スパイマジシャン スパイ・カーシリーズ

スパイマジシャン スパイ・カーシリーズ



タカラのオリジナルキャラクター玩具ミクロマンは、1976年度は「スパイマジシャン」シリーズを展開しました。
その専用マシンスパイ・カーシリーズ全6種が揃ったので並べてみました。



1.マリンコンドルと2.シースパイダーは水中モーター同梱で各680円。
3.レーシングウルフと4.ドラグタイガーは各480円、5.ジャイロパンサーと6.ジェットミラーは各580円でした。
価格帯で箱のサイズが微妙に異なっています。




基本的に画像向かって右の冊子カタログが封入されていたようですが、手元のジェットミラーには左のコマンド期のカタログが入っていました。
新シリーズに移行した後も生産が続いていたことがわかります。


通常付属しているカタログには当初スパイマジシャンの試作品が掲載されていましたが、製品完成後には市販品の写真に差し替えられました。
同様にイラストだったスパイ・カーは製品写真に変更されています。
表紙などはまったく同じなので、この変更は冊子を開いてみないとわかりません。



各マシンには2種類づつのリーフレットが封入されており、裏面が単色の組み立て図になっています。




ただしコマンド期生産分のジェットミラーはリーフレット裏面に印刷が無く、組み立て図は別紙になっています。
この仕様は他のマシンも同様だったのかは不明です。


ドラグタイガーは前部パーツの組み付け方法が変更されたため、変更後には補足の説明図が入っています。


こちらはマリンコンドル設計変更に伴うお詫びの紙片ですが、なぜか手元のマリンコンドルには入っておらずシースパイダーに封入されていました。


これが「お詫び」の対象になった掲載写真ですが…


実際にやってみたら問題なく合体できました……?
強いて考えると、水平翼の差し込み部分が数ミリしかなくてやや安定性に欠けるのが問題とされたのでしょうか?






スパイ・カーは7番目のメカとしてスカイシャークの発売も予告されていましたが、未発売に終わりました。
カッコイイデザインと玉入れゲームに期待していたのですが……残念。



なお、ドラグタイガーだけは新品が入手できず、妥協しています。
こんなふうに気軽に遊べるから、まあいいか(^^


スポンサーサイト



[ 2016/03/04 21:32 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(2)

No title

遊んだあそんだ遊んだ~🎵なシリーズです!マリンコンドル以外、持っていました。
マシンとしてのデザインは従来よりカッコよくなっているのに、
コマ回しとか、プロペラ凧とか、すべてにオモシロギミックが付いてるのが楽しかったな~☺
同じくスカイシャークの発売を待ちわびていました。。

※ウチにはドラグタイガーが、通常版とマイクロノーツ版(ボディがダイキャスト!)の二台あって、
ダンとワトソンの二人を乗せてたような思い出があります😃。
[ 2016/03/04 22:17 ] [ 編集 ]

No title

デザイン面でも遊び甲斐の高さでも、この時期は「これでもか!」という充実感がありますね。
スパイマジシャンとタイタンが並走し、ある意味で集大成となる移動基地が発売された1976年が、ミクロマンのピークだったと個人的には思っています。
[ 2016/03/04 23:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/233-d07f4534