ビッグブラック

つなぎ更新です。



タカラが1974年に発売したアンドロイドAシリーズ。
発売3年目を迎えて人気が低下していた変身サイボーグ1号をリニューアルするようなかたちで登場し、胸部開閉と頭・手足・内臓メカの脱着・交換を特徴としています。
画像中央がアンドロイドA、向かって左はアンドロイドA超人、右はアンドロイドAロボットです。

黒いヒーローというのは当時としては異色でしたが、スモークブラックとシルバーメッキの組み合わせを活かしたデザインはじつにカッコイイです。
特に超人はポイントにエメラルドグリーンが加えられていて、個人的に大好きなキャラクターです。
一方ロボットは有機的なボディと無機質な頭部・手足がアンバランスですが、『でもそこがいい!』と思っています。

このころのタカラはフォルムのおもしろさよりリアルなディテールによるメカニック感を重視していたようで、同様な印象はミクロマンのタイタンやタイマニックにも感じられます。




アンドロイドAにはA3サイズを折りたたんだリーフレットが付属しており、各キャラクターのさまざまな設定が掲載されています。そこに書かれたアンドロイドAのキャッチコピーは電子の輝きビッグブラック
およそ小学生向け玩具とは思えないクールさにしびれます。


なお、画像のリーフレットは発売当時にタカラから郵送されてきたものです(内容は商品付属のものとまったく同じ)。
前年にサイクロンマークを10枚集めてタカラに送っていたので、その住所を元に送られてきたようです。
ただし当時はゲッターロボのプラモデルや超合金を最優先にしていたのでアンドロイドAの購入には到らず、リーフレットをながめて「欲しいな~」と思うばかりでした。
これ以前にサイボーグジャガー新発売時にもタカラから告知絵ハガキが送られてきましたが、そちらは残念ながら現存していません。

ちなみにサイクロンマーク10枚でもらった変身セットはレインボーマンでした。
ウルトラでもライダーでもなく、サンダーマスクやキカイダーでもなく、なぜよりによってレインボーマン?とちょっと不満だったのを憶えています(^^;




アンドロイドAの人気はいまひとつだったようで、商品展開は上述の3キャラクターのみで終了しています。

成人後にデッドストックを入手して初めて現物を手にしましたが、各キャラクターで部品の交換が出来る以外は特にギミックのない大きめの可動人形にすぎず、遊び甲斐や拡張性に欠ける印象を受けました。
サイボーグの売りのひとつだったテレビヒーローへの変身がなくなったのも魅力を低下させていたと思います。



翌年には敵キャラクターとして宇宙人3種とその円盤などが発売されましたが、商品サイズが異なるので戦わせて遊ぶには違和感があり、有機的なつながりは生まれませんでした。


このころはロケットパンチに代表されるギミックを持つジャンボマシンダーや超合金、5ミリジョイントによって互換性と拡張性のカタマリというべきミクロマンなどが人気を集めていました。
見た目はかっこよくてもさしたるギミックのないアンドロイドAが短命に終わったのは無理からぬことだったかもしれません。

のちにタカラは「見た目はかっこよくてもさしたるギミックがなく遊び甲斐が薄い」という失敗をタイマニックでも繰り返すことになりますが、当ブログとしてはタイマニックも好きなのでいずれ取り上げたいと考えています。


スポンサーサイト



[ 2015/08/02 23:10 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(2)

No title

自分は正調のサイボーグ&ミクロマンで遊んでいたので、
当時アンドロイドのシリーズは(仄かに知ってたけど)とても印象が薄かったです。
タイマニックも、タイタン2やサイボークとイメージが被って、遊びに加える意義が見えなかったんですよね…。
フードマンみたいに、ムリヤリにでもミクロマンのシリーズにしてくれたら、買ったかもしれないのに😁。

※「好調なシリーズとイメージが被る新シリーズをあえて始める」、どうにも不思議なのですが、
タカラ的にはリカとジェニー位のセグメント化ができる腹積もりだったんでしょうかね…?

>サイクロンマーク10枚
ウチは「ライダーX(STD)」だったかも。既に購入済みだったので、「どうせならDXをくれたらよかったのに」と言ってたような思い出が、今すごーく久々に蘇りました…❗
[ 2015/08/03 21:15 ] [ 編集 ]

No title

Xライダーをもらえたとはうらやましいです、嫉妬の炎がメラメラです(^^

商売の拡大は常に追及されるべきものですから、新シリーズの模索は必要だったのでしょうね。
僕はむしろフードマンがいろいろ不可解なのです。
手首が固定で可動性が退化しているし、顔を肌色にしたためにクールさが無くなってしまうし、棒切れのようなキットマシーンをいきなり10種類も発売しているし…
どうにも狙いどころが理解できないんですよね~

手首の可動はゴワッパー5では出来ているのだから技術的には可能だったはずなのに……わからないです(- -
[ 2015/08/03 23:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/212-e88a9b5b