ジョイントコン-バトラーV デラックス

ジョイントモデル第8弾、ジョイントコン-バトラーVデラックスです。


製品番号と価格/8783-1500、発売/1977年3月?
3月頃の雑誌広告に「新発売」と告知されています。


箱デザインなどガイキングと共通ですが、なぜか商品名に「セット」が付きません。


中の構成もガイキングと同じ。アンテナの塗装が明るい黄色になっています。


銀色のパーツはガイキングと共用です。赤と白のランナーはガイキングとは色を入れ替えています。黄色と水色のパーツが新規です。


F1マシンの構成もガイキング版に準じており、シートの2つの穴にジョイントパーツを取り付けます。コクピット部のカウルにはなぜか梨地処理が施されています。


コンバトラー搭乗パターン。当時の広告では左上のような状態で掲載されていました。右下画像はシール貼付前の状態。


マシンのデザインは「不死身の男」ニキ・ラウダが乗っていたフェラーリ312T2をもとにしています。画像は永大のダイキャストミニカー(一部破損あり)との比較です。


ガイキングセットのマシンとの比較。やや車体が長く、全体に大きめに感じられます。


交換用アームマシン。画像はガイキングセットの物で、コンバトラー同梱品は成型色の赤と白が入れ替わっています。
「アームクレーン」はたこ糸まで付属しており、ハンドルを回すと先端が伸縮します。パーツ分割はかなり細密です。同様の趣向は「グレートマジンガー秘密基地」にも採用されていました。
ミサイルユニットは2個付属。小型の飛行メカのようなものも射出できます。


商品全容。「アームマシン」関係はガイキングの物で代用しています。またコンバトラーは単体売りのものです。


膝のジョイントパーツを使うとハトメジョイントのジョイントモデルも合体可能です。



ガイキングの項でも触れましたが、ジョイントモデルとF1マシンの組み合わせはタカラの「ミクロマン」のように遊ぶことを想定していたのかもしれません。
そんな雰囲気で撮影してみました。
スポンサーサイト



[ 2008/06/16 00:51 ] ジョイントモデル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/13-d6bbc9cb