まぼろしのウルトラファイト自販機


玩具商報1973年10月15日号より。


P2283339.jpg

仮面ライダーV3の「オートシネビジョン」という自動販売機の広告です。
100円を入れるとV3の映像を見ることができ、同時に景品が出てくるそうです。


P2283342.jpg
発売元は大阪に本社のある根岸良典商店、価格は17万円となっています。
映像は8ミリフィルムで10秒~6分に調整可能、V3以外にも「東映の教育映像で漫画映画を豊富に」揃えているとのこと。
各部に多くの改良点があると記述されており、同様の自販機はこれ以前から稼働していたようです。



私は「オートシネビジョン」に似た機械でウルトラファイトを見た記憶があります。

たしか1972年の夏以降のころだったと思います。
行きつけのスーパーの玩具売り場のはずれに、同様の自販機で「ウルトラ怪獣」の映像を見ることが出来るものが置かれました。
外見からはなにが見られるのかわからず、とにかく見てみたくて親にねだったのだと思います。
コインを入れると大音量の音楽が鳴り響き、映写が始まったのはたしかセブン対恐竜戦車のウルトラファイトでした。
「な~んだ、ウルトラファイトなのか」と少し拍子抜けしましたが、当時の自分は「ウルトラマンとセブンは帰ってきた~以降とは別格」と感じていたので、その映像を放送以外で見られるのは魅力的でした。

ただし、困ったのが音です。
稼動とともに大音量で流れ出したのは「怪獣音頭」です…
当時は聴いたことがなかったし、ご陽気な伴奏とともに「ヌルっと出てきた怪獣は~」とおかしな歌が流れると、周囲にいた人たちがなにごとかと集まってきて、とてもじゃないが映像に集中することが出来ませんでした。

その後もしばらくその機械は置かれていて他にどんな怪獣が見られるのか気になりましたが、大音量の怪獣音頭を考えると、もう一度見ようとは思えませんでした。
あの音さえなければ何度でも見たかったのに……(T T

なお、出てきた景品はタカトクの仮面ライダー駄玩具だったような気がしますが、これは思い違いかもしれません。



ところで、ウルトラファイトの人気が「帰ってきた~」制作を決定させたというような記述をよく見かけますが、当時怪獣好きだった子供の一人としては違和感があります。


P2283343.jpg

当時の子供にとってのメインはやはり「再放送で見る第1次ブーム期作品」であって、その盛り上がりがあった上でウルトラファイトは「脇に加わった」という程度の印象です。ソフト人形や絵本、ブロマイドなどの関連玩具もファイト放送以前から大人気でした。
自分の場合、ファイトでもいわゆる「抜き焼き編」は大好きで、めったに見られない「ウルトラ眼光」や「ウルトラバリア」などに当たった時は大歓喜でした。


P2283345.jpg

一方「新撮影編」は、幼児ながら「怪獣ではあるけど、これは違うだろ…」と脱力しました。

成人後には世代としての思い入れも生まれて、LDボックスで全話制覇した時にはある種の達成感がありました(^^
とはいえ、それはあくまで「ゆるさを楽しむ」という現在の視点からのもので、子供のころは同じ怪獣なのに本編との落差が大きすぎて許容できなかったのだと思います。
マニア上がりでプロになった人たちには「当時からファイトが好きだった」と公言される方も少なくないようですが、それが主流だったとは思えないけど、どうなのでしょうか…?


P2283343-のコピー
掲載しているファイトの写真は丸昌の5円ブロマイドです。
中でもこれは、ウルトラブロマイドで「ダブリじゃないのに全然うれしくない」という、稀有な1枚です(^^;

スポンサーサイト



[ 2020/02/28 22:20 ] 怪獣ブーム雑感 | TB(-) | CM(6)

マジンガー・リベンジ


つなぎ更新です。


P2093330.jpg

昨年、発売中止を取り上げた講談社の「テレビマガジン完全復刻コレクションマジンガーZ」が、新たに4月9日発売予定と発表されています。
復活してよかった(^^

好評ならグレートやダイザーへと企画が継続するかもしれません。
気になるみなさま、ぜひ予約・購入しましょう。



P2093334.jpg

一方、当時のライバル誌テレビランドはというと、ハイパーホビー誌で誌面紹介や特写活用が断続的に行われているようです。
ただし質・量ともに中途半端で、それを目当てに本誌を購入するにはキビシイという状況が続いている感じですね…
そろそろ、それだけに特化した本格的なムックの発売を期待したいです。



P2093337.jpg

また、「仮面ライダー冒険王」に際して発掘された秋田書店・冒険王時代の特写も、ほとんど活用されていないようです。
画像の「東宝テレビ特撮の戦士たち」(ホビージャパン2018)にはゴッドイグアナなどレインボーマン末期キャラクターのカラースチールが掲載されていますが、これらはもしかしたら冒険王スチールなのでしょうか?



「特撮秘宝」の消滅など、出版不況は深刻なようです。
我々が望む1970年代ヒーローの特写などは、出し惜しみしているうちに永久に陽の目を見なくなってしまう可能性もありそうで、気になります。

とりあえず、出来る範囲で「買って応援」しましょう……(^^;



[ 2020/02/09 22:18 ] 暫定 | TB(-) | CM(0)