ミクロマン・マッキー


トイジャーナル1975年3月号(東京玩具人形問屋共同組合)掲載のタカラ広告より。




1月までに発売済みのM10X~20Xシリーズに加えて、3月から展開されるM11X~12Xシリーズが紹介されているのですが、よく見るとM124マックスはこの時点ではマッキーという名称だったようです。
すでにロッキー、ブラッキーという先例があるため、似た印象になるのを避けるために名前を変更したのでしょうか。
また、11Xシリーズはこの広告ではボブソンが白、バーンズが青で製品とは逆になっています。

12Xシリーズはさらに混乱しています。
白黒写真なので断言は出来ませんが、製品ではメイスン赤マイケル青ミラー緑マックス黄なのにここではメイスン青マイケル黄ミラー緑マッキー赤となっているようです。

上段の既発売品でもジョンとロビンの写真が入れ替わっていたりロバートとロッキーが逆になっていたりするので信憑性には疑問が残りますが、新発売前の混乱が表れているようで興味深いです。




こちらは上記より2ヶ月前のトイズマガジン1975年1月号(商報社東京本社)より、座談会でCMについて語っているタカラ関係者の発言です。
ミクロマンは当初北海道で先行発売されたことが知られていますが、北海道限定でテレビCMも流されていたようです。

タカラSFランド大全集(講談社1999)に収録されたミクロマンCM映像では、最も古いバージョンでも75年3月発売のマリンコプターなどが使用されています。
この発言は74年11月ころのものと思われるので、北海道で流されたCMは独自のバージョンだった可能性がありそうです。

このCMの内容などについて、ご存知の方はお知らせいただけると幸いです。




ついでに、こちらはミクロマンと同じ広告でのサイボーグシリーズ。


アンドロイドAをよく見ると、腕と脚はノーマルクリアになっているように見えます。
同シリーズの超人ではこのような状態の試作品写真が公開されていますが、アンドロイドAにも同様の試作が存在していたようです。

そういえば、メディコムのリアルアクションヒーローズ初期製品にはクリア素体のものがあったから、それを組み合わせればこの試作状態が再現できるのでしょうか…?

ちょっと気になります(^^


スポンサーサイト



[ 2016/02/21 18:52 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(6)

No title

「宣伝なしで売る方法」、良い言葉が並んでますね。
心をとらえる商品ってのが大事ですよね。無理に仕掛けて売れても、継続しないものが多いですし、タカラのメーカーとしての強さを感じます。
[ 2016/02/21 21:11 ] [ 編集 ]

No title

1973年の見本市の記事では、タカラ社員の「変身サイボーグは内容を変化させながら最低30年は売り続ける」という意味の発言もあります。
サイボーグは無理でしたが、ミクロマンはほぼその言葉通りになっているということに驚きます。

当時のタカラとポピーは、商品開発力でも理念でも規格外の凄さを備えた組織だったのだと実感します。
[ 2016/02/21 21:59 ] [ 編集 ]

No title

〽ミークーロマンんん~🎵
義弟が、ちょうど北海道でミクロマンをガッツリ遊んでいたためか、
そういやカミさんもこのCMソングを歌ってました。
とは言え、細かい内容とかは覚えてないだろうなぁ。

※スーパーミクロマンって、ボブソンたちより前の発売だったのですね~。(ウチにはスーパーだけ全然いなかったので、ピンと来てませんでした)
[ 2016/02/22 04:04 ] [ 編集 ]

No title

当初は北海道だけで流されたCMが、その後は関東などでも放映された可能性もありますね。
私もまったく記憶はありませんが…(^^;
[ 2016/02/22 23:19 ] [ 編集 ]

No title

時期的にバルクリフターやスカイローダーが登場していた可能性がありますね。タワー基地単独とか普通にありそうですよね。
アンドロイドAのCMは僅かに記憶に残ってます。
[ 2016/02/23 21:47 ] [ 編集 ]

No title

アンドロイドAやタイマニックのCM、見たいですね。
マグネモガ・キーンもDVDBOX以外では見られないのかな~

ウェブで見つかるのはだいたいガンプラブーム以降のものなんですよね。
[ 2016/02/23 23:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/232-8b8c3020