オリオンのダイターン3

オリオンのダイターン3
 
1978年度、オリオンはミニ合金シリーズで以下のようなダイターン3商品を発売しました。
 
  ダイターン3基本体
  ダイファイター
  ダイタンク
  マッハアタッカー 
  ゴールド合金ダイターン3
 
価格は各500円で、玩菓としても流通したようです。
基本体以外の4種を詰め合わせたダイターン3 4点セットという大箱商品も販売されています。
 

ダイターン3基本体
 

ロボット形態の「基本体」。画像では見えませんが箱の上部には吊り下げ部分が付いています(以下の商品も同様)。ダイターンザンバーとジャベリン先端部が付属します。
画像の個体はメーカー名がセブンの単独表記になっており、クローバーの合金玩具が再版された83年頃に合わせて再生産されたものと思われます。
 

肩部は2軸可動、足の付け根も可動します。腹部からはミサイルを発射。
造形的にはザンボットより後退してしまった印象です。
 

合金パーツは胴体のみ。車輪の付いた背中パーツはザンボットによく似ていますが新規に作り起こされています。
 

ザンバーとジャベリンはミサイル同様に発射できるほか、手首にも取り付けられます。
 
 
ダイファイター
 

飛行形態のダイファイター。胴体の合金パーツは基本体とは別ものです。
ダイターンの頭部も付属しますが完全なロボット形態には出来ません。
メーカー表記はオリオン単独となっており、こちらが本放送時の初版品と思われます。
 

背部のランチャーからミサイルを発射。腹部の穴はキャスターを取り付けるためのもので、胴体にミサイル発射機能はありません。
 
 
ダイタンク
 

戦車形態のダイタンク。胴体パーツはダイファイターと共用しています。ミニ合金シリーズの中でも細かなパーツが多く付属しています。
 

上箱とトレイの隙間にシールと説明書が入っています。基本体やダイファイターも同じ仕様です。
 

ダイタンク完成状態。脚部は膝関節で折れ曲がる専用部品が使用されています。
よく見ると羽根パーツもダイファイターとは別ものです。
 

キャスターも取り付け可能。ミサイルランチャーは使用しません。
 

この程度まではロボットに近い状態に出来ます。ダイファイターの場合もほぼ同様です。
 
 
マッハアタッカー
 

マッハアタッカーは少し小型の箱になっています。
 

やはりシールと説明図が付属。変形機構はなく、ギミックは機首からのミサイル類の発射のみ。
 

スタイルは悪くありませんが商品的にはややさびしい印象。主翼は上下に可動します。
 

底部にはコロ走行用の車輪があります。
 
 
ダイターン3ゴールド合金
 

ザンボット3合金パズルの金型改修商品。本放送当時の発売品としては初めてメーカー名がオリオンとセブンの併記になっています。
 

マッハアタッカーとジャベリン先端部パーツが付属。ミニシールも2枚付いています。
 

スタイルは良好ですが各部にザンボットのディテールが残されています。
 

もともと合金パズルとして開発されているため画像のように分解できます。
差し込み部分にはゴムチューブがはめ込まれておりスムーズに脱着出来るよう配慮されています。
(ただし画像の個体は頭部の差込部のゴムチューブのみ劣化のため欠損しています)
 

オリオンのミニ合金シリーズはこれらダイターン3商品で基本が確立されたようで、続く機動戦士ガンダムもほぼ同じ仕様で展開されることになります。
 
 

 
次回はガンダム関連商品です。
 
 
スポンサーサイト



[ 2010/12/12 22:04 ] チープトイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/107-1e910f82