ショッカー軍団 RAH220

ショッカー軍団 RAH220
 
 

 
前回の7人ライダーの撮影で、RAH-DXは未使用状態で暗所で保管していても合皮や素体が経時劣化してしまうのを実感しました。
いずれ崩壊してしまうのならちゃんと楽しんでおこうと思い、今回はRAH220のショッカー怪人とRAH220DXの旧2号で放送当時の特写スチールを再現してみます。


まずは71年6月に朝日ソノラマを中心に行われた生田スタジオでの撮影会。旧2号と初期ショッカー怪人のからみが多く撮影されています。
画像は天田の仮面ライダーカード・ゲームより。
 

RAH220による再現。怪人は旧シリーズでの商品化のためDX版のライダーとは完成度に差があります。
 

別角度より。コウモリ男の羽根は軟質素材で腕の可動に追随して動き、いい感じです。
 
 

同様に、2号とサラセニアン、死神カメレオンの特写スチール。
 
 

背景がバレてしまうためカメラ位置をあまり下げられないので、再現性はイマイチです。
 
  

同じ撮影会で、こちらはカルビーカード58番の画像(仮面ライダーカード/日本文芸社1993より)。
 

アクションポーズはむずかしいです…
 

別角度より。クモ男は頭部の造形・色彩がいまひとつ。
 


続いて71年9月ころに行われた三栄土木での撮影会。クモ男からオオカミ男までの大半の怪人がほぼ放映順に登場して多くのスチールが撮影されました。
怪人のブーツが短いこと、ライダーのアームカバーが未使用になっているのが特徴です。
画像はオフィシャルファイルマガジン仮面ライダーVol.2(講談社/2004)より。
 

この撮影会ではサラセニアンもショッカーベルトをしています。
 

別角度より。
 
 

同撮影会第2陣、画像は仮面ライダー図鑑(黒崎出版/1972)より。
 

コブラ男は本来は右腕が伸びた状態ですが、画像では左腕で代用しています。
 

別角度より。ゲバコンドルのスーツ表面は劣化が始まっています。
仮面ライダー図鑑には、このあとカマキリ男を背負い投げする場面の連写スチールが掲載されていました。
 
 

カマキリ男と2号のからみ、ライダーカード86番(仮面ライダーカード/日本文芸社1993より)。
 

この撮影会ではカマキリ男の羽根は使用されていないようです。
 
 

同撮影会第3陣、ファイルマガジンVol.2より。トカゲロンの背びれは劣化による破損があります。
 

RAH220のサボテグロンは撮影用スーツに似ていないので所有していません。またピラザウルス以降の怪人はRAH220では製品化されませんでした。
 


やはり71年9月ころに行われたブリジストン「ドレミ」CF撮影時の特写、ファイルマガジンVol.2より。
 

サイクロン号は無いので配置のみ再現。ハチ女は腰布の代わりにショッカーベルトを装着しているほか、本来は黒ブーツを使用しています。この時のクモ男の手は普通の黒手袋のようです。
 


 
RAH220ハチ女の素体は不可動のため、画像ではRAH220DXシリーズのものを流用しています。
トカゲロンのスーツは極薄の軟質ソフトビニール製で、バーリヤ破壊ボールが付属しているのが嬉しいポイントです。
同じく軟質スーツのザンジオーは今回未使用ですが、いずれダブルライダーと並べてみたいと思います。
 
 
 
スポンサーサイト



[ 2011/09/25 23:55 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(6)

7人ライダー RAH-DX

7人ライダー RAH-DX
 
 

 
『仮面ライダー』を1号・2号のころから見続けた世代としては、やはりストロンガーまでの7人ライダーには思い入れがあります。
画像はテレビマガジン1975年6月号より。テレマガでは放送開始1ヶ月という時期に早くも7人ライダー勢ぞろいの特写を掲載しており、その後も「7人ライダー少年情報部」という企画を連載しています。
 
当時、画像のように7人ライダーをずらりと並べたいと思いましたが、最もリアルだった変身サイボーグの変身セットは1号・V3・X・アマゾンの4ライダーしか発売されませんでした。
 
その後1990年代末期のフィギュアブームのころに変身サイボーグと同サイズの可動人形としてメディコム=タイムハウスのリアルアクションヒーローズ(RAH)が登場し、仮面ライダーも続々と商品化されました。
特にRAHのリニューアルシリーズであるRAH-DXは撮影用スーツに似せる方向で開発されており、可動人形としては現在のところ最も実物に近い出来になっているようです。
 
今回はそれらを使って仮面ライダーの勢ぞろいを再現してみます。


まずは仮面ライダー初の競演、桜島ロケでのダブルライダー
この時点で新造された旧1号マスクはクラッシャーをゴムで固定する方式が採用されています。
同時に従来は腕のカバーが別パーツだった手袋も一体型に変更されており、これらの特徴はそのまま新1号へ受け継がれていきます。
画像はRAH-DXを使用しています。
 
 

桜島ロケのあとのダブルライダー、この段階で旧2号のアップ用マスクもゴム固定式になり、劇場版『仮面ライダー対ショッカー』までこの仕様になります。
画像はRAH-DX・Ver.2を使用、マスク形状がシャープになっているので旧1号はVer.1が岡田勝氏、Ver.2が中屋敷鉄也氏の演じたライダーのようにも見えます。
 
 

新1号・新2号の初競演となった南紀ロケでのダブルライダー。2号の体側ラインは太いままなので、画像はRAH220-DXを使用。
新2号のマスクは新1号のものがそのまま流用されたため、造型的な面白みは半減してしまいました。
 
 

にせライダー編から最終回までのダブルライダー、2号の体側ラインが細くなって脇にもラインが入ります。
画像はRAH-DX・Ver.2。
 


V3初期での3人ライダー。劇中では3人が並ぶ場面はありませんが、1・2話撮影時の生田スタジオでの特写や三浦半島での撮影会はこの状態でした。1号・2号は前作最終回までと同じです。
画像のV3はRAH-DX。
 
 

劇場版『仮面ライダーV3対デストロン怪人』では新2号のマスクが濃い緑に変更されます。
画像では旧2号Ver.2のマスクを使用して再現。
 
 

その後のテレビ33・34話客演時にはなぜか1号・2号のマスクが入れ替わっていました。
 


5人ライダー。画像は初期の講談社スタジオでの特写をRAH-DXで再現。
劇場版『5人ライダー対キングダーク』及びその直後の三浦半島での撮影会では1号が明るいマスク、2号が濃いマスクに変更されています。1号・2号のマスクは劇場版の時点で再塗装されたようで、画像よりも濃淡の差は小さくなっています。
 
 

第33・34話での3人ライダー。2号は再び明るいマスクになっています。
 


講談社敷地での特写で実現した6人ライダー。アマゾンのスーツは実際はもっと濃い緑色ですが、画像ではRAH-DXの後期アマゾンを使用しています。
ここでも1号が濃いマスク、2号が明るいマスクです。
 


講談社の初期特写及び『ストロンガー』最終回での7人ライダー
1号は明るいメタリックグリーンのマスク、2号は濃い緑のマスクになってかつての本編イメージが再現されました。ただし38・39話では1号・2号ともに腋のラインは入っていません。
画像は岩石大首領との対峙場面をイメージ。
 
 

こちらは最終回撮影時に行われた講談社独自の特写を再現したもの。
ストロンガーがチャージアップ状態になっているほか、1号・2号のマスクが入れ替わり、そのうえ1号とライダーマンのブーツまで取り違えられています。
画像のRAH-DXではあまり再現されていませんが、実際は1号とライダーマンではブーツの長さに大きな差があるため、微妙に違和感のある状態になってしまっていました。
 

今回の画像は本来ならそれぞれ特定のスチールと同じポーズを再現したかったのですがRAH-DXは扱いにくく、撮影中に複数の素体の関節が破損したりもして、思うようなポーズ付けはできませんでした。
近年のこの種の可動人形はオモチャとしての楽しさは薄く、あくまでガレージトイと認識すべきもののようです。 
スカイライダーとゼクロスも造型的に好きなのですが、8人ライダー以降の再現は断念します…
 
 
[ 2011/09/11 05:58 ] 合金・プラトイ | TB(0) | CM(8)

合体マシンとミクロマン

合体マシンとミクロマン
 
 

アオシマが1974年から展開した合体マシンシリーズは、4種集めるとロボットまたはマシンが完成するという斬新な商品構成で人気を集めました。
 

合体マシンは年少ユーザーにも親しみやすいように接着不要・多色成型・5ミリジョイントによる組み立てなどの特徴がありました。
このうち5ミリジョイントはほぼ同時期のタカラ・ミクロマンシリーズと共通しています。
 
 

ミクロマンの発売は1974年7月で合体マシンより4ヶ月ほど先行しています。
 
ミクロマンの開発については当時タカラ社員だった小川岩吉氏がビクトリー伝説(徳間書店/1999)で詳細に証言しており、5ミリジョイントについて『ブロック玩具に形を持たせた有形ブロックとして発想した』『当初はサイボーグジャガーなどと同じ3ミリゲージを考えたが折れやすいので5ミリに変更し、これがタカラ男児玩具共通の規格になった』などと語っています。
 
一方アオシマ関係者は超絶プラモ道2(竹書房/2001)で『ミクロマンやジャンボマシンダーなどの玩具を買ってきて、それをプラモにどう活かすかを考えた』と証言しています。
発売の時系列とこれらの証言から、合体マシンの5ミリジョイントはミクロマンに影響されたものと考えて間違いないようです。
 
 

アオシマは1960年代後半にサンダーバードやキャプテンスカーレットに類似したプラモデルを発売していたことが知られていますが、1970年代に入っても似たような事例があります。
50円サイズのスペクトルマンの箱になぜかウルトラ警備隊のマークが入っていたり、画像の『マイティーバード』の余剰部品はゼロテスター1号にそっくりだったり…といった具合です。
 
アオシマのこうした姿勢には例えるなら駄菓子屋などに通じるようなB級の楽しさがあり、昭和のプラモデル独特の魅力になっていると思います。
5ミリジョイントの採用がミクロマンの真似だとしても、「とにかく子供に喜んでもらおう」という当時のアオシマらしい判断だったと言えるのではないでしょうか。
 
 

 
 

ところで、初期のミクロマンシリーズの箱やカタログにはどこか科学的な、知育玩具を思わせるような雰囲気があります。
 

共通でレイアウトされたTAKARA’S MICROMAN-ZONEという英文もいい感じです。
 
 
 
 
 

……ん?
 

ここまでやらなくても(^^
 
 
[ 2011/09/04 23:06 ] 暫定 | TB(0) | CM(7)