カニの季節

カニの季節
 
 

2013年も押し詰まってまいりました。
今年はウルトラマンの特撮NGフィルムが発見されたり、古谷敏さんが47年ぶりにスーツを着てウルトラマンが本当に帰ってきたりなど、驚くこともありました。
 
 


画像はタイムハウスマニアクスのカニバブラー。
メディコムトイのリアルアクションヒーローズ(RAH)に実写ヒーロー系の商品を供給していたタイムハウスが、自社の通販専用商品として展開したのがタイムハウスマニアクスというシリーズです。 
基本的な商品仕様はRAHに準じています。
 
 

このシリーズではRAHでは発売されなかったややマイナーなヒーローや敵キャラクターが商品化されており、その中には商品化機会のあまり無い旧2号時期のショッカー怪人も含まれています。
シリーズ開始時には第一弾としてザンブロンゾが発表され、特に好きな怪人なので期待して入手しました。
 
ところが実際に届いた人形を手にすると、自分にとってのショッカー怪人のイメージとのギャップがあまりに大きくて許容できず、すぐに手放すことになってしまいました。 
 
 
 

冷静に考えてみると、違和感の原因は以下のような要素だったように思います。
 
タイムハウスマニアクスには当初RAH300という可動素体が使用されており、この人形は胸部が大きく肩幅の広い体型が特徴なので、人体のスマートなシルエットを活かしたショッカー怪人には不向きなものでした。
 
また旧RAHがスマートすぎて破綻していたのを反省してか頭部・グラブ・ブーツなど各パーツが大きく、太く造形される傾向があり、末端肥大のマンガっぽいスタイルになってしまっています。
これもスマートなショッカー怪人とは相容れない方向性です。
 
さらに腕や脚のディテール部分が分厚く成型されていたり、マジックテープなどで身体から浮き上がっていたりするのも、シルエットを膨張させて怪人らしさを削いでいました。
 
本来なら「変身サイボーグサイズの可動するショッカー怪人」というのは自分にとって待ちに待った玩具であったはずなのですが、上記のような要素が複合された結果、せっかく手にしても許容できないという結果になってしまったようです。
 


カニバブラーにも上に挙げた弱点はあったのですが、画像の個体はなんとかイメージを近づけようと少し手を入れてみました。
 
まず、素体はスマートなニューコンバットジョーに換装し、太くてブカブカだったブーツは旧RAHのスカイライダーから転用しました。
 
 

腕と脚に付くディテール部はマジックテープでの脱着で身体から浮いていたので、両面テープでスーツに直接貼り込むようにしました。
 
 

首から肩の周辺は複数のパーツが重なる構造で不必要に厚ぼったくなっていたため、内側になっているパーツを可能な限り切り取って、なるべくすっきりしたシルエットになるよう調整しました。
 
細かい部分としてはベルトのショッカーバックル上部にバリが付いた状態だったので切り取っています。
このシリーズのショッカー怪人はなぜかすべてバリ付きベルトで梱包されていたようです。
 


脚が長すぎる、ハサミが小さすぎるなどの気になる部分はありますが、以上のような調整の結果、とりあえずショッカー怪人として許容できる程度の状態にはなりました。
 
 

RAH-DXの旧2号と絡めてみます。
 
 

カニバブラーは造形的に好きな怪人なのですが、放送当時にはライダーパンチでやられた最弱怪人というイメージがありました。
 
 

 

タイムハウスマニアクスには他にドクダリアンがありますが、ライダーがブームになった頃のメジャー怪人であるピラザウルス、アルマジロング、モグラング、ドクガンダーといった怪人たちが可動人形として商品化されていないのは残念です。
 
 
スポンサーサイト



[ 2013/12/16 00:20 ] 暫定 | TB(0) | CM(2)

No title

ポージング含めて、これは何とリアルな蟹さんでしょう!と思ったら、成程の改造が施されていた訳ですね…。
「ピタピタのタイツやウェットスーツがベースの着ぐるみが生み出す、生物っぽさやスピード感」の表現は、近年のフィギュアでは余り流行らなくなっちゃったなぁ…と一人寂しく感じていたので、同志を見つけた気持ちに(勝手に)なっております。
タイムハウスも、玩具としての見栄えを優先して末端肥大にしちゃったのでしょうね…。


※ちなみにライダーパンチに関しては、僕も同様に感じておりましたが、VS狼男戦以降、株が爆上がりで強力技カテゴリーに仲間入りしました(但し二号に限る)。。
[ 2013/12/16 22:18 ] [ 編集 ]

No title

この種の人形は価格が高い上に扱いにくさや劣化問題が付きまとうので、あまり人気が無いのも仕方ない面がありそうです。

画像の旧2号もスーツの劣化がひどく、思ったようなポーズはつけられませんでした(T T)
[ 2013/12/17 12:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/154-b2194965