初代HGガンダム成形サンプルキット


最初の1/144スケールHG・RX-78ガンダムは、ガンプラとしては数少ない公式絶版品になっています。
これはその発売に伴い、小売店などに配布されたと思われるサンプルキットです。



箱のサイズは市販品と同様で、印刷は単色で上面のみ。
旧キット流用の箱絵イラストはシールで貼られています。
画像の現物は中古で入手したので値札などが付いていますが、本来は非売品だったと思われます。



パーツは市販品と同じもののようですが、説明書は簡単なコピー紙一枚になっています。
組み立て図自体は市販品と同じですが順番などは変わっています。



こちらが市販された通常品。



こうしたサンプルキットがどのような基準で制作されていたのかは不明です。
HGガンダムの場合、その内容があまりに先進的だったために周囲に理解されにくく、バンダイ内部でも営業サイドから「300円のガンダムと同じ大きさのキットを1000円で売るなんてとんでもない」という批判があったそうです。
現在ふり返れば的外れな意見ですが、流通・小売段階で同様の誤解が生じるのを防ぐために、とにかく現物を見て納得してもらうためにサンプルキットが制作・配布されたのかもしれません。

発売された90年当時、イロプラ・システムインジェクション・スナップフィットを総動員したHGガンダムは、プラモデルの概念を刷新するような革命的な存在でした。





こちらは絶版前の最終生産版。最終生産を示すシールが貼付されています。



最初期生産のサンプルキット、普及品、最終生産品。
コレクター的な視点ではこれでコンプリートという感じでしょうか。


箱側面を見ると、普及品と最終品では一部デザインが変更されています。
いつごろ変更されたのかは未確認です。



バンダイ模型がグレートマジンガーから始めたロボットプラモデルに対するさまざまな模索の、ひとつの到達点となったのがHGガンダムでした。
その製品内容は5年後にMGへと発展し、現在に続く「ガンプラ」の基礎となっているようです。


スポンサーサイト



[ 2017/08/16 22:47 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)

タイムカプセルより




実家の戸棚から、謎のタイムカプセルが出土しました。



中に入っていたのはプラモデルのジャンクパーツ。
バンダイ模型のゼンマイ仮面ライダー、マスコット変身忍者嵐、マッハロッドのパーツです。
以前の記事(参照1参照2)で掲載した時には欠損していたパーツの一部が見つかりました(嬉



さっそくライダーにマフラーを仮留めしてみます。

おお、やはりこうでなくては!


[ 2017/08/15 22:02 ] ジョイントモデル以前 | TB(0) | CM(8)

50YEARS LATER

 
今回は、最近入手したオモチャを順不同で並べてみます。



マルサンのソフト人形とS.H.フィギュアーツのゴモラ。
50年という月日のなかで怪獣玩具もずいぶん様変わりしました。



フィギュアーツのゴモラはパーツ分割が工夫されていてよく動きます。
造形的には頭部の大きな角の再現がいまひとつなのが残念です。
撮影スーツのゴモラ頭部は現存しており展示会などで目にする機会も少なくないので、角の形状にはもう一歩踏み込んだこだわりを見せてほしかったところです。



同じフィギュアーツのメフィラス星人、キングジョーと並べました。
これらはいずれもポーズをつけて撮影するのに適している一方で、実際に手にして動かしていてもあまり楽しさは感じられません。
リボルテック以降顕著になったこうした方向性は、今日的な玩具の特徴と言えるかもしれません。





フィギュアーツのスカイターボ。
一見して「あれ?スカイターボってこんなに黒が強かったっけ?」と違和感を覚えました。
確認すると、フロントカウル上部は濃いブルーが正解でした。
ここはデザイン的にはクリアパーツを想定していたと思われ、黒で塗りつぶされるのはイメージに合いません。(実車がクリアパーツだったのかは不明ですが)



そこでお手軽にブルーのカッティングシートを貼りつけました。 
スカイターボに同梱のスカイライダーは頭部が新造されて、いい感じになっています。



ライダーブレイク!
ポピーのスーパーライダーセットCMなどで印象的な8人ライダー爆走シーンでは強化前のスカイライダーだったので、新造頭部仕様で強化前バージョンも発売してほしいところです。





フィギュアーツサイバリアンセット。
商品化されたサイバリアンとしては最大サイズと思われ、迫力があります。
ギャバンは単体で見ると造形がいまひとつなのですが、画像のような状態だとあまり気になりません。



メガハウスのアクションワークス版と並べてみるとかなりサイズ差があります。
アクションワークス版に乗っているのはポピーの蒸着ギャバンです。



プロポーション解釈も異なっており、フィギュアーツ版はかなりスマートな形状です。
どちらが本物に近いのかはよくわかりませんが(^^;



同じ仕様でモトシャリアンも並べてみたいですね。





超合金魂D.C.のゲッター1。
スラリと足の長いアニメ通りのプロポーションが新鮮でいい感じなのですが、肝心の頭部に難があります。





これらはアニメ本編のゲッター1、OPと合体シーンの画像です。
キャラクターデザイン担当の小松原一男氏の手が入っており、視聴者が毎回必ず目にする絵なのでゲッター1の代表的な共有イメージと言えると思います。



比較してみると、D.C.版は左右の目の間が広く空きすぎており、上下の青い六角形との距離も開きすぎています。
顔を構成するパーツが全体に分散しすぎているため、人間でいうヒラメ顔のような印象になってしまっているのです。



この欠点は試作画像が公表された時点で明らかだったのですが、さすがに製品化までに修正されるだろうと思っていました。
同時に公表された越智一裕氏の画稿でも「顔のパーツのバランスが最重要ポイント」と指摘されていたのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。

想像してみると、3Dデータ段階ではそこそこいいバランスだったのが、立体化の時点で顔と目の段差の影響などで目が小さめになってしまったとかでしょうか。

いずれにしてもこの頭部は本編イメージとかけ離れているので、上腕や脚部が水色なのに首だけ銀色という中途半端さも含め、改訂バージョンの発売に期待したいと思います。





最後はHI-METAL Rのザブングル。
適度なサイズと重量感で変形可能、可動部分もスムーズという、今回取り上げた中でもっとも「手にして楽しい」玩具です。
ダグラムもいい出来だったし、HI-METAL Rは現状で一番信頼できるブランドになりつつあります。

個人的にはHI-METAL Rで、A・Bパーツの換装が可能なガンダム・ガンキャノン・ガンタンクの「コンビネーションセット」を発売してほしいです(^^


[ 2017/08/07 01:28 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(2)