初期ジョイントモデルの仕様変更

初期ジョイントモデルの仕様変更


ジョイントモデルのうち初期4種のゲッタードラゴン・ゲッターライガー・勇者ライディーン・グレンダイザーはハトメジョイントが使用されています。
これらはジョイントパーツとそれを納めるトレイの形状が途中で変更されており、仕様の異なるバリエーションが存在しています。


ゲッタードラゴンの代表例2種、それぞれ左下のジョイントパーツ部分がポイントです。
下の画像は匿名希望様に提供していただいたもの。


ゲッターライガー代表例、下の画像は究極プラモデル大全(白夜書房1999)より。


ライディーン代表例、上の画像は匿名希望様より。


グレンダイザー代表例、上は究極プラモデル大全より、下はウェブで拾った画像です(このタイプの画像は他では手に入らなかったので…)。

トレイの形状変更については以前の記事で破損をきっかけに変更したのではないか、梱包時の効率向上のためではないか、などの仮説を考えましたが、より真相に近いと思われる事情が浮かんできたのでまとめておきま
す。


きっかけはオレンジジョイントのグレンダイザーを入手したことでした。
この個体のジョイントパーツは画像のように6本用のトレイにむりやり8本が同梱されています。
2本は予備ということですが、なぜこのような措置がとられたのでしょうか。



以下は推測ですが、当時のバンダイ模型にジョイントパーツの破損や紛失による問い合わせが相応の件数寄せられていたのではないでしょうか。

私は当時、かなり早い時期にゲッタードラゴンを購入しました。まだライガーは発売されていなかったのでおそらく最初期生産品だったと思われますが、ジョイントパーツと本体の穴のはめ合わせの調整が不十分で苦労したのをよく憶えています。
ゆるい場合はジョイントの軸にテープなどを巻いて太らせればよいのですが、きついところは無理やり押し込んでしまい、パーツが抜けなくなって困りました(子供は何度も組んだりバラしたりしたいのです)。

がっちり刺さって抜けないジョイントパーツはペンチなどを使って引き抜きましたが、そんなことを何度もしているうちにいくつかのパーツがハトメ部分で壊れてしまいました。
当時はメーカーに問い合わせるような知恵はありませんでしたが、同様の経験をしたユーザーの中にはバンダイ模型に問い合わせた人もそれなりに存在したのではないでしょうか。
また、問屋や小売店などからもこうした情報がバンダイ模型に伝えられていたかもしれません。
(ちなみに当時はまだパーツ単位での販売制度はありませんでした)



こうしたユーザーの反応もあって、ジョイントパーツを抜き差しが容易なギザ付きの構造に改良し、予備のジョイントパーツ2本の追加同梱のためにトレイ形状が変更されたのではないかと想像されます。

1本づつの個別収納トレイではギザなし・ギザ付き両方のジョイントパーツの同梱が確認されているのに対し、一括収納トレイではギザ付きジョイントパーツしか確認されないのはこうした変更事情によるものと考えられます。



ただし、こちらの画像のグレンダイザーは水色ジョイントパーツなのでオレンジバージョンよりもあとに生産されたものですが、予備の2本は同梱されていません。
こうした個体も少なくないようなので、仕様の変更はある時点を境に徹底されたというものではなく対応可能な生産現場から徐々に進んでいったのかもしれません。
また、このような個体の場合は予備2本はトレイの裏側に別途入っていた可能性も考えられます(白色成形の再版ではそのようになっています)。
 


なお、ジョイントパーツはギザ付きに改良された際に軸部分の溝が両側につけられるようになりましたが、これに関連してひとつ疑問が出てきました。





ギザなしジョイントは軸の片側にしか溝が彫られていないので、本体側の出っ張りは上腕と前腕で互い違いになります。画像はゲッタードラゴンの左腕。




ところがグレンダイザーではこの出っ張りが同じ側に彫られているため、ギザなしジョイントでは前腕の向きが反対になってしまうのです。



わかりやすく比較してみました。
はじめは肩パーツの同梱間違いかとも考えましたがそれではつじつまが合いません。


つまりグレンダイザーを画像のように正しい状態に組むには、肩か腕のパーツを金型修正するか、ジョイントパーツの軸の両側に溝を彫るか、いずれかの対処が必要になります。
ジョイントパーツがギザ付きに変更された際に溝が両側に付いたのはこのような事情によるものだったようです。
あるいは、そもそも溝を増やす必要に迫られたのが先で、ついでにギザ付きにしたのかもしれません。
 
いずれにしてもギザなしの初期型ジョイントが同梱されたグレンダイザーはすべて腕の向きが逆になる不良品仕様だった可能性があるようです。
当時購入したご経験のある方は情報をお寄せいただけると幸いです。 
 


 
 なお、白色成形の再販グレンダイザーの箱にはオレンジのギザなしジョイントを使用した見本写真が掲載されています。
この個体の腕は正常な状態ですが、この時点でも本体の金型は修正されていないので、見本品には手を加えて腕の向きを合わせているのだと思われます。

スポンサーサイト



[ 2014/10/19 19:01 ] ジョイントモデル | TB(0) | CM(0)

ザ☆ザ☆ザ☆

ザ☆ザ☆ザ☆
 
 

つなぎ更新です。手近にあったのでなんとなく撮ってみました~
 

向かって左からULTRA-ACT(バンダイ)、テレビヒーロー(ポピー)、エレクトロ光線(ポピー)。
 
 
[ 2014/10/10 02:55 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(8)

コン-バトラーVジョイントパズル単品版

コン-バトラーVジョイントパズル単品版
 
 

以前の記事で取り上げていなかったジョイントパズル・コン-バトラーVの単品売り版を補足しておきます。
 
 

ウインドウタイプの箱に完成状態で入っています。
 

箱の各面。上面には吊り下げ対応のベロが付いています。
 
 

本体はコンバイン・ベース付属版と全く同じ。ひざにギザ付き黒色のハトメジョイントが使用されています。
 
 

 

コンバイン・ベース付属版との比較。
付属版はかなり細部まで手間をかけて彩色されており、人件費が安かったからこそ可能になった仕様と思われます。
こうした彩色を、むしろジョイントモデルのコン-バトラーVにして欲しかったところです。
 

 

ジョイントパズル4種揃い。グランゼルとベルスターの発売予定もありましたが実現しませんでした。
 
 

この4箱を…
 

このカートン箱に入れて…
 

これでコンプリート。
 

カートン箱の印刷部分はこの2面のみ。退色しているように見えますが2色(または3色?)の印刷のようです。
 
 

実際はこのカートン箱の中身はすべてカゲスターでした。
カゲスターばかり1ダースもあってもしかたないですが、よく考えてみると1個あたり2つのハトメジョイントが使われているので、1ダースで24個のハトメジョイントが手に入ります。
 
当時のギザ付きハトメジョイント、特に水色やオレンジのジョイントパーツは経時劣化で破損の確率が非常に高いので、そのバックアップのためのパーツとしてこれらは意味があります。
 
 

カゲスターのおかげで、こんな遊びも安心してできるわけです(^^
 
[ 2014/10/05 17:01 ] ジョイントパズル | TB(0) | CM(2)

パズルモ・パック 改訂

パズルモ・パック 改訂
 
 
パズルモのセット売り『パズルモ・パック』について、現物を入手したので取り上げます。
(以前の記事はこちら
 
 

 

 
上下分割箱タイプのグレンダイザー・アカレンジャー・ライディーン・ロボコンの4箱がビニールに入れられ、紙製のタグで留められています。
 
 

タグに書かれた製品番号は8807-400。パズルモグレンダイザーの8806、スペイザーの8808の間に位置します。
各キャラクターのカットはこのタグのために描き起こされたようです。
 
 

 

 
これ以外の組み合わせのパズルモ・パックは確認されていません。
専用のタグがあるので、他の組み合わせは存在しないかもしれません。
 

ついでに、パズルモ・グレンダイザーの分割箱タイプについて取り上げておきます。
(一体型箱タイプの過去記事はこちら
 
 

箱上面は一体型タイプとほぼ同じです。
 

側面デザインはライディーン、ゴッドバードに近いパターン。塗装済みの完成見本に目が行きます。
 

組み立て図は下箱に黒で印刷されています。
 

全容。パーツはビニール袋入りです。
 

あらためて完成品を見ると、腹部の色分割はジョイントモデル初版に準じているようです。
 
[ 2014/10/01 17:05 ] パズルモ | TB(0) | CM(0)