メタルヒーロー Ⅱ

メタルヒーロー Ⅱ
 
 
1989 機動刑事ジバン
 

前作とは打って変わって、『刑事』や『○○バン』というワードの復活で宇宙刑事への回帰を感じさせる作品。
ただしキャラクターイメージはむしろ『ロボコップ』の影響が大きいようです。
敵側キャラクターのデザインや造型にグロテスクな要素が強く、作品全体の印象はやや暗く感じられました。
 
 

画像は超電装DXパーフェクトジバン
メタルヒーローの単体人形としてはこれまでで最大のサイズに大型化しましたが、質感やディテールも相応に追求されて充実感のある玩具になっています。
他にジャスピオン以来のスタンダード超合金も発売されました。
 

同時期放映の『電脳警察サイバーコップ』ではタカラが変身サイボーグの血脈を感じさせる可動人形サイバービットシリーズを展開していました。
その影響か、ジバンも番組中盤に同サイズの可動人形マルチフォームジバンを発売しています。
画像はサイバービットシリーズ・ルシファービットとマルチフォームジバン。
マルチフォームは眼の擬似発光や飛行メカダイダロスの付属など面白い要素もありましたが、可動人形としての完成度はタカラに及ばなかったようです。
 
 

1990 特警ウインスペクター
 

ストーリーの根幹を戦闘からレスキューに大きく転換した作品。
主役ヒーローは1人ですが2体のサポートドロイドもデザイン上の差異は無く、実質的にチームヒーローとなっています。
そのためギャバン以来の「単体ヒーロー」という要素はほぼ消滅しました。
世界観やキャラクターの個性もあって全体に明るい作風になりました。
 

画像はスーパーリアルボイスDXファイヤーテクター
超電子スピルバンや瞬転メタルダーと同サイズですが、ギミックや可動の充実で魅力ある玩具になっています。
ウインスペクターの主力玩具は着化指令というクロス玩具のような人形シリーズでした。
 

1991 特救指令ソルブレイン
 

前作の世界観を引き継いだ続編。
主役チームはヒーロー・ヒロイン・ロボットという変則的な構成になっています。
作品内でウインスペクターとの競演も描かれました。
 
 

画像はDXフリーポーズソルブレイバー
内蔵ギミックは無く、純粋な可動人形として開発されたマルチフォームジバンに近い玩具です。
ソルブレインの主力玩具としてはミニットブレインというミニ人形シリーズや電動のDXソルドーザーなどが発売されました。
 
 

作品の後半では前作のファイヤーがパワーアップしてナイトファイヤーとして参戦します。
画像のDXフリーポーズやミニットブレインでの商品展開も行われました。
 
 

1992 特捜エクシードラフト
 
 

主役は3人の色分けされたヒーローとなり、完全に戦隊シリーズのようなチームヒーローとなった作品。
物語の終盤で唐突に前作までと同じ世界観が導入されています。
 
 

画像はトライジャケットシリーズ1・ドラフトレッダー
スタンダード超合金とほぼ同サイズのためか、肘の可動が省略されるなどかなりシンプルな構造です。
ドラフトレッダーは後期バージョンのシンクレッダーも含め、単体での上位商品は発売されていないようです。
(より詳しくご存知の方はご指摘お願いします)
 

以下次回に続きます。
スポンサーサイト



[ 2012/12/27 18:34 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(2)

No title

当時も思いましたが、やっぱりナイトファイヤーはカッコイイなあ…! ボディがソルブレイバーの色替えだとは暫く気付かなかったほど、リデコデザインの傑作だと思います。
ドラフトレッダー/シンクレッダーのDX商品はなかったと思いますよ。番組開始当初は「足の加速装置」がメインアイテム扱いになっていたのが、不思議だなぁと感じた思い出があります。
[ 2013/01/09 19:19 ] [ 編集 ]

No title

レッダーの情報、ありがとうございます。やはりDX系の人形は無いようですね。
足に付けるターボユニットWは、なりきり玩具としておもしろい企画だったと思います。ちょっと欲しかった(^^
[ 2013/01/10 08:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/138-aa34fb61