未使用画像など

なかなか更新できない状況なので、とりあえず過去に撮影して未使用だった画像を無作為に並べてみました。
 
この記事はつなぎにすぎず、意味はないです。
 

まず発掘系から。
 

銀河モデル・宇宙戦艦ヤマトの箱画像。本体はジャンクになってしまいました。
 

側面のラインナップから、この時点ではアナライザーがリニューアルされていないことがわかります。
画像は撮影に失敗してテカってしまったのでボツにしていました。
 


バンダイ模型1979年発売のゼンマイ動力スーパーマードック完成品。画像の個体は黄色と水色のみ塗装を加えてあります。
同時期のヤマトプラモなどはスケールモデル的な内容でしたがこちらは1977年ころのキャラクタープラモに準じた仕様で多色成型・接着不要です。
あらためて立体で見ると、デザインはウルトラホーク1号をイメージしたらしいことがよくわかります。
 

ゼンマイ部はカセット式です。半年先行していたガッチャマンⅡのイーグルシャープではゼンマイボックスとディスプレイ対応パーツを付け替える仕様でした。
 


ミウラトーイのウルトラマンレオ可動人形。画像の個体はビームランプ・カラータイマー・胸部シールを自作したジャンク品です。
可動素体はMEGO製で、ポピーが1979年ころ展開したテレビヒーローシリーズを先取りした玩具でした(画像のウルトラマンはテレビヒーロー)。
 


映画で復活した宇宙刑事ギャバンから、スタンダードとデラックス超合金の電子星獣ドル。
頭部サイズはほぼ同じですがプロポーションは大きく異なります。
 

メガハウスが5年ほど前に発売したアクションワークス用のサイバリアンに、ポピーの超合金(蒸着ギャバン)を乗せた画像。足首パーツをはずすとピッタリおさまります。
メタルヒーローはいずれ取り上げたいと考えています。
 


1976年の正月にポピーから届いた年賀状。赤いインクの汚れが激しいですがご容赦下さい。
マジンガーシリーズ最新作のグレンダイザーが主力なのは当然ですが、この時点で放送開始から1年以上経過しているロボコンがポピーにとって重要なキャラクターだったことがわかります。
 


 
では、謎の可動人形?とともにここまでです。
 
 
スポンサーサイト



[ 2012/02/17 12:00 ] 暫定 | TB(0) | CM(12)

No title

レオのアクションフィギュア!!
なつかしい!!
ぼくも持ってましたよ、コレ。
ただ、ずっと中嶋製作所製だと思っていました(^^
たしか、中嶋も似たようなシリーズを発売していましたよね(もっと寸足らずで不恰好な…、『アストロミュー5』の原型?)。
これもやはり、『変身サイボーグ』のヒットの影響でしょうかね(仕様自体はそれ以前の『正義の味方』に近いけど)。
[ 2012/02/17 14:06 ] [ 編集 ]

No title

ポピーの年賀状は雑誌の応募で送って来たものなのでしょうか?
それともキャンペーンだったのでしょうか。
もし宜しければご指南頂けたら嬉しいです。宜しくお願い致します。
[ 2012/02/17 21:23 ] [ 編集 ]

No title

ULTRAVIVALDI様
中嶋製作所が発売していたのは「ウルトラアクションボーイ」というシリーズですね。
ガッチャマン、レインボーマン、流星人間ゾーンなどの展開後に素体を流用してアストロミュー5になったようです。
[ 2012/02/18 00:54 ] [ 編集 ]

No title

yu-ta様
ポピーの年賀状ですが、前年にゲッターロボ本放送時のプレゼントクイズに当選していたのでその住所をもとに送られたようです。
この件についてはいずれ詳しく記事にするかもしれません(^^
[ 2012/02/18 01:00 ] [ 編集 ]

No title

そうですね~。言われれば、ヤマトの側面画像のアナライザー新箱じゃないですね。気づきませんでした~。
[ 2012/02/18 15:24 ] [ 編集 ]

No title

tag*m*dai様
初期のヤマトプラモには未確認要素がまだありそうです。
手持ちのコスモゼロは77年に購入した小松崎箱・顔なしマーク・漢字証紙のバージョンなのですが、なぜかロボコンなどと混載の74年当時のチラシが入っていました。
上箱だけ新規に作ったのでしょうか…?
[ 2012/02/18 23:29 ] [ 編集 ]

No title

ヤマト関係のプラモは、まだまだ未確認作業が残ってそうです。
恥ずかしながら、最近まで、パネル付のヤマトが、ゼンマイ版の後継路線で、銀河モデルは異種と思ってました。ゼンマイの後継種として銀河モデルがあり、そしてパネルヤマトになったんですね。
[ 2012/02/19 18:17 ] [ 編集 ]

No title

銀河モデル、実は4ヶ月程度しか生産されてないんですよね。

ヤマトプラモについては『宇宙戦艦ヤマトモデリングマニュアル』(メディアワークス/2007)が最も詳しい資料ですね。
この本の記述が確度の高いものだとすると、50年史付録CD-ROMの情報は発売前の「メーカーの予定」の色彩が強く、事実との乖離をある程度は織り込んで受け取るべきかもしれないと考えています。
[ 2012/02/20 23:31 ] [ 編集 ]

No title

家(みくに文具)でも、入荷したのは、非常に短期間だったの覚えてます。強烈なパッケージと、その中身でしたから、しっかりと覚えています。入荷は1,2回ですね。でも、パネルヤマトとかぶってた時期はありました。もしかしたら、問屋の在庫で残っていたのかもしれませんね。
[ 2012/02/22 11:56 ] [ 編集 ]

No title

併売期間が長ければ個別に金型が存在した可能性もありますね。
自分の記憶でも、パネル付きが大量に出回ると同時に銀河モデルは見かけなくなった印象です。

当時、ゼンマイ版を買い逃していたのでしかたなく銀河モデルを買いましたが、直後にパネル付きが出たのはショックでした。
最初にこっちを出してくれ!と思いましたね(^^
[ 2012/02/22 22:57 ] [ 編集 ]

No title

初めて投稿させていただきます。銀河モデル懐かしいですね。箱絵もゴールドグレンダイザーを彷彿とさせるものがあります。こういう塗装済み商品は、当時バンダイ模型が推奨してたモノグラムカラーで塗られたんだろうか?という疑問があります。なにしろ自分の周りでは全く見かけない塗料でしたので。

ポピーテレビヒーローのウルトラマン、ここまで状態が良いのは珍しいですね。マンとセブンは昭和の時代で既にデッドストックでも劣化が激しい物がありましたから。
[ 2012/02/24 20:58 ] [ 編集 ]

No title

kr9*2*様
ご訪問ありがとうございます。

モノグラムカラーは私もバンダイの広告でしか見た記憶がないです。
銀河モデルの不思議な色彩は、1960年代によくあった家庭向けの調度品などをイメージしていたような気がします。
ウチには銀河モデルにそっくりな、ロダンの『考える人』の貯金箱がありました(^^

テレビヒーローのウルトラマンはお察しの通り、崩壊がこわくてポーズをつけられない状態です(TT
[ 2012/02/24 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/124-fc4997a1