ポピー1976

ポピー1976


仕事で知り合った同年代の方に「子供のころ何度かポピーに遊びに行った」という話を聞いたことがあります。
超合金のグレンダイザーなどが発売されていた時期だったらしいので、1976年ころのことだったようです。



その方は浅草生まれの浅草育ちでオモチャ好き、多様な趣味を持つ一方で仕事は一流というオモチャエリートとでもいうべき人でした。
小学生時代の一時期、友達数人と一緒に学校帰りにポピーに遊びに行っていたのだそうです。



当時のポピーは子供が気軽に入っていけるような開放的な雰囲気で、社員の方もとても親切だったそうです。
社内にあるオモチャで遊ぶことができ、時には製品について意見を聞かれたりもしたそうです。



ある日、時間のかかる本格的なアンケートに答えることになった時には「遅くなってご家族が心配するといけないから」とわざわざ自宅に電話で連絡を入れてくれたそうです。
オモチャで遊べる上にとても優しくしてもらったので、その方にとってポピーに遊びに行った体験はとても楽しいものとして記憶されているとのことでした。



また、不要になった見本品などを「欲しかったら持っていっていいよ」と言われたことがあったそうで、その中に超合金マジンガーZの頭部の試作らしきものがあったのを憶えているそうです。
ただしそれは、子供の目から見てもいかにも試作品という感じの出来の悪いものだったので、欲しいとは思わなかったそうです。
現在考えるとなんとももったいない話ですが、1976年ころは超合金の完成度が急上昇していたので、「こんなカッコ悪いのいらない」というのは当時の子供の正直な反応だったのでしょう。

上の画像はテレビマガジン1973年10月号に掲載された超合金の初期試作と思われるものですが、彼が見たのはこのようなものだったのかもしれません。



その後は興味がスーパーカーなどに移ったこともあって、ポピーには自然に足が向かなくなったそうです。

ポピーは1976年ころからバンダイ本社を上回る売り上げを記録するようになったようなので、彼が遊びに行っていたのはポピーが最初に迎えていた絶頂期のころに当たります。
ユーザー=子供を大事にし、その声を重視する姿勢が、そうした成長の一因になっていたようにも思えます。



それから数年後、高校生のころにふと思い立ってポピーを再訪してみたことがあったそうですが、雰囲気がすっかり変わっていて部外者が気軽に入れる感じではなく、外からながめることしかできなかったそうです。
そのころにはすでにバンダイグループに吸収されていたか、その直前くらいの時期だったと思われます。




実質的には現在のバンダイ内部に組織が継承されていても、関連会社が社名を復活させたりしても、やはりあの「ポピー」は二度と帰らない。
 
1970年代に少年期を過ごした者にとって、「ポピー」という名は特別な響きを持ちます。

スポンサーサイト



[ 2014/11/03 21:49 ] 暫定 | TB(0) | CM(8)

No title

イイ思い出話ですね。。
何の仕事でもそうですが、「最初に作った人たち」は全てを解っているので、素直で寛容な気持ちでユーザーに接する事ができるのでしょうね。

後を受け継いだ人達が頑張って、仕事を大きくできたとしても、「最初の仕事の美しさ」とはまた別物になるのは致し方ない、と思います。

…とりとめない話で失礼しました。
「顔面にしっかり照明の当たったコンバトラーの写真」、ありがとうございます。いつか参考に致します!
[ 2014/11/04 22:28 ] [ 編集 ]

No title

最近は短時間での記事作成が必須なので、室内灯のみの手抜き写真で申し訳ないです(^^;

コンバトラーは目が暗くつぶれてしまったのでフラッシュ使用で再撮しました~
[ 2014/11/05 09:45 ] [ 編集 ]

No title

いつも拝見しております。
1968年生まれなので懐かしいお話ですね。近くの夏祭りでマジンガーZ(3期)を初めて買って貰った事を思い出しました。
[ 2014/11/06 07:52 ] [ 編集 ]

No title

書き込みありがとうございます。

祭りの露店は仕入れ経路が独特なせいか、普段は見ないものがあったりしました。
4~5年前の古いプラモがあったりして「うわっ、欲しい!」と思っても、絶対当たらないクジの景品でどうにもならなかったり…(^^
[ 2014/11/06 22:28 ] [ 編集 ]

No title

88年のカタログに『玩具部(ポピー)』という表記を見たのが最後だったと思います。
昭和と共に終わったと考えると尚更感慨深いですね。

その年に再版された戦隊ロボの超合金にゴーグルロボまでの4体にはしっかりとあの赤い楕円のポピーマークがあったのは象徴的です。
[ 2014/11/09 11:44 ] [ 編集 ]

No title

ハイメタル・エルガイムとかデラックス・ゼータガンダムあたりですでに、事業部として名前は残っていても「ポピーっぽさ」は無くなりつつありましたね。
[ 2014/11/09 22:39 ] [ 編集 ]

No title

76年のポピーガイドにポピーサービスセンターにはいつも子供たちが集まるという表記がありました。写真もあってすごくいい雰囲気でしたね。
試作品の話は羨ましいです。もしかしたらポピニカトラック野郎の望郷一番星があったのかも?
[ 2014/11/10 11:40 ] [ 編集 ]

No title

知人が行っていたのはサービスセンターだったかもしれませんね。
試作品は、マジンガー以外になにがあったのかは残念ながら憶えていないそうです。
[ 2014/11/10 22:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/182-96b17bb5