今度はコレ!ウルトラホーク広告

今度はコレ!ウルトラホーク広告




マルザンのウルトラセブンプラモデル広告(モデルアート1968年2月号表4掲載)。
地元の古書店で安価処分のモデルアートの束からサルベージしました。

大人のスケールモデラー対象のモデルアート誌に子供向けプラモの広告は場違いな印象ですが、当時はキャラクタープラモデルを扱う雑誌自体が存在していなかったのでやむなくこのような出稿形態になったのでしょうか。
この時点ではポインターは最小のCクラスの文字情報のみで、ホーク各機よりも開発が遅かったらしいことがわかります。


ホーク3号の見本品は機首がクリアパーツになっているほか、市販品では白成型だった機体上部などがオレンジ色になっています。(追記:オレンジ成型の市販品も存在するそうです。コメント欄をご参照下さい)
このカラーリングは、ポピーが1978年に発売したポピニカホーク3号(初期生産分)によく似ているのがちょっと気になります。

マルザンとポピーでは時代がまったく異なるので無関係に断絶していると考えがちですが、実際は10年程度しか離れていないので、業界内で同じ関係者が関わっていたとしても不思議はありません。
ポピーのキングザウルスシリーズにはガラモンやバラゴンなど、マルサン製品をお手本にしているような色調の怪獣が存在しているという事実もあります。

1978年ころのウルトラ関連のポピニカ・超合金は箱やシールのデザインがそれまでのポピー定番のパターンとは少し異なる印象になっており、再販のサンダーバードにも似た傾向が感じられます。
放送中の現役番組とは別にあらたなラインとしてリバイバルキャラクターに手を拡げるにあたって、それまでとは異なる外部スタッフが参入した結果、デザインに微妙な違和感が生じているとは考えられないでしょうか。

そうした新規スタッフに、かつてマルサンの仕事をしたことのある関係者が含まれていた可能性が考えられるかも…?

あくまで根拠のない妄想ですが(^^

スポンサーサイト



[ 2017/01/23 01:56 ] 暫定 | TB(0) | CM(2)

No title

モデルアートにウルトラセブンの広告とは以外でした!
ポピニカのホーク3号 上部 黄色の 私は好きですが 確かに後期バージョンの様にシルバーで商品化するのが普通ですよね。

因みにマルザンのホーク3号は上部オレンジ成型のも市販されております。
まぐまつくるさんのブログ「怪獣とメカと可愛いの」で紹介されております。
[ 2017/01/23 12:00 ] [ 編集 ]

No title

情報ありがとうございます。
ご紹介のブログ様のホーク3号の記事はリアルタイムで読んだはずですが、すっかり忘れていました(汗

ポピニカホーク3号は翼のマーキングを立体として解釈しているのが当時は違和感がありました。
いまではオモチャらしい魅力と思いますが(^^
[ 2017/01/23 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/269-4fd2f892