オリオンの廉価玩具

オリオンの廉価玩具
 
 

 
ザンボット3に始まるサンライズのオリジナルロボットアニメはメインスポンサーのクローバーが主要玩具を発売しましたが、500円前後の低価格帯はタカラ系のオリオンが担当しました。
もともとクローバーの合金玩具は企画から生産までをタカラの関連会社のタカラ工業に委託しており、そうした関係でオリオンが廉価玩具を発売することになったと思われます。
 

       
オリオンのチープトイは、ザンボット3より3ヶ月先行して放送開始された超人戦隊バラタックからスタートしているようです。バラタックのメイン玩具は画像のようなタカラのマグネモシリーズで展開されましたが、より低い価格帯はオリオンが担当しています。
 
オリオンのバラタック玩具は500円で展開されており、その種類はバラタック基本体、ブルー・グリーン・ブラックの各バラタック、トロッター1~3号、バラタック合金パズル、ミニミニ合金ペンタゴラスが確認されています。
各バラタックとトロッターは合金製の本体とプラパーツで構成されており、トロッターはペンタゴラスに合体可能です。合金パズルとミニミニ合金はすべて合金製でした。
これらの商品内容は、ミニミニ合金以外はザンボット3以降の製品にもほぼそのまま受け継がれていきます。

追記……バラタック以前のガ・キーンにもオリオン・セブンによるフックトイが存在しています。
 
 

ただしガンダムではホワイトベースとコアファイターにゼンマイ動力が導入されたり、トライダーG7以降は変形・合体ギミックが再現されるなど、商品内容は次第に変化していきました。
 
 

クローバーのサンライズアニメは聖戦士ダンバインまで継続しており、オリオンのチープトイも同様にダンバインまで展開されました。
ただしオリオン自体はこれと平行してタカラがメインスポンサーとなったキャプテンハーロックなどの商品も発売しています。
 
 

また、ダイターン3の一部商品からは製造・発売元としてセブンという社名も併記されています。
セブンの住所はオリオンの事業所と同じになっており、両社は密接な関係にあったようです。ダンバインやボトムズなどはセブンの単独表記になっています。
セブンはのちにタカラに吸収されたらしく、タカラ セブン事業部となって鉄人28号FXなどの廉価玩具を発売しています。
(画像のトライダーは一部塗装を加えてあります)
 


オリオン・セブンの玩具には廉価ながら良い出来のものが少なくありません。
本項ではザンボット3からダンバインまでの主な製品についてまとめてみたいと思います。
 
 

 
次回はザンボット3を取り上げます。
 
スポンサーサイト



[ 2010/11/30 00:31 ] チープトイ | TB(0) | CM(2)

No title

こんにちは。すごいブログで、とても参考になりました。
後追い記事ですが、なにかの参考になれば幸いです。
http://ameblo.jp/addicto/entry-12007250168.html
[ 2015/04/05 03:46 ] [ 編集 ]

No title

やはり製菓のオリオンとは別会社なのですね。参考になりました(^^
[ 2015/04/05 09:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/105-b2211c9e