青いウルトラホーク2号

青いウルトラホーク2号




トイマーク製のフリクション動力ウルトラホーク2号、画像の現物は機首先端が欠けたジャンク品です。

トイマークはセブン本放送時にウルトラホークとポインターのプラトイを発売しており、これらはマルサンのプラモデル・ソフト人形と並んで当時の主力玩具だったようです。
最終話では少年の部屋に飾られた玩具として劇中に登場しています。



しかしセブン関連のムックなどでは、なぜかトイマークのプラトイはほとんど紹介されたことがありません。
2000年代になってから、セブンの関連商品を徹底紹介している有名サイトで初めてその存在を知りました。
画像の青いホーク2号はそのサイトに掲載が無いので今回取り上げてみました。



トイマークのウルトラホークは電動ノンストップ(机の縁などでも落ちずに走り続ける)、電動アップダウン(機体を上下動する)、ノックダウン(フリクション動力)の3シリーズで発売されたそうです。

放送終了後にはタカトクからアップダウンとフリクションが再版されていたようですが、72年以降はプラトイの玩具化権利がブルマァクに移行したため姿を消したようです。
第2次怪獣ブーム時期は「ウルトラ玩具といえばブルマァク」という印象が強いため、トイマーク・タカトク版のプラトイは忘れられた存在になってしまったようです。



トイマークのウルトラホークは入手困難で、手元には画像のようなジャンク品しかありません。
ホーク3号の尾翼はなんとか修復したいです…






トイマークはセブンの半年後に放送開始したマイティジャックでもプラトイを発売しています。
画像はデッドストックが多く出回っているブリスター版の電動ノンストップ・エキゾスカウト。



こちらは箱入りの電動ノンストップ・ピブリダー。
装丁は同クラスのウルトラホークよりも簡略化されているようです。


画像のピブリダーは電動ギミックの高級玩具なのにフリクション版ホークと同じ青色成型になっていて、なんともチープな印象です。


電動ウルトラホークではシルバー成型に銀塗装が重ねられていましたが、MJシリーズではそこまで手をかける余裕がなくなっていたのでしょうか。



ピブリダーの箱裏に掲載された写真より、やはりシルバーボディの方がカッコイイな~。
当時の売り場にはこんなディスプレイがあったのでしょうか。

なお、画像のMJ号は1969~70年に購入した記憶があります。

きっかけは、近所の年長の子供の家でものすごく巨大でリアルなMJ号を見せてもらったことでした。
体感的には80センチくらいあった印象で、おまけに各艦載機も格納されていて本物そっくりに見えました。
それからは自分もそのMJ号が欲しくて欲しくて、何度も親にねだって、しばらくしてようやく買ってもらえることになりました。
ところがどこに行ってもそんなMJ号は売っていなくて、しかたなく代わりに買ってもらったのがトイマークのMJ号でした。

現在ふり返れば、見せてもらった巨大なMJ号は今井科学の最大サイズイージーキットの完成品だったのでしょう。
実際には40センチくらいだったと思いますが、幼児にはおそろしく巨大に感じられました。
今井は69年夏に倒産しているので、自分が探したころには市中在庫が無くなっていたのかもしれません。

トイマークのMJ号は、水色の本体に白い艦橋、おまけに赤い煙突?まで付いていて、自分が欲しかった本物みたいなMJ号とはほど遠いもので、幼児ながらがっかりしたのを憶えています。

今では今井のジャンボMJ号は(再版なら)容易に入手できますが、トイマークのMJ号はすっかり入手困難になってしまいました。
もっと大切にして、残しておけばよかったです…(^^;

スポンサーサイト



[ 2017/10/22 18:53 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(14)

ファースト・ガンガー

ファースト・ガンガー



放送45年目にして、初めてアストロガンガーの立体物を手にしました。
画像はレイニング・ルーニーのメタルテックシリーズ・アストロガンガー(メタリック版)。
当時は肌色の顔がなじめなくて、積極的には放送を見ていなかった気がします。



メタルテックシリーズを手にするのは宇宙円盤大戦争のガッタイガー以来ですが、簡易クリックの関節構造などは基本的に変わっておらず、角度制限でポーズが付けにくいのが難点です。
製品精度自体は向上しているようで扱いやすくなっています。


画像の個体は鼻の塗装がはみ出し気味ですが、サイズを考えるとこの程度は仕方ない範囲でしょうか。
口は目立たないので、薄い茶系などで墨入れしてほしかったところです。




フィギュアーツD.Cのデビルマン、超真合金のゴッドフェニックスと並べてみました。
これらにはある共通点があります。



この3作品は、アニメでありながら原色怪獣怪人大百科第2巻(ケイブンシャ1972年12月)に掲載されているのです。
収録の頭数を増やしてハッタリを効かせる狙いもあったのでしょうが、これらは変身ブームの渦中にあって実写の怪獣ものに準じる位置づけにされていたことがわかります。 
画像の現物は当時購入したものなので箱がボロボロです(^^;



フィギュアーツD.Cのデビルマンは、ちょっとだけ大顔気味に見えるのが気になります。
目の位置を0.3~0.5ミリほど下げて、その分顔面を小型化するとより良いバランスになりそうに思いますが…



超真合金のゴッドフェニックスは各Gメカが格納可能、塗装もきれいでなかなかいいのですが、ボディが角ばって箱っぽいのが残念です。
この「箱っぽさ」は放送当時の万創のプラモやプラトイ以来の伝統なのでしょうか(^^;


こちらはアートストームEX合金のゴッドフェニックス。
本編作画の曲線的なシルエットは、こちらの方がより意識的に再現されているようです。


ふたつを並べて。
それぞれに魅力的ですが、シンプルなデザインだけに解釈次第で差異が生じますね。
グリップジャンボのゴッドフェニックスも、いつか並べたいな~







まさか21世紀になってアストロガンガーの合金玩具を手にすることになるとは思いませんでした。
メタルテックシリーズは基本的に海外展開製品のようですが、海外にそれだけの需要があるというのも意外です。
これも日本のキャラクター文化の実力なのでしょうか…(^^


[ 2017/10/17 01:11 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(0)

ミニ情報


大手動画サイトにタカラとトミーの古いCMがアップされたのを見て驚きました。

タイマニックは当時見ていたはずですがまったく記憶にありません。
タンサー5は憶えているのとは違うバージョンでした。
マグネモジーグは忘れていた記憶を呼び起こされた感じ。ショートバージョンしか見られないのが残念。
直後にロングバージョンの冒頭らしき映像がはさまっているのが気になる!
ミクロマンやハーロック、SWなども当時以来、初見のものがいろいろありました。

やはり、日本のどこかに残っている映像はまだまだあるのですね…
これからもこうしたCMの発掘に期待したいです。
クローバーのDXガンダムやガンタンクのCMが出てこないかな~(^^





[ 2017/10/10 11:31 ] 暫定 | TB(0) | CM(7)

ウルトラ・アイ


つなぎ更新です。




電車で本を読む時、眼鏡をはずすことが多くなりました。
目的地で降りる際にあらためてかけなおしますが、無意識に心の中で「…ジュワッ!」と言っていることが多々あります。
こういうのって、魂の深い部分に刻まれて決して消えないのでしょうかね…(^^;

画像のウルトラアイは模型道楽製のU警備隊西へVer.です。




セブン本放送当時には、ウルトラアイの単品玩具は無版権の駄玩具しかなかったようです。
正規品としては、タカトクのウルトラ警備隊セットにベルトやウルトラガンと共に同梱されたものがありましたが、お面のようにゴムひもの付いた壊れやすい材質のものでした。


ウルトラ警備隊セットは以前所有していたのですが、現在は手元にありません(- -
このセットは、その後一部仕様を変更しながらさまざまなヒーローの玩具として1970年代前半ころまで販売が続いたようです。
画像は「ガッチャマン光線銃セット」バージョン。光線銃といっても、実際は空気圧でブロー弾を発射するものです。



こちらが同じ銃のウルトラガン仕様のもの。
ただし画像の現物はメーカー表記が無く、ブロー弾が付いていません。
タケダ薬品の紙風船が同梱されていますが、詳細不明で謎の一品です。
ヘッダーには開封された痕跡は無いので、タケダの販促品だったのでしょうか?




蛇足ながら、「タケダアワーの時代」所収の栫井巍氏のインタビューはたいへん興味深い内容で驚きました。

アンバランス=ウルトラQはなぜ、どのように怪獣路線に一本化されたのか、大人気のウルトラQを延長せずに新シリーズ・ウルトラマンに変わったのはなぜなのか、新シリーズのヒーローを「怪獣と戦う巨大宇宙人」という前代未聞のキャラクターとして発想したのは誰なのか……といった重要な事実がいくつも語られています。
ウルトラマニアは必読です。



[ 2017/10/01 06:10 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)