1976年11月ころのオモチャ売り場

1976年11月ころのオモチャ売り場


玩具商報1977年1月号(商報社)より、当時の男児向けキャラクター玩具売り場の写真を取り上げてみます。


まずはこちらの1枚。
ポピニカ・超合金専用什器とジャンボマシンダーが並んでいます。
左の「募集 男子社員」という貼り紙がちょっと気になります(^^



上部を詳しく見てみると…

 1.ジャンボマシンダーデラックスガイキング
 2.     同上    デラックス超大型大空魔竜
 3.     同上    デラックスコンバトラーV
 4・メカロボ・ガイキング(胸部ははずされているようです)
 5.メカロボ・コンバトラーV
 6.タケミのトライアルマシン・ボスパルダー

超大型大空魔竜の箱はすごい迫力です。



什器の中にはゴレンジャー、ライディーン、コンバトラー、キョーダイン、ロボコン、忍者キャプターなどがあるようです。
導入初期のせいか、きちんとポピー製品だけになっているようですね。




こちらは別の店舗の合金玩具売り場。これだけの合金人形が並ぶと壮観です。
特にミクロマン専用什器が目を引きますね。



詳しく見てみると…

 1.タイタンシリーズカートン箱×3
 2.スパイマジシャンカートン箱
 3.アクロイヤー2の箱?
 4.スーパーミクロマンハンドバズーカ 向かって左はタイタン?
 5.    同上    ダッシュウイング
 6.ドーベルマシン?
 7.M11X~12Xタイプ?
 8.アクロイヤー?
 9.ミクロロボットマン
 10.スパイマジシャンシリーズ

ミクロマンはすべて「ハイ!たっち」スタンドで立っているようです。
最上段の真ん中はアクロイヤー2のようにも見えますがよくわかりません。



                  1.ミクロマンメカドンとカートン箱
                  2・ダイカストロボダッチPOP
                  3.ダイカストロボZ 向かって右は野球ロボ?



こちらには超合金が並んでいます。

 1.忍者キャプターシリーズ
 2.大空魔竜(スタンダード)
 3.ガイキング(スタンダード)
 4.ゴレンジャーシリーズ
 5.ガンツ先生
 6・コンバトラーV(スタンダード)
 7.ポピニカスペイザー
 8.デラックス超合金グレンダイザーのスペイザー

中段あたりはロボコンシリーズぽいですがよくわかりません。



 1.ロボガキ  左にあるのはロボパーとロボピョン?
 2.ロボプー 左はロボクイ?
 3.ロボメロ
 4.ロボピン
 5.ポピニカ基地シリーズ? 左の方にムトロポリスらしいのが見えます
 6.ロボカー 
 7.バリドリーン 
 8.バリタンク
 9.グリーンマシーン
 10.レッドマシーン
 11.ブルーマシーン
 
その他は画質の限界でよくわかりません…
棚の下に置かれた箱はトミーのパックマン(当時流行の貯金箱)ですね(^^



こちらはダイカストロボダッチの棚の下の段ですが、不明部分が多いです…

 1・マグネモ8ゴーダム?
 2.ジンクロンアポロンヘッダー
 3.ジンクロンアポロン基地
 4.ジンクロンスタンダードダイアポロン



最下段はタカトクZ合金シリーズ。

 1.ドタバッタン
 2.ダンゴロン 左にあるのはヤゴマリンとヘリボタル?
 3.ガブラ
 4.イビル
 5.ザビタン
 6.ビビューンカー




こうした写真を鮮明なカラーで見てみたいものですが、どこかで見られないものでしょうか?
資料などご存知の方はご教示いただけると幸いです。

スポンサーサイト



[ 2015/11/08 22:05 ] 暫定 | TB(0) | CM(20)

No title

ミクロマン什器…♥。

各メーカー毎にキチッとセグメントされて、大半が中身を出して展示されている。。
なんとも夢のようなお店ですね☺
[ 2015/11/09 05:04 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。今回も貴重な写真をありがとうございます。出来ればタイムスリップして就職したいですね。
[ 2015/11/10 01:26 ] [ 編集 ]

No title

> ごんちゃっく様
当時住んでいた地方都市ではこんなに大規模で見事な売り場風景は見たことなかったです~
ポピーの什器にはマグネモ、ウルトラ合金、ビッガー合金がもれなく入ってたし(^^
[ 2015/11/10 01:51 ] [ 編集 ]

No title

> can*a*koda*a様
就職したいですよね~
どう考えても、毎日が天国♪ですから……(^^
[ 2015/11/10 01:54 ] [ 編集 ]

No title

ポピーガイド’76にはかなり鮮明なカラー写真で当時の売り場が掲載されていますが、当然のようにポピー商品ばかりの有様です(笑)
売り場にスカイゼルとダダ星ロボ兵が来ていたりと面白い写真もあります。
また、売り場とは違いますが超合金ポピニカ専用什器の写真は過去作も入れられており(ゼロテスター各機、サイドマシン、ダブルマシーン、マジンガーZ3期等)圧巻です。
76年だとサイドマシン、マッハロッド、ライジン号等は確実に再版されていますので、この什器をそれで満たせとばかりの無言の圧力を感じますね。
マジンガーZも76年だとフジテレビで再放送されており、それに合わせたと思われる再版もありました。
[ 2015/11/10 12:58 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、ルチャ・ティグレと申します。
私も「時空遺産~わが青春のノスタルジア~」と言う
昭和テレビまんがを懐かしむブログをやっています。

「ポピニカ・超合金専用什器」懐かしいです!
当時、これに飾られている超合金を見ているだけでも幸せでした。
トミカの専用什器なんかも堪りませんでしたね。
[ 2015/11/10 23:33 ] [ 編集 ]

No title

> kr9*2*様
ポピーの年次カタログはずっとあこがれていますがなかなか手が届かないです…

マッハロッドやマジンガーZのデッドストックには76年のミニカタログ同梱品を時々目にしますが、やはり再販があったのですね。
以前、知人が「ポピニカ」ロゴが印刷された箱のサイドマシーンを見つけたことがあったけど、あれもその時期のものだったのでしょうね。
[ 2015/11/11 07:27 ] [ 編集 ]

No title

> TIGER MAX様
書き込みありがとうございます。
専用什器は当時の児童には強烈に刷り込まれた、特別な存在ですね。
[ 2015/11/11 07:36 ] [ 編集 ]

No title

マジンガーZは版権証紙が長靴をはいた猫のものがまずそのころの再版ですね。僕は昭和51年のGW時期に新宿の小田急百貨店で購入しました。但し、「GA-01」品番が加刷されていたかは失念しました。確かライジン号も売り場にあった記憶も。「イナズマンF」がNETで再放送されていた時期でもありました。
「超人バロム・1」は関東地方での再放送は少ないですが、キー局だったよみうりテレビでは何度も再放送されていたようですので、関西地方での需要を見込んだんでしょうかねえ?
ポピニカ表記は印刷ではなくシールですね。マッハロッドとサイドマシンのみに確認されています。ただし、時期的には昭和49年頃と思われます。昭和51年版にはそのような措置はありません。
僕はそのマッハロッドを所有していますが、箱の価格表示部分と思しき「№950」を隠すように貼られています。思うに、オイルショック時期の値上げの措置だったのでは?箱の資材に在庫があったのでしょうね。
サイクロン号やホバーパイルダーには同様の措置が取られていないのが謎でしたが、現物を見てみるとこれが真相だと思います。
[ 2015/11/11 12:08 ] [ 編集 ]

No title

詳しい情報ありがとうございます。
知人のサイドマシーンの箱はポピニカロゴが「あたかもシールが貼られたように」印刷されていたんですよ。
印刷精度や紙質を見るとコピーとは思えませんでした。

とはいえ20代のころの話なので、100パーセント確実な情報とは保証できないですけどね。
(^^
[ 2015/11/11 13:41 ] [ 編集 ]

No title

私はこの時期のポピニカ超合金は、需要のある無しではなくキャラクターミニカーとしてのブランドの確立を図り、コレクション性をアピールするための再販と考えています(永大のような)。封入されたミニカタログを見ても「あつめようポピニカ超合金、君はいくつもってるかな」てな感じで…。
確かこの時期に名作シリーズなんて奇怪な企画が生まれたと思います。
[ 2015/11/11 17:36 ] [ 編集 ]

No title

古い製品も継続的に再販してラインナップを維持・拡充し、ブランドの確立を目指す……という動きは確かにあったと思います。
その際、再販品のセレクトには再放送や売り上げ実績は考慮されていたでしょうね。

この頃の玩具業界誌には、ポピー関係者のインタビューなどで

・作品の放送が終わっても市中在庫がある限りCM放映を続ける
・当社の製品は売り時を逃すと不良在庫になってしまうようなものではないと自負している

といった発言があります。
マルサンと今井科学の倒産以来、キャラクター玩具は業界内で「危険な水もの商売」と思われていたようで、その分野の専業であるポピーとしては継続性や安定商品化が重要な目標だったと思われます。
[ 2015/11/11 22:55 ] [ 編集 ]

No title

(つづき)
超合金やジャンボマシンダーの大ヒットを一過性のもので終わらせることなく維持・拡大していくための方策として、再販によるラインナップ維持やブランド化が目指されていたのではないでしょうか。

名作シリーズは「放送期間に関係なく売れ続けるキャラクター」の証明としてアトムや鉄人を、「キャラクター作品でなくても超合金は売れる」ことの証明として昔話の主人公を製品化したように思えます。

超合金(=ポピー製品)は流行に左右される危険な商材ではない、ということを業界内に示すことを目的としていたのではないかと。
(当時のユーザーたる児童には「なんだこりゃ?」と思われてもそれは二の次だったのでしょう)

初期のブルマァクも広告でさかんに「怪獣人形は立派な安定商品」とPRしていましたが、両社のたどった経過を考えると、キャラクター専業で業界の覇者になったポピーの独自性と凄さがあらためて実感されます。
[ 2015/11/11 23:01 ] [ 編集 ]

No title

う~ん…シールを貼ったように見える印刷というのは不思議ですね。
DX超合金ライディーンが2期→3期で「ゴッドバードにチェンジ!」の文言はシール→印刷ではありましたが、それと同様の措置なんでしょうか?
僕が所有するマッハロッドのポピニカレッテルは先ほど確認しましたが明らかにシールでした。
昭和51年版はサイドマシンと共に所有していますが、どちらにもポピニカという表記はありませんでした。また、PA-02、PA-03というそのころに与えられた品番も確認できません。コンピューター№はどちらにも記載されていました。
ミニミニサイドマシンはパッケージにも奇怪なバリエーションがあって面白いですよ。僕は最初期のNG版?と思しきものを所有していますが、ポピーロゴ及びSTマークが明らかに変なのです。STマークのみ上からシールで訂正した物を10年以上昔のヤフオクで見たことがあります。またピンク部分はよく知られる蛍光ピンクではないみたいです。褪色?と思い折り返し部分を見てもそんな感じではないんですね。グリーン部分は明らかに蛍光色ですが。
[ 2015/11/12 23:43 ] [ 編集 ]

No title

シールの件はライディーンの例が近いです。
パッと見て「あ、ミニミニの箱のかどにポピニカロゴをシールで貼ってある」と思って、じっくり見たらすべて印刷だったという感じですね。

最初期のNG版というのは未見です…、というか何個持ってるんでしょうか(^^;
[ 2015/11/14 23:34 ] [ 編集 ]

No title

NG版と言うのは僕が勝手に呼んでいるだけど、本来はどう呼称したらいいのか微妙な代物です。
実はポピニカサイクロン(昭和48年夏季発売のミニミニサイクロンのブリスターパック版)の裏面に写真が掲載されているんですよ。
小さい写真ですが、ポピーロゴにはっきりと違和感があります。
十中八九水野プロダクションが箱と本体を並べて撮影した物でしょう。ここから本体のみを切りぬいたものがミニカタログに掲載されているもので間違いないと思います。アングル、照明の反射などが一致しています故に。「THE超合金」にホンダCB750やシーマリン号のそれが掲載されています。
ミニミニサイドマシンはそのNG(仮)版、普及版、昭和51年版の3つを所有しています。
サイドマシンのバリエーションは「へえ~…」となるような物ばかりですね。最初期は黄色い成型色の上から更に黄色で包み塗装が施されています。マシンロボDXのVWビートルにも同様の措置があって「無駄なことするなあ」と呆れつつも感心します。
[ 2015/11/15 01:32 ] [ 編集 ]

No title

画像1及び3の超合金の回転ボードのキャラクターは?この頃ストロンガーのカブトローなどは売れ残ってなかったのですか?あとグロイザーXもなかったのですか?
[ 2015/12/27 19:05 ] [ 編集 ]

No title

画質の限界でよくわからないです(^^
[ 2015/12/27 22:30 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは、
この回転式ガラスケース「ゴレンジャー、ガイキング、ロボコンの時期」は秋葉原のトイショップゴールデンエイジにあったと思います。多分今もあると思います。
私も以前玩具コレクションしていた時に千葉の某玩具店で80年頃「ドラえもん、デンジマン、ゴーディアン時期」ポピーのガラスケースを見つけ本気で譲ってもらおうか考えた事があります。
でも今思えば譲ってもらわなくて正解でした。大型物は処分、譲るにも大変困りますね😅
[ 2018/04/14 19:24 ] [ 編集 ]

No title

コレクションの処分、というか「決着のつけ方」は誰しも直面しますね。
私もどうスリム化するか検討しています…
[ 2018/04/15 11:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/221-8e2ff92f