「大人買い」してみた

「大人買い」してみた
 
 

タカラのマグネモ・ゴワッパーマシンシリーズ、ゲソマシン。
画像の現物は駄菓子屋向けのくじ引きの景品だったものです。
 
 

こちらがくじ引きの景品全容。雑多な駄菓子屋玩具の中でゲソマシンが目玉になっています。
未使用状態で「大人買い」してみました。
 
 

これが外箱。DELUXE Toyと書かれた汎用品で、古めかしいレースカーのイラストから1960年代から使われていたもののようです。
 

側面にはこぐま印食玩という発売元表記があります。小物玩具の問屋さんでしょうか?
「\30・100付」なので1回30円のくじが100回、小売り3000円分のセットです。
 
 

手書きで書かれた正式な商品名は「No32 ゴワッパーファイブ当」。
 
 

 

くじ本体は青い裏紙をはがすと数字がでてくる形式です。
 

画像のように台紙状態では1から順番に印刷されており、切り離して使用します。
小売店では目玉になっている1番、2番などはあらかじめ抜いておき、すぐには当たりが出ないように調整しつつ販売していたのでしょう。
なかなか当たらない理由はこれだったのか……(^^
 
 

 

1番、2番で当たるのがゲソマシン。こうした景品は売れ残りの処分品などが使われるケースが多いようです。
ゴワッパー5ゴーダムは1976年12月までの放送だったので、このくじ引きは77年以降に販売されたものと思われます。
 

画像の個体はセット箱の中にセロファンで密封されていたため、新品のようにピカピカです。
一般的な中古状態のヘリマリンと比較してみると色調の差や紙質の違いが歴然。
保存状態でここまで違いが表れるのですね。
 
 

3~6番で当たる組み立てSL。接着不要の簡単なプラ玩具です。
 

メーカーは札幌市の古谷製菓。食玩専用商品のようです。
 

フーセンガムにはゴーカイジャイアント(タカトクの合金玩具ゴーカイザーシリーズ)と思われるロボットが描かれていて、なかなかカッコイイです。
ゴーカイザーの展開は1979~80年だったようなので、この商品はそのころ発売された確率が高そうです。 
 
 

同じ3~6番でもらえるジグソーパズル。組み立てSLとはバリューの差が大きすぎると思えますが、女児向けを意識していたのでしょうか。
子供向けなのでピースのサイズはかなり大きく、箱の絵柄とは必ずしも一致していないようです。
 
 

7~12番はミニセダン、Pヨーヨー、ひみつの箱のいずれか。
ミニセダンはコロガシのプラ製ミニカー、車種はわかりませんがロータスヨーロッパに見えなくもないような…
 

Pヨーヨーは小さめのヨーヨー。Pはプラを意味するのかもしれません。
 

そして秘密の箱。スリットがあるので貯金箱のようです。
 

開けてみるとなにやら紙に包まれたものが……ドキドキします。
 

出てきたのは普通のオートバイの玩具。紙で包んでいるのは演出上のハッタリだったようです……
 
 

13~16番は吹上パイプかエーアポン。
吹上パイプは見た通り、おなじみのアレです。
 

エーアポンは下部を握ると空気圧で上部が飛んでいく玩具で、これも当時はおなじみでした。
本来「エアーポン」なのでしょう。造形は当時のアイドルのようですが判別不能です(^^
 
 

そして17番以降の「ハズレ」が、こちらのふきごま。
机の上などの平らな面に置いて、上から息を吹きかけるとクルクル回ります。
 
 
以上のように、大人買いしたDELUXE Toyを堪能してみました。
でも当時の自分がこのくじ引きをやったとしても、やっぱりゲソマシン以外はいらないかな~

スポンサーサイト



[ 2014/11/17 11:20 ] 暫定 | TB(0) | CM(6)

No title

幼稚園の近くにあった駄菓子屋を、激しく思い出しました。
当たりは「てなもんや三度笠」のプラモだったのに、 なぜかちょっと欲しくなっちゃったりするのが、くじ引きの魔力です。。

*別件ですが、アメリカの商品なのですが、下記の「SPRUKIT」が なんだかパズルモの血統を感じました。(ご存知でしたかね)
http://sprukits.bandai.com/  
イロプラはこれまでもあったんですが、何というか
(米国人向けに)無理をしない設計で、 カンタンに組みバラシできそうな雰囲気が
成形色玩具スキーな自分の琴線に触れてしまいます。

作っているのが、それこそバンダイのホビー事業部ということもあって ご紹介させていただきました。

*これまた別件にてご連絡失礼します。
このたびワタクシも、ブログ開設などしてみました!
発表済作品のアーカイブ中心ですが、 たまには今作ってるネタの進捗日記などもできればと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/gontyack

覗いていただけますとうれしいです・・・!(相互リンクなど
[ 2014/11/17 16:49 ] [ 編集 ]

No title

「てなもんや三度笠」はミドリ製でしたっけ?幼児には渋すぎますね~


「SPRUKIT」は初めて知りました、情報ありがとうございます。
バンダイ模型の簡易組み立て可動フィギュアへの取り組みは、ジョイントモデルのころからスパイラルゾーン等を経て近年のMGキャラプラモまで断続的に続いている気がします。
このシリーズは難易度設定など色々工夫されてるみたいですね。
ダークナイト版バットマンは欲しいです。

そしてブログ開設ですか!
相互リンクはこちらからもぜひお願いします。
さっそく書き込みにうかがいます~
[ 2014/11/17 23:38 ] [ 編集 ]

No title

くじを丸ごと入手とはまさに大人買い!
しかし一等景品がゲソマシンとは渋過ぎます(笑)。

pazulumoさんのアイテム入手方法はネットオークション以外も利用されているのでしょうか。
いつも「何か独自のルートをお持ちなのでは?」と考えながら、記事を読んでいるんですよ。
[ 2014/11/18 14:36 ] [ 編集 ]

No title

以前は中野や神田に通ったりトイイベントに行ったりもしていましたね。
現在入手困難なものでも、十年くらい前にはさほどでもなかったというパターンも少なくないかもしれません。

それとブログ画像ではきれいに見えても実は箱無しとか、一部パーツ欠品とかも割と多いです。
別に特殊なルートはないですよ(^^
[ 2014/11/18 23:49 ] [ 編集 ]

No title

ガムはここにあるアストロメイトガムのようですね。
発売時期は全くの不明です。
http://www.sun-inet.or.jp/~kwk14484/shiga064.htm
[ 2014/11/19 10:52 ] [ 編集 ]

No title

まさに同じものです、面白い情報ありがとうございます。
頭部と胴体はゴーカイジャイアントに酷似しているので、素直に考えればゴーカイザーの展開以降の発売だと思います。
可能性としては、同じデザイナーがアストロメイトの方を先に描いたということもあり得るでしょうが、これ以上は謎ですね。
[ 2014/11/19 23:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/183-14be908e