初期のガンダムプラモデル

機動戦士ガンダム



画像は韓国生産版のガンダムプラモデル。
ガンプラブームの1981年、バンダイ模型が供給不足に対応するために一時的に国内流通させたものです。
当時は店頭で見たことはなく、入手はほとんどあきらめていたのですが、縁あってひょっこり手元にやってきました(嬉

元々は韓国メーカーによる無許可の複製品だったものをバンダイが差し押さえ、金型に手を加えて正規品にしたそうです。
現物のランナーを国内生産品と比較するランナー内のパーツ配置が一部異なっています。
また、特に1/144は成型状態がかなり悪いようです。V字アンテナは溶けかかったような状態でパーツ自体が細く小さくなってしまっていますし、脚の付け根のパーツには角度が付いておらずただの十字状になっていたりします。

組み立て図の日付は1/144が1981年5月、1/100は同年9月になっているので、無版権品を改造したのは1/144だけで1/100は当初からバンダイ模型の主導で韓国生産された可能性が考えられそうですが、詳細は不明です。



韓国版といっしょに通常の1/144ガンダムも入手したのですが、こちらは組み立て図と塗装図が別紙の初期タイプでした(ただしサーベルは4本に改修済み)。
1/100の初期タイプ(十字マークがデカール版)はすでに所有しているので、とりあえずガンダムの初期プラモが手元にそろいました。
サーベル2本の1/144最初期版は気長に機会を待とうと思います…



ほかに1/144ガンダムのバリエーションには、塗装済み状態で1988年に発売されたフルカラーモデル(FCM)と、翌89年に箱変えしてシリアルナンバーを加えたガンダム10周年記念版FCMがあります。
これらのFCMは中国生産になっており、上掲の国内版1/144とは別の金型が使用されているようです。



みんなのガンプラ(アスキー・メディアワークス2010)での大下聡氏のインタビューで、1/144ガンダムには3つの増し型があったと述べられています。
また同書の松本悟氏のインタビューではFCM企画時にタイの協力工場を使う予定があったことが語られており、実際にタイ生産版の1/144ガンダムの存在はウェブで確認できます。

こうしたことから、1/144ガンダムの金型はオリジナル1、増し型3、韓国版1、の計5つが存在していたと考えられます(韓国版が増し型に含まれるなら計4つ)。
そのうちひとつはタイへ、ひとつは中国へ運ばれて現地生産に使われたのでしょう。
韓国版はあくまで急場しのぎとすれば、現在国内にはオリジナル含め1~2セットのみが存在しているということになりそうです。
初期ガンプラについては深いマニアの方も多いようなので、より詳しい情報などありましたらご教示いただけたらと思います。



当時のガンプラでほかに気になるものには、すでに絶版の1/250イロプラがあります。

で……


これらを積んでみました(^^

韓国版1/144はベストメカコレナンバーが04になっていますね。
FCMでもガンダムがナンバー4なのはベストメカコレに合わせたのでしょうか?


スポンサーサイト



[ 2015/10/25 22:55 ] 暫定 | TB(0) | CM(19)

No title

最後の積み画像が、夢のようですね😁。

自分は1/250イロプラが大好きで、シリーズ全部作りました。
例によっての、成形色&小さいのスキーなのですが、
あれもまた、ハズルモの血脈 なんて気はしませんか…?
[ 2015/10/27 08:30 ] [ 編集 ]

No title

韓国生産版のうち、1/144は当時組みました。
同級生との会話でパッケの話になって、背景は砂漠か?火星なのか?と話をした記憶があります。
肝心のプラモは、どうなったのか憶えていません(苦笑

1/100のほうは、模型店で見掛けました。
『パッケを変えて販売を始めたのかなぁ~』と思ったら、以前の物も流通しているので『え??』と感じました。

1/144のほうは、地元だと夏~秋の時期に流通していた記憶があって、1/100のほうは1回だけしか見ませんでした。
[ 2015/10/27 20:14 ] [ 編集 ]

No title

> ごんちゃっく様
パズルモやジョイントモデル、またアオシマ合体マシンなどが指向した「カラフルな多色成型」の帰結がイロプラとシステムインジェクションだと認識しています。
直系の子孫ですね。

ほかには、短命に終わったマイクロガンダムなんかも好きですね~
[ 2015/10/28 00:09 ] [ 編集 ]

No title

> メロウリンク様
具体的な情報ありがとうございます!
ブームの最中でも、韓国版の流通は意外に短期間だったのでしょうか。
謎ですね…

144の箱絵は2枚目のサントラジャケット(安彦画)の部分流用ぽい雰囲気ですが、確認してみたら違うようです。
[ 2015/10/28 00:16 ] [ 編集 ]

No title

韓国版はまさにブームが本物になった時期に流通しましたね。私も1/144は「箱変え?」と思ってしまいました。
組み立てと塗装説明図が一緒になったのはシャア専用ムサイ艦からだったように思います。81年3月の話ですね。
81年度のブーム加熱で、新製品など殆ど入手できなくなり、おおいにクサッたのも今思えば微笑ましいですね(笑)
それ以前は○○は○月発売だった等はっきり記憶してるんですが、81年度に関しては全然ピンとこないのです・・・
FCMは発売当時のコミックボンボンによるとシャア専用と量産型ザクも予定されていたみたいです。これらも増し型があったのでしょうか?
またシリアルナンバー版にはリックドムとGMが外されているのも気になります。
イロプラは83年当時の他社(ニチモのピタバンや日東の1/144ダグラムなど)の動向も意識した感じですね。
83年度のバンダイ模型はモーターライズの復活(ダイナロボ、マグナビートル)やベストメカコレクションの終了等、かなり語れる部分があり楽しそうです。
[ 2015/11/03 00:57 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして!
横からすみません、初期ガンプラは奥が深いですよねwww
私のところの古い記事ですが、1/144にはこんなガンプラもあります。
よろしければ笑いながらどうぞ。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ossan_skyline_gt_r32/56112236.html
[ 2015/11/03 23:17 ] [ 編集 ]

No title

> kr9*2*様
ザクの増し型はあったっぽいですよね~
FCMはガンダムとガンキャノンしか手元にないので、すべてが海外生産だったかどうか未確認です。

電動ダイナロボは……好きですが、なにをトチ狂ったのかと思いました(^^;
[ 2015/11/04 02:07 ] [ 編集 ]

No title

> oss*n_*kyli*e_*t_r*2様
書き込みありがとうございます。
オリジナルの韓国版、初めて見ました!
存在は予想しながら実物を見る機会がなかったので、ある種の感動を覚えましたよ
(^^
貴重な情報に感謝いたします!
[ 2015/11/04 02:20 ] [ 編集 ]

No title

模型情報88年7月号(MJにリニューアルされた号)を発掘してガンプラ全出荷数表を見たところ韓国版は1/144が28万、1/100が5万だそうです。1/144は複数回出荷されてるみたいですね。
この表はかなり興味深く、1/20キャラクターコレクションは2種類がひとつの金型だっのでは?と推測できます。アムロとシャア、セイラとマチルダの出荷数が同一でしたので。
[ 2016/01/09 17:48 ] [ 編集 ]

No title

それは興味深いですね。
韓国生産版を独立してデータ集計しているとは予想外でした。
タイ版や中国版もデータがあるのでしょうか?

キャラコレのような低価格プラモはひとつの金型に2種類とか、同じ製品を複数とかの生産形態が多かったようですね。

模型情報はMJになったころには読まなくなっていました。
貴重な情報ありがとうです(^^
[ 2016/01/10 11:29 ] [ 編集 ]

No title

FCM新発売時期なので中国版は無いですね。タイ版はガンダムF91公開の頃だった記憶があります。
スーパー戦隊のDX超合金はこのあたりからタイ生産が出てきたようです。
自分の所持しているものは違いますが、一説によるとDXブラザーコンビネーションのファイブロボにタイ生産があるらしいです。
ガンダムΖΖシリーズの86年までのデータですが、キットの発売時期も気になる点があります。ガズR/L、リゲルグ、ドーベンウルフ等は番組登場よりもずっと早く発売されていたんですね。
[ 2016/01/11 19:14 ] [ 編集 ]

No title

なるほど、タイ生産はかなり遅かったのですね。
ダブルゼータはほとんど見ていなかったのでプラモについても記憶がないです…

でもなぜかデラックスZZは買ったんだよな~
[ 2016/01/11 22:56 ] [ 編集 ]

No title

DXガンダムΖΖは放送当時ポピー(玩具部)が発売した唯一の商品ですね。Ζの頃はかなり商品展開に力を入れていたようですけど、この非情とも思える現実も玩具マニアには面白いんですよね。
ポピーのΖ商品は未発売も多く、実態がよくわかりません。モビルZ800のΖガンダムとか本当に発売されてたのか疑問ですが、86バンダイフェアの価格表には掲載されているんですよね。
[ 2016/01/18 23:20 ] [ 編集 ]

No title

ホビージャパン86年1月号でゼータ玩具を集めた企画がありますが、モビルZ800はないですね。

デラックスZZはかなりオモチャっぽいつくりで、当時ちょっとがっかりしました。
リアルさはないのに、かつてのDX超合金のようなはなやかさもなくてプラデラみたいな印象で…
ハイメタル・エルガイムなんかとはずいぶん変わってしまったなぁ、という感じでした。
[ 2016/01/18 23:48 ] [ 編集 ]

No title

後部が省略されてるネオコアファイターは壮絶でしたね。変形はΖと比較してカッチリとしてるのは低年齢向けとしては正しいと思いますが。
ΖΖはGアーマーがモチーフと小林誠氏も明言してますが、初代への原点回帰という観点で見ると新しい発見があり面白いです。
「女スパイ潜入」のリメイクのようなエピソードもあったり、逆に初代の時に見送られたサイド3(ジオン本国)進攻があったり。
Ζの商品展開はホビー事業部よりもポピーの方が先に発売されていたのも面白いですね。
個人的には未発売のプラデラリックディアスとハイザック(1/100スケール)の試作品があったのなら見てみたいです。
予価¥2.980とかなり高額で、この時期の星銃士ビスマルクや兄弟拳バイクロッサー同様の高級品としてのプラデラを模索していたと想像されますが…
[ 2016/01/19 01:25 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは

私もガンプラを長らく収集しています。自分の手元にあった、旧バンダイロゴでない1/100ガンダムを見た所、タイ製でした。1/144だけだと思っていたのですが、1/100もあるみたいです。

加えて、オークションで旧バンダイロゴの1/144のタイ製が出品されていましたが、それについては手元になく未確認です。
[ 2016/11/14 01:04 ] [ 編集 ]

No title

情報ありがとうございます、1/100ガンダムのタイ生産版は初めて知りました。
ブーム時には1/100もすごい売れ行きだったから、増し型の存在もありそうで、そのひとつがタイに渡ったのかも?

このあたりの生産事情は公式な資料を公開してほしいですね~
[ 2016/11/14 11:19 ] [ 編集 ]

No title

初めまして、こんにちは。
ガンダムではないので申し訳ないのですが、
量産型ザクでそのような物を当時見た記憶があります。
①デザインの違う箱入り。
②ビニール袋入り
③ガシャポンの大当たり景品用
いずれも同じもので、説明書の印刷が安っぽくて、
キット自体の合いも悪く、マシンガンの棒が
ブーメランみたいな形で左手で持てませんでした。
[ 2017/09/08 17:43 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、書き込みありがとうございます。
300円の量産ザクは、無版権ガチャで知られるコスモスがニセモノを作っていたらしいですね。
私はウワサレベルでしか知らないので、本物を見てみたいです(^^
[ 2017/09/08 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/219-4c125466