ゴワッパー4


タカラが1976年に発売したゴワッパー5ゴーダムシリーズより、マグネモマシンに対応したゴワッパー人形です。


後のゴーダムはサンゼンのミサイルソフト人形。

5人のうち津波豪は未入手で、ヒーローなので人気が高いようです。
基本的に軟質プラのような材質ですが、岬洋子のみ胸部・下脚部が金属で、津波豪も同仕様と思われます。
追記:津波豪含む5人はこちら

顔がシール処理なのは一見すると手抜きのようですが、現物はかなり小さいのでこれもアリだと感じます。
手首や関節は、近年の玩具でも類を見ない繊細さです。



こうして並べるとミクロマンが巨大に感じられるという倒錯が生じるほどの小サイズ。
あらためて、このころのタカラの企画・開発力は尋常でないと感じます。

この方向性が、Zマン55やインチマン=ダイアクロンに発展していくのでしょうか。


なお、この人形を乗せるマグネモ・ゴワッパーマシンも全5種のうちヤドカリジープが入手できず。
コンプリートというのはむずかしいですね…



スポンサーサイト



[ 2017/04/10 21:36 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/278-bd2bd2ad