プラモデルの原型・金型の謎

プラモデルの原型・金型の謎



特撮秘宝Vol,2(洋泉社)に今井科学でサンダーバードなどのプラモデルの原型を担当したという江澤清嗣氏のインタビューが掲載されています。
ゼンマイボックスをカセット式に取り外すのは同氏のアイディアだったなど興味深い事実が語られているのですが、「木型・原型・製品」などの言葉が解説もなく文中に出てくるので正確な意味がわかりにくく、ちょっと残念な記事になってしまっています。



一方サンダーバードプラモデル大全(双葉社2006)では同じころ外注の立場で試作品作りをした諸星木型制作所に取材しており、木型や金型の制作方法についても言及されています。
金型制作のもとになる「マスター木型」の存在など貴重な情報が書かれていますが、通常の木型とマスター木型を混同しているように読める部分などもあり、いまひとつ明解さに欠けるようです。

そこで、これら2冊を読み合わせた情報をもとにサンダーバード当時の今井科学のプラモデル制作過程について考えてみました。
ただし限られた情報から想像している部分も多く含まれていて、確定した事実ではないことをあらかじめご理解下さい。




1.商品企画が出されるとまず「案図」という図面が作成される。
 案図の形式には決まりがなかったようで、キャラクターのおおまかなサイズのみ指定したラフなものからきちんと製図されたものまでさまざまだったという。

2,案図をもとに試作品を作る。材質としてホウの木が使用されるためこれを「木型」と呼ぶ。
 商品の具体的なプロポーションや内臓ギミックはこの段階で木型制作者が決め込むことになり、電動ギミックなども基本的に商品状態と同じものが仕込まれる。パーツ分割もある程度考慮される。
 ギミックを仕込む前の外形部分については諸星木型制作所などに外注する場合もある。
 また外形が得意な者とギミックが得意な者が協力するなど複数の木型担当者が関わる場合もある。

3,木型が完成すると発売の可否が検討される。
 この時点で問題があれば修正したり、企画がボツになる場合もある。
 例えばサンダーバード1号は空気圧でロケットのように発射するギミックで木型が作られたが、破損の可能性が問題となり電動走行に企画変更されている。

4,発売が決定すると木型をもとに設計図面を描く。
 この時点でプロポーションやギミックは図面担当者があらためて決め込むことになり、木型とはやや異なるものになる場合も多いと思われる。
 最終的な商品の形状はこの設計図面に忠実なものになる。

5,設計図面をもとに「マスター木型」を作成する。
 この木型は図面を忠実に立体化したもので、当初の木型とはまったく性質の異なるもの。
 マスター木型ではギミックなどは再現しないと思われる。

6,マスター木型をパーツ単位に分割し、デブゴンというアルミ粉入りの樹脂で型取りしてメス型を作る。
 この樹脂は金属のように硬化する。

7,立体彫刻機でメス型の表面をなぞる(ならう)ことで金型に形状を写し取る。
 これでメスの金型(パーツの表面を形成する)が出来る。

8,メス金型に合わせて、パーツ裏面を形成するオス金型を作成する。
 オス・メス一対の金型の隙間にプラスチックを流し込むことでプラパーツが成型される。

9,テストショットと調整を繰り返して製品化され、量産へ。
 フィギュアの顔など微妙な部分の金型調整は金型業者とは別に「彫刻屋」と呼ばれる専門業者が担当したという。


サンダーバード当時のプラモデルの制作過程はおおむね以上のようなものだったのではないかと思われます。
特撮秘宝の江澤清嗣氏が担当した原型とは2の段階の木型だったようです。
また木型やマスター木型は本来の用途とは別に見本市での展示や広報用写真などに使う目的で複数作られる場合もあったようです。

このような制作過程は今井科学倒産後はバンダイ模型にも引き継がれ、1980年代にデジタル技術が導入されるまで基本的に踏襲されていたようです。



これはロマンアルバム機動戦士ガンダム(徳間書店1980)掲載のガンプラ予告広告。
ガンダムは700円サイズ、ザクとムサイは300円サイズと思われる試作品が掲載されており、これらは上記2の段階の木型と思われます。
ザクはこの時点では足首が可動しているようにも見えます。



こちらは1998年ころのキャラ通(文化産業新聞社)に掲載されたガードマシン(ダンガードA)の写真。
2の段階の木型と製品では細部形状が微妙に異なっているのがわかります。




プラモデルの制作過程を以上のように考えても、いろいろとわからない部分が残ります。
例えば同一形状のパーツが複数個あるような場合です。


具体的にはタイヤのホイールのようにひとつのキット内で複数の同一パーツが必要な場合や、廉価キットなどで当初からひとつの金型に複数セット分のパーツを彫刻する場合、あるいは同一形状のパーツを複数の商品の別ランナーで共有する場合などです。

上記の制作過程で考えれば、このようなケースでは6で作った樹脂製のメス型を複数回なぞることで同一パーツの金型を複数彫刻できそうに思えます。
ところがサンダーバードプラモデル大全に掲載されている写真では、タイヤなども必要な個数のマスター木型が制作されていたようです。
これは樹脂製のメス型は複数回の使用には耐えられないことを意味しているのでしょうか。

そうだとすると立体彫刻機でなぞるための原型がその都度必要になるわけで、複数個のマスター木型を制作しておかなくてはなりません。
あとから追加的にそうした必要が生じた場合(例えば予想外の売れ行きで増し型を作る際など)には、成型したプラ部品をマスター木型の代用にして樹脂で型取りし、立体彫刻機でなぞっていたようです。





上の画像はモデルボーグのグレートマジンガーとゲッター1ですが、それぞれゴールドとメタリックブルーで塗装されたパーツは同一形状になっています。
このようにまったく異なるランナーに同一パーツが配置されている場合には、開発が同時期であればあらかじめふたつのマスター木型を作成していたと思われます。
開発時期にずれがあれば、この場合には先行のグレートのプラ成型パーツをマスター木型の代用にしてゲッター1の金型が彫刻されたものと考えられます。

あるいはこのころには、樹脂などによるマスター木型の複製も可能になっていたでしょうか。
それとも金型がひとつのカタマリではなくいくつかに分割されていて必要な部分を入れ替えるなどして対応していた可能性もある?



こちらはパズルモシリーズのライディーン(向かって左)とゴッドバードのパーツ比較。
白いランナーは共用されているように見えますが、丸で示した部分のパーツ配置だけが異なっています。
パーツの形状自体はまったく同じなので不思議に思っていましたが、立体彫刻機でなぞる対象の形状は同じでも金型が別ならばこのようなことも起こりうるのだと思われます。

この場合、ライディーンとゴッドバード両方のパーツが付いた状態で成型して不要部分をカットしているのではなく、当初から別の金型での生産が予定されていたと考えた方がいいようです。




他にもいろいろとわからないことがあります。

パーツ分割はどの時点で確定されるのか、関節やギミック部など外形に表れない部分のパーツ形状は設計段階で決めるのか、パーツすべてに詳細な図面(四面図とか六面図とか?)が作成されるのか、だとすればそれらはすべて一人の設計者が描くのか、ランナー内でのパーツ配置の決め方はどうなのか、などなど…


今回は少ない資料をもとに金型作成について考えてみましたが、もともと工学系の知識に乏しいのでどの程度実情に合致しているのかはわかりません。

より詳しい知識や資料をお持ちの方はご指摘いただけると幸いです。


スポンサーサイト



[ 2015/12/27 18:32 ] 暫定 | TB(0) | CM(1)

No title

よく考えたら、モデルボーグの例や増し型のように事後的に金型の複製が必要になった場合は、すでにある金型自体を立体彫刻機でなぞるという方法もあるのかもしれません。

プラモの生産ついて詳述した書籍はありそうな気がするのですが、なにかないでしょうかね~
[ 2015/12/28 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/225-0af305b5