ウルトラマンの現場/仮面ライダー冒険王

師走に衝撃の二冊




今年も残すところあとわずかですが、ウルトラマンと仮面ライダーという二大ヒーローの興味深い書籍が発売されています。
以前発売情報に触れていたので、すこし感想を書いておきます。





小学館の『ウルトラマンの現場』は、スタッフ・キャストのプライベートスナップを中心にまとめられた写真集です。
その性質上画質は高くないし多くは白黒写真ですが、それでも充分衝撃的な一冊です。

とにかくページをめくるたびに、見たこともない写真がこれでもかと出てきます。
また過去の書籍で小さく掲載されていて気になっていたものが大きなサイズでクリアに見られたりもします。
(例えばゴメスのアップでは、透明カバーと目玉で構成された眼の構造がはっきりわかります)
個々の写真の解説は関係者の談話で興味深いものになっており、レイアウトも写真をきちんと見せることに留意した適切なもので好印象です。

巻頭にはTBS側プロデューサー栫井巍氏によるウルトラQの成立からウルトラマンスタートまでの事実関係をまとめた文章が寄稿されています。
最重要人物のお一人だった栫井氏ご本人による回顧は、ライターなどの勝手な考察とは次元の異なる貴重な内容になっています。
ご高齢にも関わらず文章が明晰・簡潔なのもすばらしいです。

ただし写真の無い話数についてはまったく取り上げていないので、作品全体の資料を求めるようなライトなファンには向きません。
一方少しでもめずらしい写真を見たくてムックをチェックしてきたようなマニアにとっては、このうえない良書だと思います。

個人的には特撮関係の本でこれほどの衝撃を受けたのは1977年のファンタスティックTVコレクションウルトラマン、1983年の成田亨画集ウルトラ怪獣デザイン編(ともに朝日ソノラマ)以来の、人生三度目の経験になりました。
ひさしぶりにマニア心が発動して、見たおし用の他に保存用も購入してしまいました(^^

私の場合は

 一枚目のジュランの特撮風景を見て「おおっ!」となり、
 マスコミ向け発表会でのペギラ対パゴスの連写でおおおおっっ!!となって、
 ウルトラマン対ネロンガの特撮現場のページで「うわわわあああああアアアアアッッ!!!!!

という感じでした(アタマの悪い表現で恐縮ですが)






秋田書店の『仮面ライダー冒険王』は放送当時に同社が撮影した写真がようやく発見され、ライダー新1号~ZXまでをまとめたものです。
旧1号・2号のファンとしては強い思い入れはありませんが、ほぼすべてが目新しい写真なので充実した内容だと思います。

被写体であるライダーが光量不足で薄暗く見える写真が多いようですが、これは当時の撮影条件のためでしょうか。
ライダー関連の過去の書籍で「講談社は本編と同じ撮影条件だが、徳間の番になるとレフ板を当ててくれなくなり、秋田が撮影するころには撤収作業が始まっている」というような証言を読んだ記憶があります。
キャラクターの写り具合にはこうした環境の影響もありそうです。

また、ページ数が少なくて個々の写真が小さすぎるのが残念です。
構成担当者はかつて講談社の大全集シリーズも担当していて、当時「構成が古臭くてつまらない」などの批判があったそうです。
それに発奮してか最後の『変身ヒーロー大全集』では断ち切りや見開きを効果的に多用したレイアウトになっていて感心したのですが、今回の『~冒険王』は初期の大全集のようなページ構成に退化してしまっていて理解に苦しみます。
すべての写真を四角くトリミングして並べているだけなので、デッドスペースのせいで小さい写真がさらに圧迫されています。

冒険王の過去誌面の再録や子役だった斉藤浩子さんの特集も、それぞれうれしいものではありますが、少ないページ数のなかで適切なバランスなのかは微妙な印象です。


あとがきのページには今回発見された写真ファイルが積まれた画像が掲載されており、よく見ると流星人間ゾーン、レインボーマン、電人ザボーガー、白獅子仮面などと書かれたファイルもあります。
以前の記事で想像した通り、ライダー以外の実写ヒーローの写真も発見されていました。
これらを活用した続刊を出版する意向もあるそうですが、出版自体が右肩下がりの苦しい状況なので高額化は避けられないようです。
なんとか、往時の変身ヒーローたちの貴重スチールを集めた写真集を実現してほしいですが…

とりあえず『仮面ライダー冒険王』が実績を作らないと事態は動かないでしょうから、ブログをお読みのみなさまも、ぜひ。


スポンサーサイト



[ 2016/12/25 23:45 ] 暫定 | TB(0) | CM(0)

仮面ライダーミニ紙芝居

仮面ライダーミニ紙芝居



前回取り上げたポピー製仮面ライダーオンパレードには、写真を使ったミニ紙芝居が同梱されています。



紙芝居のサイズは65×85ミリほどで、画像の6枚が入っていました。


それぞれ向かって右下に1~6の番号表示があります。


ただし個々の写真に対応する文章はなく、ケースの裏には文章を考えて遊ぶように書かれています。


ケースの最終面には「おわり」の文字とともにMK=丸越のマーク。
この紙芝居は実制作を丸越が担当していたようです。



ミニ紙芝居には続く7~12番の写真が使用されているものも確認されています。
ただし現物を入手できていないので、画像はネットオークションで見つけたものです。
こちらの紙芝居のケースは枠の色が黄色と黄緑の2種が存在しています。




以下はこの紙芝居に関係する謎なのですが…


この紙芝居と同じ写真、同じ番号表示のあるブロマイドが存在しています。
大きさや紙質などはいわゆる5円ブロマイドと同じ体裁です。


手元にある4枚はすべて番号・写真がミニ紙芝居と同じになっており、版権表示や番号の書体も同じものに見えます。
このブロマイドはどのような素性のものなのでしょうか。






放送当時、仮面ライダーのブロマイドは山勝から発売されていました。
ライダーの紙玩具としてはカルビーライダースナックのおまけカードばかりが注目されがちですが、ライダースナックの発売は71年12月でライダーカードの魅力が広く周知されたのは72年春ころだった印象があります。

それ以前の旧1号・2号編の放送時期には山勝のブロマイドと天田のカードゲーム(6連カード)が人気を集めており、どちらも次々に新しい写真が追加されて多くの種類が発売されていました。


このころ5円ブロマイドは前年から人気のウルトラマン・セブンなども生産を継続しており、そこに帰ってきた~や仮面ライダーなど現行番組の商品が続々と加わって、人気のピークだったようです。


ライダーと帰ってきた~では駄菓子屋向けの引きものの他、文具店などで扱うケース入りセットも発売されています。




子供靴の販促品や小銭入れの台紙としても使用されており、人気商品だったことがわかります。


幼年誌や学年誌の付録などもこの時期にはブロマイドを模したものになっています。

ライダーカードの人気が爆発的となった72年夏ころ以降はブロマイドの人気が衰えて新商品の追加が少なくなり、雑誌の付録もカード型に変化していきます。



山勝のライダーブロマイドは種類や弾分けが判明していますが、番号付きのブロマイドは含まれていません。

甦れ!仮面ライダー黄金時代(竹書房2005)には、ライダーのブロマイドは丸昌からも発売されていて全12種ながらコンプリート収集は困難との記述があります。
これが番号付きブロマイドを意味しているのなら発売元は丸昌ということになりますが、では販売形態はどのようなものだったのでしょうか。

現在、入手が容易な番号付きブロマイドは3,8,9,10の4種に限られているようです。
これらを80年代はじめに浅草橋で購入したという知人によれば、同じ番号のブロマイドが個包装もされず何十枚もの束で無造作にビニール袋に入れられた状態だったそうです。
それが本来の販売方法だったとは考えにくく、なんらかの在庫処分のようなものだった可能性がありそうに思えます。







はたして番号付きブロマイドはミニ紙芝居同様の12種類が存在したのでしょうか?
発売元は丸昌なのでしょうか、丸越は関係していないのでしょうか?
どのような販売形態だったのでしょうか?
番号にはどんな意味があったのでしょうか、紙芝居として使用するものなら対応する文章やケースなどはあったのでしょうか?

……謎ばかりなので、情報をお持ちの方はお知らせいただけると幸いです。



[ 2016/12/18 21:06 ] チープトイ | TB(0) | CM(0)

仮面ライダーオンパレード

仮面ライダーオンパレード



1971年末~72年前半ころに発売されたと思われる仮面ライダーオンパレード
ショッカー怪人ミニ人形のケース入りセットです。



商品全容。大量のミニ怪人とサイクロン2個、ミニ紙芝居で構成されています。
ミニ怪人の背面にはPOPYの刻印があり、ポピー製であることがわかります。



サイクロンが2台同梱されていることから、発売はダブルライダー編放送以降と思われます。
ライダーとサイクロンをとめる輪ゴムは経時劣化しています。











確認されているミニ怪人はライダーを含め20体ですが、画像の「~オンパレード」にはハチ女以外の19体が同梱されていました(上のハチ女は別途入手したもの)。
これが正規の仕様なのか、ハチ女を入れ忘れた不良品だったのかは不明です。
ご存知の方はお知らせいただけたらと思います。



人形背面のポピーの刻印は丸で囲まれたものと文字だけの二種類があります。
前者はライダー、蜘蛛男、蝙蝠男,カマキリ男、ハチ女、コブラ男、サボテグロン、キノコモルグ、ドクガンダー幼虫、アマゾニアの10体。
後者はサラセニアン、ゲバコンドル、ヒトデンジャー、カニバブラー、ムササビードル、ムカデラス、モグラング、ザンブロンゾ、アリキメデス、アリガバリの10体です。

10体づつに分かれるので丸囲みが先行分、文字のみが追加分なのかもしれないと考えましたが、サイクロンは丸囲み、サイクロンに乗るライダーは文字のみになっています。

当時のたのしい幼稚園(講談社)読者サービスの告知ではこれらがランナーに付いた成型状態の画像が掲載されており、怪人10種とサイクロン、サイクロンに乗るライダーがひとつの金型で生産されていたようです。
刻印の違いの意味は現状ではよくわかりません。



ポピーは「~オンパレード」と同じ内容の台紙セットも発売しています。
こちらは半数の人形とミニ紙芝居で300円だったようなので、「~オンパレード」の価格は600円前後だった可能性が考えられそうです。
画像は超合金Waiker(kadokawa2015)より。



これらミニ怪人は同時期のブルマァク製ミニミニ怪獣に仕様が酷似しており、先行のミニミニ怪獣をお手本に開発されたのではないかと思われます。
79年ころのリバイバルブーム期には消しゴム人形として再販されているのも同様です。







「~オンパレード」には写真を使用したミニ紙芝居も同梱されているのですが、これについてはいろいろ謎が多いので次回取り上げてみます。





[ 2016/12/11 11:48 ] チープトイ | TB(0) | CM(2)

ブルマァク450エース カートン箱


つなぎ更新です。



ブルマァクウルトラマンエースソフト人形のカートン箱です。
ブルマァクから問屋への出荷に使用されていたものと思われます。



側面を見ると、30センチサイズ450円売りのウルトラマンエース3ダースが入っていたのがわかります。


イラストは味がありますが完成度はいまひとつでしょうか。

問屋では小売店からの注文に合わせて商品をこうした箱に詰め合わせた上で、小売店への輸送箱としてそのまま使用することも多かったようです。
スーパーの玩具売り場などでは、こうした箱に3~4種類のソフト怪獣がたくさん入った状態でそのまま置かれているのを見たような気もします。




こちらは以前も掲載した同サイズのセブンの箱。
残念ながら画像で見えている2面しか現存していないので、エースの箱に立てかけて撮影しています。
イラストは成田亨氏のセブンデザイン画を模写したもののようです。

こちらにはスタンダードサイズのツインテール3ダースの表記があり、帰ってきたウルトラマンの時期にもこの箱が使われていたのがわかります。
新マンのイラストのカートン箱は無かった可能性が考えられるかもしれません。


……日本のどこかに、中身が入ったままのこうしたカートン箱が現存していたりするのでしょうか?



[ 2016/12/07 00:10 ] ソフト人形 | TB(0) | CM(12)