グレート対ゲッター 魂版大激突

グレート対ゲッター 魂版大激突


つなぎ更新です。


画像は1975年夏の東映まんがまつりで公開された「グレートマジンガー対ゲッターロボG空中大激突」のロビーカードです。
3大ロボ夢の競演という燃える図柄です(^^

こうした描き下ろしイラストはロビーカードやパンフレットに使用されたほか、テレビマガジンなどの雑誌に掲載されたり各社から発売されたミニカードなどで目にすることができました。
宣伝用の止め絵として描かれたイラストはブラシによる質感表現や色トレスが多用され、本編映像よりも丁寧な印象です。
特にグレートはテレビシリーズでは迫力を強調したイメージが強いですが、これらのイラストではシャープに洗練されていて、おそらくイラスト作成には作画監督の小松原一男氏が関与されていたのではないかと想像します。



上の絵を超合金魂で再現してみました。グレートはリニューアル版を使用しています。
発売当時からこれをやってみたかったのですが、ようやく実現しました(^^

ひさしぶりに超合金魂を手にしましたが、ダイキャスト部分の曇りもなく状態は良好でした。
ただしドラゴンの首の構造が中途半端なのが気になりますね。
ビューナスAがモアイみたいなゴツい顔になっているのは発売時から不満でした。バンダイかダイナミック内部に「これじゃダメでしょう」と声を上げる人は誰もいなかったのでしょうか…?



こちらは75年春のまんがまつりで公開の「グレートマジンガー対ゲッターロボ」のロビーカード。



超合金魂での再現、構図的にちょっと無理がありますね。
ビューナスをもっとアップにしたいのですが、そうするとピントがボケボケになってしまうのでこれくらいが限度でした。
ゲッター1は単品発売されたメタリック版を使用、肩の高さがグレートと違いすぎるのでちょっと下駄を履かせた方がよかったみたいです。
ゲッター1の首の造形・構造もおかしなものになっていて気になります。

3体セットで発売された超合金魂ゲッターロボは、アニメ本編で白く(正確には明るいグレーで)塗られている部分をそのまま塗装で表現していました。
しかしそれでは画像のようにグレートと並べることはできないし、そもそも同様の色指定になっているゲッターGと並べても矛盾してしまいます。
数あるダイナミック系ロボットの中で、なぜゲッターにだけこんな仕様を選択したのか理解に苦しみます。

とはいえ発売当時にはそうした不満の声はあまり目にしなかったように思うので、白塗装に違和感を抱いたのは少数派だったのでしょうね…

3体セットの超合金魂ゲッターはバリエーションとして練習機版をメッキ仕様で発売したので、ノーマル版のパーツと組み合わせて画像のような状態にしてみました。
ゲッター1の上腕には筒状にしたメッキシートをはめ込み、脚部のラインは赤いカッティングシートを貼っています。
ゲッター2、3はパーツの組み換えだけで画像の状態にできました。

自分にとっては、超合金と名が付くゲッターロボはやはりこういうイメージなのです。


スポンサーサイト



[ 2016/07/25 01:54 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(5)

少し進む


プラモデルのガンダム準備稿作り、ゆるゆると進行中です。




基本的にはMG2,0の色換えで雰囲気を楽しもうと考えていますが、フェイス部はかなりイメージが異なるのでちまちまと調整しています。

顔面はクローバーのダイカストダイターン3(ジャンク品)のパーツを移植。
Vアンテナは旧キット1/72メカニックガンダムのものに手を加えています。
準備稿はひさしの張り出しが小さく、眉間にVアンテナ基部がかかるように描かれているので、なんとかそのイメージに近づけたいところですが…

画像はまだ仮組みで、眼は紙製の仮パーツです。
これからVアンテナを少し下げたり、いろいろ調整しようと思っています。

あくまでお手軽に、可能ならパテは使わないで作りたいのですが、できるかな~

[ 2016/07/12 12:36 ] 制作中 | TB(0) | CM(3)

マルサン怪獣プラモがならぶ世界

マルサン怪獣プラモがならぶ世界




画像は東京玩具商報1967年6月号(東京玩具人形問屋共同組合)より(クリックで拡大します)。
プラモデルについての座談会記事に添えられた当時の売り場の写真です。
発行が6月15日なので同年5月以前に撮影されたと思われます。

マルサンの電動怪獣プラモデルがドサドサと積まれた光景は夢のようです…
自分はこれらを体験できなかった世代なので、なお強くあこがれます。



画像向かって右の棚、上段に並べられた完成見本たち。
奥の面が鏡になっているようでわかりにくいですが、1はふたつ並んだウルトラマン、2はゴジラ、3はガッパ?、4はジャイアントゴリラのようです。



最上段に置かれた5はパゴスでしょうか?ソフト人形ぽくも見えます。
ジャイアントゴリラの奥にある6はそば喰いブースカ?



中段には怪獣豆シリーズのウルトラマンとラゴンが積まれています。ウルトラマンが5個もある!
奥の黒っぽい箱は不明。



側面に貼られたマルサンのブースカポスター。
布製のぬいぐるみとジャイアントサイズソフト人形が大きく掲載されています。



そして下段には電動怪獣プラモデルの大群が!
手前のネロンガ2個の下に見えているのはバラゴンでしょうか?
その奥は大魔神とゴジラ、隣はミドリの電動ギララ?
一番奥は不明。
ウルトラマンが無いのは残念ですが、箱が巨大だから別の場所に置いてあるのかもしれません。



マルサンの怪獣プラモデルは入手困難で、自分が手元で楽しめるのは画像のような復刻版(ノスタルジックヒーローズ)くらいです。
電動怪獣プラモデルがならぶ世界、体験してみたかった…(^^

[ 2016/07/08 11:31 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)