おれは、カゲスター!





わたしは、ベルスタ…… あれ?






上の画像が掲載されたポピーの広告(玩具商報1976年5月号/商報社)にはこんな記載があります。



ポピーは強力キャラクターの長期放映と、ライフサイクルの長い商品の開発に全力を投入して参ります。

流行に左右される危険な商材と見なされがちなキャラクター玩具を、安定商品として長期定着させることがポピーの大きな目標だったことがわかります。


スポンサーサイト



[ 2016/02/09 11:33 ] 暫定 | TB(0) | CM(6)

No title

ロビンちゃん、モモレンジャー、花忍と女性キャラ超合金が発売されましたけど、
これらが高い売り上げを示していればベルスターも商品化されたのでしょうかね。
この時期だったらタックル、ベルスター、ハートクインの超合金を見てみたかったなぁ。
[ 2016/02/09 11:56 ] [ 編集 ]

No title

ムッキムキですなw
たぶん今でもそうなんでしょうけど、子供は女性ヒーローのおもちゃは欲しがらないんで、
商品としては旨味がないんでしょうね…

ワタシらみたいな、今の大友には売れるんでしょうけども
[ 2016/02/09 19:54 ] [ 編集 ]

No title

> yu-ta様
モモと花忍の商品化には他戦士との金型共用という事情も大きかったと思います。
ヒーロー超合金のプロポーション改善は1978年のウルトラマンからなので、それ以前に商品化されてもキビシイ出来になっていた確率が高そうです。
[ 2016/02/09 23:38 ] [ 編集 ]

No title

> へてかるぴ様
ロビンとモモレンジャーがそれなりの売れ行きを示していたら、ベルスターの商品化も実現していたでしょうね。
このあたりはバイオマンくらいまで待つ必要があったのでしょうね~
[ 2016/02/09 23:40 ] [ 編集 ]

No title

77年発売のDXスペードAの体型はかなりリアル寄りになってますね。
デンジマン以降のスマートすぎるものと違いいかにも日本人体型でした。
名作シリーズの黄金バットもヒーロー超合金としては異色です。肘にボールジョイント、足首にも可動軸が存在する等。
下請けが異なるのではと推測されますね。

女キャラ超合金はどれも生産数が少なかったのか後に集めるのは苦労しますね。
忍者キャプターだと花忍よりも水忍の方が少なかったのでは?と思ってしまうほどですが(笑)
[ 2016/02/10 13:08 ] [ 編集 ]

No title

スペードAはいろいろ特異点ぽいですよね。
独特な体型、デラックスのみでスタンダードが無いこと、4人のヒーローのうち1人しか商品化されていないこと…
4人そろえるのはビクトラーで、ということかもしれませんがビクトラーの展開は時期的にはけっこう遅かった印象があるから、どうなのかな~

黄金バットは以前所有していました。かなり独特な構造で、ヒーロー超合金とは別ラインという感じでしたね。
[ 2016/02/10 23:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/230-8c5d0af7