マルショウとマルサン

マルショウとマルサン
 
 

 
 
今回は「ちょっと気になる謎」シリーズです。
画像はマルショウが1983年に発売したレッドキングのプラモデル。ミニゼンマイ仕様で価格は300円でした。
同シリーズとしてバルタン星人、ゴモラ、エレキングが発売されています。
 
マルショウとは5円ブロマイドなどの紙製玩具で知られる岡野商店の屋号に由来する通称ですが、このプラモの組み立て図には「株式会社丸昌」との記載があります。
 
 

83年当時、このプラモに同梱されたギヤボックスの刻印を見て驚きました。
○にSANの文字……マルサン?
 
このころはガレージキットの隆盛やバンダイのリアルホビーシリーズなどで新たな怪獣商品が展開されていましたが、同時に過去の怪獣玩具についても知識の発掘と共有が始まりつつありました。
第一次怪獣ブームは体験できなかった自分にとって、マルサンとは「ブルマァクの前に怪獣玩具を作っていた会社」として新たに認識した社名でした。
 
あとになって考えてみるとウルトラマンエースの50円プラモや初心者向けプラカラーセットなどのマルサン製品には触れていたのですが、社名の印象は残っていませんでした。
駄菓子屋で売れ残っていたマックシャークのプラモデルを見つけて、箱のSANマークを見て「え? マルサンってレオの時期まで商品を発売していたのか?」と驚いたのもたしかこのころです。
 
この時点では、マルサンは実態のよくわからない伝説のメーカーでした。
 


 

その後、1987年のモデル・カーズ(ネコ・パブリッシング)に「マルサンの残像」という取材記事が掲載されたそうです。画像はそれを再録したモデル・カーズ・レジェンド(1997)。
記事の取材時点では、マルサンは自社の商品開発からは撤退してギヤ生産の専業メーカーとして存続しているとの記述があります。
マルショウのプラモデルのギヤにマルサンの刻印があった理由がこれでわかりました。
 
 

90年代末期のフィギュアブームの時期にはさまざまな出版物でマルサンが取り上げられるようになり、その概要がようやく理解できました。また、電動のレッドキングやギャンゴのプラモデルの箱絵はこのころ初めて知りました。
上の画像はバンプレストの復刻ミニプラモの箱より。
 
あれ? この箱絵は…?
 
 

こちらはマルショウの箱絵。水辺を題材にした全体の構図やレッドキングのポーズ、尻尾の角度などがよく似ています。
 
マルサンが関わったプラモデルの箱絵が、かつてのマルサンプラモによく似ている……これは偶然の一致なのでしょうか。
 


マルサンの箱絵には関口猪一郎氏のサインがあります。
マルショウの箱絵画家は不明ですが、関口氏が70年代末期にテレビマガジンでゴジラなどを描いていたタッチに近いようにも見えます。
 
 
1983年は怪獣商品の展開の一方、ガンプラに代表されるリアルロボットものを中心にキャラクタープラモデルの人気がピークを迎えていました。
マルショウの怪獣プラモ発売にはこうした状況が背景にあったと想像されます。
 
マルショウは先述の通り紙ものメーカーなのでプラモデルのノウハウは持っていなかった筈で、怪獣プラモデルの発売には唐突な印象があります。
 
ギヤボックスにはマルサンの刻印がありますが、単にギヤ生産を担当しただけなのでしょうか。
ギヤを含めた商品全体をマルサンがグロスで請けて、かつての自社の人脈で制作に当たった可能性もあるような気がします。箱絵の類似はそのためなのかもしれません。
 
あるいは、この怪獣プラモ自体がマルサンの主導によるもので、自社の商品開発再開を模索していたという可能性もあるかもしれません。
 
考えて答えの出る謎ではありませんが、ずっと気になっていたのでまとめてみました。
 
 
スポンサーサイト



[ 2014/03/21 19:26 ] 暫定 | TB(0) | CM(5)

No title

レッドキングとバルタン星人は完成品で販売されていたのを見たことがあります。同時期に山勝が東宝怪獣のプラモデルやソフビ人形を発売していたのもちょっと引っかかりますね。
[ 2014/03/22 14:07 ] [ 編集 ]

No title

VSシリーズの頃にナガサキヤから出ていたゴジラの食玩(組み立てキット)の制作をマルサンが請け負ったという話をどこかで読んだことがあります。
[ 2014/03/22 14:11 ] [ 編集 ]

No title

情報ありがとうございます。

同時期のヤマカツの動きは確かに気になりますね。
プラモはやはり300円で展開していたし、マルショウがヤマカツに追随しているようにも思えます。
どちらも50年史CD-ROMにデータが収録されていなくて発売時期が特定できないのですが。


マルショウの怪獣の完成品販売はゴモラ・エレキングもあったようです。
カートン箱には明るいイラストが描かれていて、ウルトラマンキッズなどに近い方向性が感じられます。
この怪獣の企画自体、チョロQ人気の影響下にありそうなので、完成品はポップな路線を狙ったのかもしれません。


マルサン物語(朝日新聞出版2009)に、90年代のマルサンが玩菓などのOEM生産をしていたとの記述があります。
ナガサキヤのゴジラはこの時期に当たるので、請けていてもおかしくないですね。
リアルタイプで各部が可動する出来のいいゴジラがありましたが、あれもマルサンだったのかも。
[ 2014/03/23 10:48 ] [ 編集 ]

No title

非常に面白い記事でした!
マルサンのギヤOEM生産の話は、原宿でやったマルサン展の対談の時に、話がでていました。OEM生産で生計を立てていたと。

山勝のゴジラは、たしかバンダイの特撮シリーズと同じ時期ですよね?宇宙船で発売記事が載ってた記憶があるので、そこから発売時期わかると思います。宇宙船、しまい込んじゃってるのでこちらで確認とれませんが、、、(^^;)

レッドキングイラストは気がつきませんでした。
非常に重要な発見ですね!タッチから、私も関口氏だと思います。まさか、同じポーズだったとは、、、。マルショウ発売時には、マルサンのレッドキング箱は書籍では、まだ公開されてませんでしたから、私も知りませんでした。もっと上の世代の方は気が付いていたのかもしれませんね。
[ 2014/03/25 13:36 ] [ 編集 ]

No title

山勝ゴジラプラモについては、当時ホビージャパンで連載していた小田雅弘氏のキャラクターキットマンスリーで「先行して発売されているソフビとほぼ同じ造形で云々」という説明を読んだ記憶があります。

そのあたりからも時期が特定できそうですが、宇宙船もHJも実家の物置にあるので確認できません……すぐに取り出せるどなたかが確認してくださるといいのですが(^^)

また、山勝のみ確認できてもマルショウとどちらが早いのかはわからないですから、関係性の解明とはいかないですね…(^^;)
[ 2014/03/25 23:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/161-3c113eee