ダンバイン&フォー クローバー

前回、ダンバイン放送当時にクローバーがフォウの発売を計画していた件を取り上げました。
その具体的な発売予定がトイジャーナル1983年6月号(東京玩具人形問屋協同組合)に掲載されていたので紹介しておきます。


P7313012.jpg
これは同年6月16~19日に開催される東京おもちゃショーの特集記事より。
前回の投稿で予想した通りだとすれば「ダンバイン&フォー」はジョイントダンバインとフォウの合体セットだと思われます。
変形するNEWダンバインとはビルバインでしょう。

P7313017.jpg
こちらのリストでは予価3980円で9月1日発売予定となっています。
(TV)という表記はテレビCMが放送されることを示します。

セットのダンバインについて組み立てキットという説明は無いので、仮にジョイントモデルだとすると完成品状態での同梱を想定していたのでしょうか。
その場合、ジョイントダンバイン単品では1400円なので差額の2500円程度がフォウの価格に相当します。
これはガンダムDX合体セット同梱のGファイターとほぼ同水準なので、相応に充実したサイズ・ギミックが予定されていたと考えられます。

掲載のトイジャーナルはおもちゃショー開催前の6月1日発行なので、ショー当日のクローバーブースの様子などはわかりません。
もしかしたら、「ダンバイン&フォー」試作品の展示などがあった可能性も考えられます。
トイジャーナルの同年8月号あたりを見ることができれば、なにか情報がつかめるかもしれません…



以下は蛇足です。

このころのトイジャーナルには各玩具会社がどんなCMを流していたのかがリスト化されているのですが…

P7313019.jpg
これは1979年5月号掲載のリストです。
ポピーが超合金グレンダイザー(75年発売)、ポピニカボルトマシーン(77年発売)のCMを放送しているのが気になります。

グレンダイザーはこの時期関西テレビで再放送中で、それに合わせて再生産されていたようです。
ボルテスの再放送は未確認ですが、怪獣手帳とブラックボールペン同梱のボルトインボックスがこのころ生産されていたということでしょうか?


図書館でこうした業界誌を閲覧すればもっといろいろわかるのですが、当面そうした余裕は無さそうです…
(T T



スポンサーサイト



[ 2020/08/02 20:37 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(4)