、ウルトラアイの単品玩具は無版権の駄玩具しかなかったようです。
正規品としては、タカトクのウルトラ警備隊セットにベルトやウルトラガンと共に同梱されたものがありましたが、お面のようにゴムひもの付いた壊れやすい材質のものでした。


ウルトラ警備隊セットは以前所有していたのですが、現在は手元にありません(- -
このセットは、その後一部仕様を変更しながらさまざまなヒーローの玩具として1970年代前半ころまで販売が続いたようです。
画像は「ガッチャマン光線銃セット」バージョン。光線銃といっても、実際は空気圧でブロー弾を発射するものです。



こちらが同じ銃のウルトラガン仕様のもの。
ただし画像の現物はメーカー表記が無く、ブロー弾が付いていません。
タケダ薬品の紙風船が同梱されていますが、詳細不明で謎の一品です。
ヘッダーには開封された痕跡は無いので、タケダの販促品だったのでしょうか?




蛇足ながら、「タケダアワーの時代」所収の栫井巍氏のインタビューはたいへん興味深い内容で驚きました。

アンバランス=ウルトラQはなぜ、どのように怪獣路線に一本化されたのか、大人気のウルトラQを延長せずに新シリーズ・ウルトラマンに変わったのはなぜなのか、新シリーズのヒーローを「怪獣と戦う巨大宇宙人」という前代未聞のキャラクターとして発想したのは誰なのか……といった重要な事実がいくつも語られています。
ウルトラマニアは必読です。



スポンサーサイト



[ 2017/10/01 06:10 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)

No title

ガッチャマンセットにしれっと入ってるウルトラアイ。それじゃベルクカッツェに変身しちゃうよ…(笑)

※タケダアワー本!こりゃ読みたいですね🍀
[ 2017/10/01 08:05 ] [ 編集 ]

No title

ベルクカッツェに変身という発想はありませんでした。
すご~く、イヤですね(^^;
[ 2017/10/01 22:36 ] [ 編集 ]

No title

記事に合わせてネタを振ります
そういえば昨日10月1日は、ウルトラセブン放送50周年、ガッチャマン放送45周年でしたね(奇しくも今年は45年前・50年前と同じ日曜日でした!まさに奇跡のアニバーサリー!余談ですけど今日は怪獣王子放送50周年でしたね。明日以降も1972年秋改編で放送開始されたヒーローたちが、そして10月11日にはジャイアントロボも当時と同じ曜日で続々アニバーサリーを迎えますよね)

8日に放送45周年のアイアンキングが放送されたタケダアワーの本も機会があれば一読したいところであります(お恥ずかしながらタケダアワーはリアルタイム世代ではありませんが、後追いで色々見聞して知った世代としても、TVキャラクターの歴史の一端を伺い知る上で興味があります)
[ 2017/10/02 22:13 ] [ 編集 ]

No title

ウルトラセブンは気付いていましたが、ガッチャマンも曜日まで一致していたのは知りませんでした。
偶然ですがいいタイミングの記事だったようで(^^

「タケダアワーの時代」は初めて知ることも多くて充実した内容だと思います。
[ 2017/10/03 01:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/302-e3daf181