ウルトラマン人形チョコボール

ウルトラマン人形チョコボール
 
 

クタクタで立ち上がる気力も無いということで、座りポーズの人形を取り上げてみます。
ウルトラマン放送当時にシスコから発売されたウルトラマン人形チョコボール、当時30円。
 
 

ポリ製のスペシウムポーズ容器にチョコボールが入っていたようで、胸元や後頭部は赤、カラータイマーは黄色で彩色されていました。サイズは11センチほど。
 
 

 

後部にメーカー印と版権表記あり。
 
 

顔の造形はAタイプマスクを参考にしているようで、タカトク製のじょうろなどに似た印象です。
画像の個体は鼻すじがかなり傷んでいます。
 
 

甦れ!ウルトラ黄金時代(竹書房2006)に掲載されたシスコのカタログ写真らしき画像を見ると、容器の金型は複数あったようで、やや顔つきの異なるバリエーションがいくつか存在するようです。
 
 

シスコはこの後、ウルトラセブンや帰ってきた~の放送時にも同種の商品を発売しました。
セブンは立ちポーズで2色成形、無理な塗装をやめてシールが貼られる仕様になっています。
新マンはグレー成形で腰分割になっており、ブルマァクのミニソフトに似た印象の物でした。
 
 
スポンサーサイト



[ 2014/08/23 01:00 ] 暫定 | TB(0) | CM(2)

空とぶ?

再びシゴトジゴクの渦の中でもがく毎日です。
疲れがたまって身体はつらいし、なにもかも投げ出してどこかへ飛んでいってしまいたい、なんて気分になったりもします。
 
 

というわけで画像は東京マルイの『空とぶレッドバロン』。
劇中ではスペースウイングスを使用しますが、このプラモはバロン単体がすっ飛んで行きます(^^
 
 

両脚に強力なスプリングを内蔵しており、台座後部のスイッチ操作ですごい勢いで飛び出します。
当時価格は200円。
 
 

バロン本体のサイズは11センチほどで、同シリーズの『はしるレッドバロン』と同じパーツが共用されているようです。
腰部の四角い穴に滑車パーツ(画像では欠品)を付けると空中滑走も可能。
 
 

赤と銀の二色成形で色プラのような部品分割になっており、『はしる~』では銀色部分はメッキパーツだったようです。画像の個体は銀色のハッチのパーツがいくつか欠品しています。
両腕はボディ内部で輪ゴムでつながれているので回転可動します。
 
 
 

レッドバロンのプラモデルはブルマァクや日東科学からも発売されましたが、比較的安価な価格帯ではマルイのバロンがいちばん出来がいいようです。
ただし生産量が多くなかったのか放送当時に見かけた記憶がなく、近年まで存在を知りませんでした。
 
価格などのデータはリンクさせていただいているnandemoplamo様のブログを参考にさせていただきました。
 
[ 2014/08/11 23:40 ] 暫定 | TB(0) | CM(4)