オリオンのダイオージャ

オリオンのダイオージャ
 
 
1981年、オリオンは最強ロボダイオージャの玩具を発売しています。
ただし当ブログでは現物未入手で、書籍やウェブで得られる情報も多くはないため、この項目の内容は不確定な二次情報の取りまとめにとどまリます。あらかじめご理解下さい。

まず、前年の変形合体シリーズを継承したクロス合体ダイオージャというプラ製玩具の発売が確認されています。
本体は黒と黄の2色成型で、3体の小型ロボがダイオージャに合体するギミックを見事に再現したものだったようです。商品ボリュームから考えると価格は800~1000円くらいでしょうか?
 

画像はホビージャパン増刊Mark1 Vol.3(1985)より。
大きく紹介されているのがクロス合体ですが、こちらは大箱セット同梱版なのでコバルターの足パーツやジャベリンが付属する点が単品売り版と異なるようです。
 
この大箱セットクロス合体ジュニアは、クロス合体ダイオージャとそれに対応するクロスエイダー、合金製無塗装のダイオージャで構成されています。発売元はクローバーになっており、価格は2600円。
クロスエイダーは3機に分離してクロス合体の各小型ロボと合体可能。クロスエイダー単品でのオリオンからの発売があったのかは不明です。
合金製のダイオージャはクロス合金と表記されており、前年までのゴールド合金を継承した合金パズル仕様ではないかと想像されます。こちらもオリオンからの単品発売の有無は未確認です。
 
また、これらのうち小型ロボとクロスエイダー分離体をそれぞれセットにした商品(スカイレッド、アオイダート、コバルタンク)の存在も確認されており、そちらは玩菓ルートで清水玩廣株式会社というメーカーが発売していたようです。通常の玩具ルートでオリオンからの発売があったかどうかは不明です。
 

ダイオージャの廉価玩具には他に超プラ合体というシリーズもありました。
ダイオージャ、エースレッダー、アオイダー、コバルターの4種で、メーカー名はクローバーとマークの併記になっています。
 

「超プラ」といっても実際は硬めの消しゴム人形のようなもので、手足の付け根などを取り外しできることを「合体」と称していました。小型ロボからダイオージャへの合体ギミックは再現されていません。
 
クローバーは他に100円と300円の価格帯でプラモデルも発売しており、ガンプラブームを受けて積極的な商品展開をしていたようです。
本家クローバーがプラモに進出した影響で、同時期のアオシマは価格帯のバッティングでダイオージャのミニ合体マシン(各100円)を発売出来ず、アニメスケール(各300円)のダイオージャシリーズは2体セット600円のみで展開されることになったのではないかと思われます。

主役ロボの現物画像が掲載できないのはさびしいので、クローバーのダイカスト玩具で補足しておきます。
 

画像のダイオージャはダイカストBASIC FUNDAMENTAL
商品名を直訳すると「基本の基礎」?となるのでクローバーのスタンダード合金である「基本体」のように思われますが、価格は2500円とやや高めです。
ダイオージャのスタンダード合金には他にダイカストMD,ダイカストSDという2種が存在しており、MDは小型簡略仕様、SDがいわゆる基本体のようです。
 

BASIC FUNDAMENTALには、本体を腰部で分離して上半身をゲッター3のような状態にできるオリジナルギミックがあります。中価格帯で設定に無いオリジナルギミックを備えている点から考えるとBASIC FUNDAMENTALはガンダムやトライダーでのダイカストDXに相当するようです。
 

 
ダイオージャは作品自体への興味が薄いためか本放送当時の玩具についての記憶もほとんど残っていません。
より正確な情報をお持ちの方、オリオンの玩具の現物をお持ちで画像を提供していただける方はご一報いただけると幸いです。
 

 

 
次回はオリオンのザブングルシリーズを取り上げます。
 
スポンサーサイト



[ 2011/02/06 19:14 ] チープトイ | TB(0) | CM(10)

No title

クロス合体ダイオージャは持っていました~!
アオシマのプラモはパッケージに「~合体」と書いてあるのに
合体が再現されてなくて買った後ガッカリしてただけに
クロス合体はとても満足した覚えがあります。
[ 2011/02/06 20:15 ] [ 編集 ]

No title

ダイオージャはなんか、沢山の種類のプラモデルでてたような錯覚があるんですけど、どうなんでしょうね。
ザブングル、期待しております~~~!!
[ 2011/02/07 01:14 ] [ 編集 ]

No title

>yu-ta様

クロス合体は当時は存在すら知りませんでした、お持ちだったとは羨ましいです。
アオシマのプラモがギミックを再現できなかったのは、クローバー版プラモが合体可能になっていたからかもしれません。
でもクローバーのプラモは店頭であまり見かけなかったんですよね~
[ 2011/02/07 01:52 ] [ 編集 ]

No title

>tagamedai様

上にも書きましたが、ダイオージャのプラモにはクローバーが乗り出したためにアオシマはメイン商品で割を食ったかたちになってしまったのではないかと想像しています。

ジャンボ合体をはじめ、いまひとつ商品内容の微妙なプラモが多かったのもその影響があるのではないかと。

実際に市場に出回った量はアオシマが圧倒的に多かったから、合体可能なクローバー版を知らないユーザーも多かったでしょうね。。
[ 2011/02/07 02:04 ] [ 編集 ]

No title

現在、ヤフオクにオリオン版クロス合体が出品されています。ダイオージャに合体した状態がデフォルトのようですね。コバルターの足首は付属していない模様です。
[ 2014/12/27 17:22 ] [ 編集 ]

No title

もう手の届かない世界に行ってしまいました……(--)
[ 2014/12/28 11:05 ] [ 編集 ]

No title

フックトイとしては異例の落札価格でしたね。
あのパッケージ梱包だと分離・合体が可能かどうか分かりにくく、
またカラーリングも本編とはかけ離れたものですので、購買意欲が削がれそうな感じがします。

セブン/オリオンに関しては所在地の住所が閉鎖されたタカラ三郷工場と同じものと聞いたことがあります。
クローバーとタカラの関係は90年代後半に広く知られるようになりましたが、
フックトイの発売が同じセブンだったことの疑問も氷解しました。
[ 2014/12/28 14:50 ] [ 編集 ]

No title

オリオンとセブンのタカラ系チープトイはガ・キーンから始まったようですね。

7~8年前のHJでタカラスターウォーズ玩具を生産していた工場の記事が載ったことがありました。
「ガンダム」と書かれた金型の写真も掲載されていて驚いたのですが、あの記事どこいったかな~
[ 2014/12/30 11:11 ] [ 編集 ]

No title

タカラ提供番組のチープトイですが、ゴーダムも含めたマグネロボの物にはブルマァクの影がチラつきますね。
前村教綱氏がパッケージイラストを描いていたり、サンゼンのゼンマイジーグやスピリット号等は特に顕著かと。
バラタックのミニソフビがアークから発売されているのもくさいですね。
[ 2014/12/30 11:57 ] [ 編集 ]

No title

ブルマァクが委託や提携で関係していた会社が同時にマグネロボ系の仕事も受けていたということでしょう。
サンゼン製「ひみつ武器つき鋼鉄ジーグ」の発射ギミック部はブルマァクと同じパーツが使われていますが、さすがにブルの商標部分は消されていますね。
[ 2014/12/30 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/110-d4bfc00e