表現主義

このところくだらないつなぎ記事ばかりで恐縮ですが、ホントにシゴトがタイヘンな状況なのです…
現在の心境をカタチにするとこんな風でしょうか。
 
 

 
つまり、もうムチャクチャ
 
 


 
画像はポピー製メカロボ・ガイキング。
タカラのロボットマンのヒットを受けて発売された電動プラ玩具です。
あまり注目されない地味な存在ですが、迫力ある造形とオモチャらしい色彩に魅力を感じます。
 
スポンサーサイト



[ 2014/06/01 23:38 ] 暫定 | TB(0) | CM(9)

No title

コレはおもしろいですね~
存在自体を知りませんでした。

画像一枚目、なんと言うか「もうムチャクチャ」感がよくわかる気がしますよ
マトモに組み立てた姿でも、
目からミサイルとか、微妙にびっくりしたような表情の胴体とか、おもしろいなぁ~

一方、非常に状態が良いですね~
ピッカピカですやん
[ 2014/06/02 06:28 ] [ 編集 ]

No title

え!?電動なんですか?
[ 2014/06/02 21:31 ] [ 編集 ]

No title

へてかるぴ様

写真だと過剰にきれいに見えていますが、実物は小さなキズや汚れもありますよ。
大空魔竜のプラモ、楽しみにしてます(^^
[ 2014/06/03 00:10 ] [ 編集 ]

No title

みくに様

角ばった胴体パーツにロボットマンと同じようなギミックが内蔵されています。
電動で歩行するほか、各部のジョイントに差し込んだ部品がグルグル回りますよ~(^^
[ 2014/06/03 00:14 ] [ 編集 ]

No title

お~~。なるほど。そういうことですか。
めちゃくちゃ凄い!!
[ 2014/06/03 03:25 ] [ 編集 ]

No title

コン・バトラーの方を持っていました。昭和53年の未発売商品に「B/Oレオパルドン」という商品があるのですが、多分、このメカロボの発展型のような商品だったのでしょうね。
[ 2014/06/03 03:58 ] [ 編集 ]

No title

レオパルドンならマーベラーに組み替えて電動走行しそうですね。

メカロボはマジンガーからライディーン・グレンダイザーまで発売されていた『空飛ぶ~』シリーズを継承・発展させたラインという気がします。
ギミック満載のメカロボが期待ほどの結果を残さなかったので、翌1977年からはギミック無しのプラデラになった、という流れでしょうか。
[ 2014/06/03 23:31 ] [ 編集 ]

No title

そういえば昭和51年度は「空飛ぶ~」シリーズの新製品はありませんね。翌年のジェッターマルスが最後の商品でしょうか。
メカロボは年末商戦時期の新製品でしたけど、やはり超合金やジャンボマシンダーが主役なんですよね。
同時期に本家(?)のタカラがロボットマン・ガ*キーンを出しているのも興味深いです。
ロボット形態での歩行は不可なのが残念ですが、あの体型では無理な相談ですね。
[ 2014/06/06 12:03 ] [ 編集 ]

No title

ジェッターマルスとロボコンはスーパーロボット系とはちょっと別路線という印象があります。

ロボットマンガ・キーン、あの微妙なプロポーションが好きです。
欲しいな~(^^
[ 2014/06/06 23:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/169-702fa63e