トミーのイデオン その3

トミーのイデオン その3
 
 
スクランブル合体セット
 
スクランブル合体セットはポピーのプラデラなどに相当するプラ玩具で、簡易ギミックながら合体を再現しています。
 

Aメカのイデオ・デルタ形態。両腕をつなぐ金属フレームがそのまま露出しており、映像本編とは大きくイメージが異なります。
合体時は機首・キャノン砲・翼部は取りはずして両腕を左右に移動します。
ソル・アンバー形態は想定されていませんが、一応それらしき形にもできます。
 

イデオ・ノバはソル・バニアーとの折衷のような状態です。腹部にはスライド伸縮ギミックあり。
ミサイルランチャーとラジエターをはずして合体します。
 

イデオ・バスタもソル・コンバーとの折衷状態です。脚部は伸縮せず、合体時は翼を収納するのみ。
 

イデオンに合体。かなりプラの弾性に頼った構造で、無理やり押し込む部分もあります。
形状は奇跡合体よりも良好ですが、質感がチープなため合金玩具のような充実感はありません。
 

腕は可動、パンチは発射します。胴部のゲージが造形されていないのは残念。 
 

頭部アップ。形状解釈が独特で、イデオンとは言いがたい印象です。
 

イデオン合金 イデオンDX
 
このころトミーの合金玩具は、コセイドンならマントル合金、タンサー5ならタンサー合金というように個別にシリーズ名が付けられていました。イデオンはそのままイデオン合金となっています。
 

イデオンDXは一般的なスタンダード合金サイズです。頭と腕以外は合金製で重量感があり、全体に丁寧なつくりです。
 

各部の形状解釈はなかなかいいのですが脚が短いのが残念。
 

可動は良好でパンチも発射します。各部のゲージがクリアパーツになっているのも美点です。
足の甲が妙に長いのがイデオン合金の特徴です。
 

ボディ上面は別パーツでイデオ・ノバの機首部がきちんと再現されています。肩からミサイルを発射できるのは本編通りでナイスな機能です。
 

奇跡合体とはデザインの異なる剣が付属します。
 

さらに両肩にはキャノン砲、イデオン・ガンを思わせる波動ビーム砲も装備。ビーム砲はミサイルを発射します。
 

頭部アップ。マスク部分が大きすぎる上、アゴのラインが造形されていないためにおかしな顔になっています。
アオリ気味で描かれた全身設定の絵ではアゴが明確に描かれていない(見えない)ので、それを参考にしたのでしょうか?
 

イデオン合金
 
イデオン合金としてはスタンダード扱いですが、ミニ合金という感じです。
 

パンチが大きいのが気になるもののサイズを考えれば十分な完成度です。合金パーツは胴体のみ。
 

スタンダード合金とはいえ、実際はほとんどミクロマンサイズ。
 

各部はスムーズに可動、このサイズでパンチも発射します。
 

ボディ上面はシールで再現。丁寧なつくりに好感が持てます。
 

DXと同じデザインの剣が付属。
 

頭部アップ。このサイズにしてゲージが透明パーツになっているのがすごい。
アゴのラインはやはり造形されていません。
 
 
 

トミーのイデオン玩具の中で、イデオン合金2種は製品としての完成度が非常に高いです。
この技術力に、造形的なセンスが加味されれば最高だったのですが…
 


 
次回はトミーと同時期に他社から発売されたイデオン玩具を補足します。
スポンサーサイト



[ 2010/10/25 02:33 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://pazulumo.blog.fc2.com/tb.php/100-6c67ccf6