ファイティング仮面ライダー


つなぎ更新です。



バンダイの仮面ライダーファイティングシリーズを撮影会風に並べてみました。
向かって左からアリキメデス、アルマジロング、仮面ライダー、ガマギラー。
アリキメデスの手が赤いのは、開発時の参考資料が第3回撮影会での写真だったためと思われます。



こちらはキノコモルグ、ライダー、ザンブロンゾ、地獄サンダー。
いずれも本来はゴム製のベルトが付属していましたが、経時劣化のため崩壊してしまいます。




ファイティングシリーズはこのようにプラケース入りで販売されました。
台紙には第3回撮影会でのモグラングなどの写真が使用されています。
画像の現物は崩壊したベルトパーツが残存しています。



側面下部に「スケールモデル1/18」の表記あり、裏面はライダーの内部図解と能力解説になっています。




バンダイのファイティングシリーズは、前年に美研から発売された「スケールモデル怪獣」シリーズを参考に開発されたようです。
仮面ライダー以外にも変身忍者嵐やウルトラマンエースのシリーズが発売されています。


ショッカー怪人としては他にピラザウルスとモグラングも存在しており、いずれもライダーブームがピークのころにおなじみだったメジャー怪人で、魅力的なラインナップです。
いつか全種そろったら、また詳しく取り上げたいと考えています。


スポンサーサイト



[ 2017/09/27 06:05 ] チープトイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/301-df9648c4