なぞのM/Mモーター



画像はクローバーのザンボット3コンビネーションプログラム初版に付属していた冊子です。



裏表紙は関連玩具の紹介になっており、ここに気になるものが掲載されています。



それはM/Mモーターというシリーズのザンバード、ザンブル、ザンベースです。
名称通り電動走行する玩具のようで、変形・合体のギミックは無さそうに見えます。
その分スタイル再現は良好でシャープな印象です。
ザンバードは商品名称は「ザンバード~ザンボエース」となっていますが、腕部や頭部の造形を見る限り非変形だったように思えますが…?


ザンブルはダイカスト玩具には無かったビッグキャノンが再現されています。


ザンベースもウイング形状など設定に近い造形のようです。

これらについては現物を見たことが無く、この冊子以外での試作品掲載例も未確認です。
ザンボット玩具は売れ行き好調だったようだし、本放送に続けて主要話数の再放送も行われていたので、こうした玩具の発売を中止する積極的な理由は無さそうに思えます。

クローバーのザンボット玩具は実質的にはタカラ工業が担当していたそうで、タカラのミクロマンなどには電動ギミック内蔵メカが多くありました。
またガンダムのクローバー初期カタログには「パワーモーターガンタンクセット」というプラ玩具の試作品が掲載されていますが、こちらも現物が確認されておらず未発売だった確率が高そうです。

はたしてM/Mモーターシリーズは本当に発売されたのか、それとも未発売に終わったのでしょうか?
詳細をご存知の方はぜひお知らせ下さい(^^




以下は、ついでに。


同時掲載のスタンダードザンボエース、製品よりも設定に忠実な彩色がされているようです。
黄色いパンチがポイントですね。


こちらのパンチキックも現物未見、ダイターン版は確認していますが…?


なお、ブルーレイボックス収録の「コンビネーションプログラムCM集」は、家庭用ビデオで録画された荒い映像のものが2種のみという残念な結果でした……(T T


スポンサーサイト



[ 2019/01/27 22:17 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(6)

ぼく、マクロス!


つなぎ更新です。



マクロス本放送時初期のメイン商品、タカトクのバルキリーVF-1Jが出てきました。



画像の現物は当時購入したもの。
パッケージは経年のため接着部分が剥がれてしまっています(^^;


シールは貼り済み、ミサイルはひとつだけ切り取っています。


その他の同梱品、説明書と補足図、シールの残りなど。


トレイ右下に入っている「メカニックコレクションノート」。
劇中メカを紹介するカタログで、玩具は掲載されていません。


なぜかレシートも入っていて、1982年12月に定価で購入したことがわかります(^^;
発売後すぐに同級生が購入したのを触らせてもらって「こりゃスゲェ!」となり、自分も急いで購入したのをおぼえています。


さすがに各部はゆるめになっていますが、大きな問題はなく変型もスムーズです。
当たると痛いバネの威力もほとんど衰えていません(^^



箱の中には、なぜかタカトクからの封書が入っていました。
まったく記憶がないのですが、たしかシールが欠品していて問い合わせたら送ってくれたような…?



その封書に入っていたカタログ、初期のメイン商品が網羅されています。
ビッグマクロスやコンバージョンキットはまだ予価表記です。


ビッグマクロスには「Z」が付いているのが注目されます。
これ以前、タカトクのダイカスト製品は「Zキャラクター」というシリーズ名で展開されていたのでその名残りのようです。

当時としては革新的だったマクロス玩具にいつもの「Zキャラクター」のロゴが付いていたら、やはり少し印象が変わっていたような気がします。




タイトルの「ぼく、マクロス!」は、当時放送されていたモビルカイトというキャラクター凧のCMで印象深かったセリフです…(^^

[ 2019/01/21 17:45 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(6)