東宝ミニミニ怪獣総進撃


ブルマァク 東宝ミニミニ怪獣


P4182721.jpg
ブルマァクが1970年代に発売した5cmほどのミニミニ怪獣。
以前ウルトラ怪獣を取り上げましたが、今回は東宝怪獣です。現在、画像の12種類を確認しています。



P4122697.jpg
ゴジラ。マルサン・ブルマァクのスタンダードソフト人形に似た造型です。

P4122716.jpg
アンギラス。金型からの抜きのためか頭部が横向きになっています。

P4122689.jpg
ラドン。頭部はなかなかリアルですが、やはり横向きです。
かなり小さい人形。

P4122700.jpg
モスラ。目の塗装がおかしな仕様ですが造型はいい感じ。
画像の個体は塗装剥げが残念。

P4122691.jpg
キングギドラ。宇宙超怪獣の威厳は消えて、かわいらしいです。
サイズも小さめ。

P4122696.jpg
ガイガン。思い切り横を向いた頭部と下げた両腕で、なんともおとなしい印象。

P4122683.jpg
モゲラ。撮影スーツ準拠の立体物として貴重な存在でした。

P4262772.jpg
バラゴン。怪獣らしい前傾姿勢がかっこいいです。

P4122718.jpg
ゴロザウルス。頭部が小さく尻尾を巻き上げた、おかしな造型です。

P4122679.jpg
ガバラ。スーツによく似ています。

P4122681.jpg
ミニラ。これもよく似ていますが、妙に大ぶりなのが残念。

P4122685.jpg
メカゴジラ。胸の造型からMG1のようです。
なかなかカッコイイですが、腕を上げたポーズにしてほしかったですね。




P4262790.jpg
これらはウルトラ怪獣同様に硬質未塗装版、彩色版、消しゴム版の3種類が発売されたようです。


P4262777.jpg
硬質未塗装版は具体的な販売形態は不明。青成型の5種のみ確認しています。
これらは造型が緻密で全体に小ぶりな印象で、梨地状の表面処理が多用されている特徴があります。
また、抜きの都合でラドンやアンギラスのように顔を横に向けているものがあり、同様のガイガンも硬質版が存在するのではないかと考えています(画像のガイガンは消しゴム版)。


P4262779.jpg
彩色版では画像の6種が追加され全12種になりました(バラゴンは未入手なので消しゴム版です)。
この6種は全体に大ぶりになり、造型もさほど緻密でなくなった印象です。

P4262783.jpg
アンギラスとミニラの比較、かなり大きさが異なります。

76.jpg
これら彩色版は台紙パック「ミニミニ怪獣18セット」で販売されました。
画像は怪獣・ヒーローお宝鑑定カタログ1988版(朝日ソノラマ)より。


P4122712.jpg
消しゴム版はヘッダー付き袋入りで単品販売されました。
赤・黄・白・緑の4色を確認しています。
ヘッダーは2種で、同じイラストで「第2弾」と追加されたものがあります。
現状では初弾が硬質版のある6種、2弾が彩色版時に追加された6種なのではないかと推測していますが詳細不明です。
表記のSTマークはどちらも同じで、1975年発売を示しています。



P4122676.jpg

というわけで、東宝ミニミニ怪獣総進撃!
バラゴンとガイガンの彩色版も入手したいな~


……ところで、東宝怪獣は12種類なのに彩色版は「ミニミニ怪獣18セット」として販売されています。
そのセットに同梱された東宝怪獣以外の6種がこちら。

P4122703.jpg
帰ってきたウルトラマンより、デットンとゴキネズラ。
これらの水色成型版はこのセットでしか流通しなかったようです。
もうちょっとかっこいい怪獣を選べばよかったのに…(^^;

P4122707.jpg
ピープロの冒険ロックバットより、ロックバット・ブレイザー・ドラダヌギー・ズク博士。
怪獣たちより大ぶりでがっしりした造型です。色が地味なのが残念。
ロックバットシリーズは単品袋入りの消しゴム版も発売されていますが、硬質未塗装版の存在は未確認です。


スポンサーサイト



[ 2020/04/26 19:35 ] チープトイ | TB(-) | CM(2)

総進撃あそび?


ゆるく、つなぎ更新です。


片付けをしていたら海洋堂・特撮リボルテックの怪獣が出てきました。
せっかくなのでバンダイ・モンスターアーツのモスゴジと一緒に怪獣総進撃っぽく並べてみました。

P4122633.jpg
モスゴジはよく動きますが、頭部が小さくプロポーションのアレンジが強すぎる印象です。
これはこれでかっこいいし、1984年にポピーが発売した巨大ソフト「限定版ゴジラ」(イノウエアーツ原型)みたいな感じで悪くはないですが(^^;


P4122636.jpg
これらの中ではモゲラの商品化が一番うれしかったのですが、腕のリボ球が目立つなど出来はいまひとつですね…


P4122641.jpg
実際に手にしてもっとも気に入っているのはギャオスです。
頭部のパーツ分割が工夫されていて、差し替え無しで飛行姿勢にできるのが楽しい(^^
ラドンも含め有翼怪獣はもともとポーズ付けの幅が限られているから違和感が少ない、という面もありますが。
対してガメラやバラゴンは肘が一軸可動のみなので、思うようにポーズが付けられなくて残念です。


P4122659.jpg
モスラは造型自体はいい感じなのですが、羽の基部にリボ球が使われておらず一軸可動のみで、4枚それぞれをひねるように動かせないのが難点です。


P4122667.jpg
どうせならアンギラスとメーサー車も買っておくんだったな…と思ってちょっと調べたら、いつの間にか安価では入手できなくなっているようです。無念……


海洋堂には「自分たちが作っているのは玩具でなく模型だ」という自負があるようで、オモチャらしい楽しさを求める自分の好みとはどうも本質的なズレがあるように感じています。
とはいえ造型自体の質は高いから、特撮リボルテックは他にもMJ号とかメタリックTB2号なんかも手元にあります(^^


[ 2020/04/19 01:17 ] 暫定 | TB(-) | CM(4)