海を越えて

つなぎ更新です。
 
欲しい玩具が手の届かないレベルになってしまった場合、相対的に入手の容易な海外版で妥協することがあります。
箱やシール、説明書などが異なるのは残念ですが、現物を手にできる喜びはやはり大きいものです。
今回はそんな海外版玩具をいくつか取り上げてみます。
 


マイクロノーツ版のロボットマンとタワー基地M-115。
ロボットマンはタカラによる再版など考えられなかったころに新品で入手しました。金型や材質が国内版とは異なるらしく、ひざのはめ込み部分が不安定で部品精度はいまひとつ。
タワー基地は安全対策でミサイル形状が変えられているのが残念です。
 

 

 
箱のデザインはタカラとはまったく異なるセンスですが、写真はなかなかかっこいいです。
エアフィックス製のロボットマンはビクトリー計画のためのアダプターパーツも同梱されています。
タワー基地はメゴ製。生産地はどちらも香港のようです。
 


こちらは超スーパーカーガッタイガーの合金玩具、5台のうち3台が海外版です。
 
 

センターマシーンとアップマシーンはタカトクの国内版。
 

ライトマシーン、レフトマシーン、エンドマシーンが海外版。
シールのデザインと一部塗装が異なりますが、全体の雰囲気は国内版とイメージを合わせてあります。
部品精度も良好で、タカトクの金型がそのまま使用されているように思えます。
 
 

この海外版は10年ほど前に入手したものです。
 

ロゴデザインなどの雰囲気から、生産時期はさほど古くはなく90年代後半くらいのように思えますが詳細は不明。
スペイン語のような文字が書かれており、生産地は台湾です。
 
 

というわけで、コンビネーション・ゴー!
 

国内版と海外版の混成でも問題なく合体できます。
 

 

この怪物的で迫力あるデザインには不思議な魅力を感じます。
タカトクの大箱セットは放送当時にもあまり見かけなかったように記憶しています。
 


クローバーのDX戦甲変型合体ザブングルの海外版、アストロボット。これも台湾生産です。
箱写真にはクローバー版がそのまま使われているようです。
 
 

 

ミサイルとパンチの発射ギミックがオミットされていますが、金型自体はクローバー版を改修して使用している印象を受けます。シールにも一部変更あり。
 
 

ブングルスキッパーとブングルローバーに分離・変型。コクピットは開閉可能でシートのモールドもあります。
 

ザブングル・カーも再現可能。超合金魂も、やはりこれくらいのサイズで製品化してほしかったです。
 

 

最後は本家バンダイのゴダイキン版マシンドルフィン。
マシンマンは好きな作品なのですが、国内版のドルフィンはなかなか入手できないのでゴダイキンにしました。
メイドインジャパンでボールボーイのパーツも入っているので国内版とほぼ同仕様のようです。
 
 

マシンドルフィン形態。トリコロールカラーがきれいです。
 

ドルフィンジェットに変型。可動ギミックはスムーズで当時の国内生産の質の高さが感じられます。
 

そして本編未登場の第三の形態、ドルフィンロボ。
マシンマンを固定する金具はバネ仕掛けで開閉するという丁寧さです。
 
 

ドルフィン付属版と超合金マシンマンの比較。
サイズはほぼ同じですがプロポーションや可動部がまったく異なるので、超合金をドルフィンに収納するのは無理のようです。
 
 
スポンサーサイト



[ 2014/11/29 01:03 ] 暫定 | TB(0) | CM(12)

No title

このところ、「海外トイと言えばチープな謎メカ」みたいな変なイメージがついてるワタシですが
ちゃんとしたモノはちゃんとしてるんですね~(ソリャそうか)

ワタシ自身も、DX超合金のが買えなくて韓国版のゴライオンで我慢した事が有りますが
合金じゃなくて全てのパーツがプラに置き換わってました
左右の腕ライオンなんて頭部が共通部品の色だけかえたモンになってるし…

改造とかできて、むしろ望むところだ‼︎
とか考えもしましたが、結局そのまま放置です
[ 2014/11/29 07:11 ] [ 編集 ]

No title

全盛期のDX超合金はコピー品が出回ったようですが、今回取り上げているのは立体としては本物と思われるものです。

>そのまま放置
私もマイクロノーツの移動基地が白の単色成型だったので「国内仕様に塗装すれば…」と思いながら、そのままですね~
[ 2014/11/29 11:32 ] [ 編集 ]

No title

ガッタイガーはイタリア版を見たことがあります。じんプロダクションの証紙が貼られていて、サニーから再版されたダイアポロンのブルモデルと照らし合わせて「永和企業」とはじんプロダクションのことだったのかと納得しました。

GODAIKINは85年秋に逆輸入品として8種が一部の店頭(都内中心)に並びましたが、どれも微妙に値上げされていました。

ASTROBOTのパッケージデザインはトランスフォーマーの影響が大ですね(笑)

個人的には89年頃にイトーヨーカドーのみで出回ったと思われるメーカー不明のDXガンダム合体セット(クローバーの金型)もこういった海外向け商品を工場の倒産か廃業によってバイヤーから買い叩かれたものなのかもと思います。
[ 2014/11/29 15:36 ] [ 編集 ]

No title

ガッタイガー、イタリアで正式に販売されていたとすると、今回取り上げているものはイタリアでライセンス無しに再販されたものという可能性がありますね。

イトーヨーカドー版ガンダムは当時はまったく知りませんでした。
クローバーのガンダムは海外生産版は見たことがないので、金型が国内に残されていた確率は高そうですが…
[ 2014/11/29 22:24 ] [ 編集 ]

No title

ガッタイガー、玩具で見るとメチャカッコイイ…「陸のガッチャスパルタン」って感じですね。
ドルフィンも、変形システムが練られていて美しい…。いずれもキレイなアングルで魅せて頂き、ありがとうございます。

個人的な海外版の思い出は、父が海外出張のお土産で買って来てくれた「マイクロノーツ版のドラグタイガー」です。
マイクロノーツが何かも知らない子どもの時分だったので、何だかドキドキしたものです。
確かシャーシがダイキャスト製で、国内版と2台並べて遊んでました。(急に記憶が蘇りましたよ…ありがとうございます。。)
[ 2014/11/30 04:12 ] [ 編集 ]

No title

ヨーカドーガンダムに関しては89年のちょうど今頃に見たことを覚えています。
SDガンダムが大ブームだった時代でしたので、そんなに違和感はなかったですね。
パッケージはクローバー末期のリアルイラスト版の版下流用と思われます。
国内で製造されたものだとしたら、急速に円高が進んだ時期に倒産・廃業した工場があったのかもしれませんね。

GODAIKIN輸出仕様もプラザ合意直後くらいに見ましたので、為替変動の影響がありそうです。
GODAIKIN版DXポピニカ・ニュースーパーアベガは自壊してしまういう問題点が全く改善さておらず呆れたもんです。
[ 2014/11/30 12:02 ] [ 編集 ]

No title

> ごんちゃっく様
ガッタイガーやマシンドルフィンはデラックス合金として製品化されて初めて魅力がわかるという点で、本質的に玩具としてのデザインなのだと思います。

スタンダード合金やプラ玩具では良さが伝わらないし、そもそも映像作品のためのデザインとしてそれでいいのか?という問題はありそうですが(^^;
[ 2014/11/30 14:30 ] [ 編集 ]

No title

> kr9*2*様
ゴダイキンの国内流通は単純に再販としてワクワクしましたが、当時は買えずじまいでした。
分身合体だけでも買っておくんだったと後悔……(ーー
[ 2014/11/30 14:33 ] [ 編集 ]

No title

当時(85年秋)新宿の伊勢丹玩具売り場で置いていましたが、なぜかボルトインボックスは「非売品」となっておりました。売り場に置かれたモニターではトラッキングがズレまくった「超電磁マシーンボルテスⅤ」のビデオが流されていたにも関わらずに。
分身合体は前年春の永遠のヒーローシリーズでも再版されていましたので、評価の高い商品だったのかなと思います。
ガービンの膝部分が割れるという欠点は改良されていませんでしたが…
[ 2014/12/05 20:02 ] [ 編集 ]

No title

>ガービンの膝
素材の弾性や粘性に依拠した構造だと、製造時には問題なくても経時劣化は避けられないですね。
タイマニックの頭部なんて、まっすぐな状態で成型したプラをグイッと曲げて取り付けてますからね……(T T
[ 2014/12/06 11:17 ] [ 編集 ]

No title

ガービンは初期版だと首の可動にも問題があるんですよね。
妙に渋い感じで、後の版のようにカチッと決まらないというか…
あの青いプラが変色してると相当な高確率で折れます。

84年春の再版でも半数はGODAIKINで発売されていたものでしたので、
そのラインで製造されていますね。DXレオパルドンとか成型色や塗装で一目瞭然です。
当時はDXライディーン等から完全にあのポピーのロゴが消えたのが地味にショックでした…
[ 2014/12/06 17:23 ] [ 編集 ]

No title

>初期版に問題
当時としては最先端、未知の領域に挑戦していたのだから、製品化して初めて出てくる不具合と地味な改善での対応は不可避だったのでしょう。

例えばデラックスダンガードAなんかも、よく知られた顔と腰の造形変更のあとで、背中の白いパーツ(サテライザー時の固定用)を改善したりしてますしね~
[ 2014/12/07 12:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/184-c4971496