宇宙刑事シャイダー

宇宙刑事シャイダー
 
 

 
シャリバンに続き1984年には宇宙刑事シャイダーが放映されました。
対象年齢を下げたためか前二作とはやや作風が異なり、ヒーローのデザインも細部が見直されたようです。
 
ギャバン・シャリバンは頭部・胸部以外には立体的なディテールは基本的に存在せず単色でシンプルなシルエットを持つボディでしたが、シャイダーは各部に凹凸のディテールが増やされてブルーとシルバーのツートーンとなりました。
ジャバラ状だった関節部はアーマーで覆うデザインに変更されています。
 


超合金シャイダー。関節可動へのこだわりは消えて戦隊ヒーロー等と同じ基本構造になっています。
この変更には、対象年齢の低下に加えてガンプラブームの終息も影響しているのかもしれません。
 

メッキされたボディは小サイズながら色彩やディテールがよく再現されています。
シャイダーはデザイン段階で玩具的な見栄えが重視されていただろうことが実感できます。
 
 

スタンダード超合金の三大宇宙刑事。シャイダーのみサイズがやや小さいです。
当時の商品展開は単年度での売り切りが基本なので、同じシリーズでも並べることは考慮されていません。
 
 

ライト&サウンドの電子シャイダー
こちらもメッキボディが綺麗な玩具になっていますが、関節の自由度はシャリバンより低下しています。
 

ビデオ・ビームガンとレーザーブレードが付属。
 
 

電子シリーズの三大宇宙刑事。
やはり微妙にサイズ差がありますが、放送当時の玩具でメッキされた宇宙刑事を揃えられるのは電子シリーズのみでした。
 
 

シャリバンに続いて発売されたプラデラシャイダー、頭部の着脱が省略されたためスタイルは良くなっています。
メッキ自体の鏡面のような美しさは電子シャイダーよりも上です。
 

各部の色彩・ディテール再現はいまひとつ。
素体は基本的にシャリバンと同じですが関節部にアーマーをはめ込むためほとんどポーズが付けられません。
 

スモーククリアの素体は内部ディテールが加えられました。
ただし素体のクリアパーツ化やプロテクターのメッキを優先して硬質なプラ素材で成型されているため、関節部の調整が上手くいっていないようです。
画像の個体は未使用状態で入手しましたがすべての関節がゆるく、腕を上げたり自立させるのも困難な状態です。
 

シャリバンとの比較。
シャイダーは見栄えは良くなりましたが、手にしたときの可動フィギュアとしての楽しさはシャリバンよりも大きく後退してしまいました。
 

 

こちらは後年発売された装着変身シリーズの宇宙刑事。
同じフォーマットで三人を揃えられる可動人形としては待望の商品化でした。
 

ただし装着変身は造形・関節構造・質感・遊びやすさなど、すべての面がいずれもいまひとつという印象。
画像は蒸着ギャバンと並べてみましたが、繊細でくっきりした彫刻や部品精度など、放送当時の蒸着ギャバンの方が立体物として高品質に感じられてしまいます。
 


 
ギャバンで始まった宇宙刑事は、三作目のシャイダーで完結しました。
その最終回ではシリーズ終了記念として三人が勢揃いしましたが、本編の作品世界内での共演が無かったのはやはり残念です。
 
 
シャイダーの終了後は、宇宙刑事の設定からは離れてさまざまなメタルヒーローがシリーズとして継続していくことになります。
 
 
スポンサーサイト



[ 2012/10/21 18:23 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/134-0572aaaa